玄関収納をリフォームして、容量と同時にイメージもアップ!

玄関は「その家の顔」とも言えます。家族が出入りするというだけではなく、お客さまが訪ねてきたり、宅配の荷物を受け取ったりする際に、家の第一印象を左右する大事な場所でもあります。また、風水でもよく整理整頓された玄関は運気を上げてくれるとされています。

しかし、玄関は意外に物が多くなりがちな箇所です。家族の人数が多ければ多いほど物が増え、片付けが難しくなることも。そこで、玄関収納をリフォームして収納力をアップさせ、使いやすく片付けやすい玄関を手に入れましょう!

  • 16169
  • 17
  • 0
  • クリップ

■どんな収納家具があるの?

断捨離を行ってキレイに片付けるのも一つの方法ですが、お気に入りの靴や趣味の道具、ペット用品など、どうしても置いておきたい物もあるでしょう。そんな時は、新しい玄関収納家具を設置すれば大容量収納を実現できます。

■二の字型

文字通り、上下にそれぞれ棚を設置するセパレーツタイプです。下の棚の上部をカウンターとして使えるので、カギなどの小物を置いたり、花や絵を飾ったりできます。自分好みのインテリアを演出しやすくなりますが、若干収納力は低くなる可能性も。

■コの字型

上と下の棚を縦長な棚でつないだ、コの字のような形をしているスタイルです。これなら、真ん中の空いている部分をカウンターとして使えますし、縦長の棚部分にスキー板のような背の高い物も楽々収納することができます。

■壁面収納型

クローゼットのような全面収納タイプです。上から下まで収納スペースなので多くの物を収納できます。システム家具なら、掃除用具、趣味の道具、傘立てなど用途に合わせて仕切りも自由に選ぶことが可能です。しかし、扉を付けた場合は全面が壁状になるので、圧迫感がないように扉を明るい色にするなどの工夫が必要です。

■シューズクローク

玄関脇にスペースがある場合には、ウォークイン・クローゼットのようなシューズクロークはいかがでしょうか?靴だけではなく生活用品の買い置きや、折り畳み自転車なども置けるような大容量を実現できます。また、玄関と収納スペースを分けることができるので、玄関に生活感が出ないのも魅力です。

■ポイントは生活スタイルに合った収納家具


収納リフォームで失敗しないために気を付けておきたいポイントは「家族の生活スタイルで収納を考える」ことです。例えば、子どもの遊び道具をしまっておくスペースや、犬を飼っている場合は散歩用のリードやその他各グッズなどを収納するスペースを確保しておけば、玄関がスッキリし、使い勝手がグンと良くなります。

一方で、高齢のご夫婦で生活しているご家庭などの場合、壁面収納型のシューズボックスにリフォームしたら一番高いところの物が取り出しにくく、結局下半分しか使わなくなる可能性があります。どんな物をどれだけ収納したいかを考えると同時に、家族それぞれがどのように玄関を使っているかも考慮しておくことが、使いやすい玄関を手に入れられるポイントです。

■おわりに

いかがでしたか?家族が毎日出入りする場所であり、お客さまをお迎えする「その家の顔」とも言える玄関。収納リフォームをすることで、スッキリ片付いた気持ち良い空間にすることができます。既存のシューズボックスを撤去してシステム収納家具を入れたい場合などは、やはりプロに頼んだ方が安心ですし、仕上がりもキレイです。まずは、家に居ながらにして気軽に見積を出してもらえる一括見積サービスを利用して、イメージを膨らませてみてはいかがですか?

もっと具体的なリフォーム・リノベーション費用について知りたい方は、厳選された複数リフォーム業者での価格見積もりを無料で徹底比較できる、リフォーム料金一括見積もりサービスをお気軽にご利用ください。


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「リショップナビ」
1.まとめて最大5社のご紹介!安心の相見積もり!
2.紹介企業は厳しい審査を通過した優良会社のみ!
3.補償制度があるので、安心してリフォームを依頼できる!

  • 16169
  • 17
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード