《便利|収納編》セリアのインテリアフックやミニステーJで、玄関にモノクロ(理想)ウォールフックをDIY!

我が家の日常的に使う鞄などを置いておくスペースにしていた、リビング階段下のスペース。そこが、子供の成長と共に何だかんだで物で溢れてきてしまいました…(片付けをしない私が悪いのもある(汗))。

そこで、玄関のほんのちょっとしたスペースを活用して、収納場所を作ってみました。

  • 23912
  • 119
  • 2
  • いいね
  • クリップ


我が家の日常使いの荷物の置き場所は、家の収納場所の少なさや使い勝手の良さを考慮した結果、リビング階段の一階部分に作っています。

これは物が少ない時の状態です。

ですが子供が成長するにつれて、保育所の荷物が増えたり、外出用のバッグを持つようになったりしたものも全てここに置くようになり、気がつくと物で溢れかえっている状態に…。

勿論、片付けるのが一番!なのですが、より使い勝手の良さを模索した結果、玄関にもちょっとした引っ掛け収納を作ることにしました。
場所的にも階段より人目につく場所なので、少し見た目にもこだわりたいなと思いました。結果的に見た目が良くなってるかは…この記事を見て頂いた方の判断にお任せ致します…(つまり、見た目には気を遣ったものの、確実に「めっちゃいい!」と言い切れる自信が無い…( ̄▽ ̄;))



今回収納を作ることにしたのは、玄関入ってすぐ隣にある部屋のドアを開け放したときにできる、

↑この隙間です。
なるべくならあまり目につく場所に物を増やしたくない私、奥の一番狭い場所でおおよそ4㎝無いこの隙間に設置することにしました。



上下に2本設置したウォールフックのうちの、まずは1本目。

実はこちらはすでに家にあった角材を使うことが課題でした。
そこで目をつけたのが、100均ショップセリアさんで見つけた、

少し大きめの“インテリアフック”、1つ108円です。奥行きが4.5㎝となっています。シンプルで、ブラックがかっこいいと思って決定。
実際に使用予定の角材に当ててみると、

角材の辺の長い方だとギリギリ入らなかったので、

辺の短い方を乗せる向きにして、足りない幅は添え木をすることにしました。

肝心なフック部分はどうするかと言うと、以前記事にさせて頂いたこともある↓

ダイソーさんの“壁掛け5連フック”を使い、

角材の裏にネジ止めしました。

出来上がったものを、インテリアフックを土台に早速壁に取り付けてみます。

…シンプルです。思っていたよりシンプル。
悪くはないのですが、何か物足りない……
そうだ!せっかく角材を使ったことでウォールフック自体に奥行きがあるので、上に何か飾るようにしようかな!

ということで、飾った物のためのストッパーのような柵を付けることに。
アイアンバーとかが理想ですが、それを取り付けるだけの奥行きは無いし、なるべく家に余っているものを使いたい…と考えた結果、

釘にウッドビーズ、それから「何かに使える…かもなぁ…」なんて予定も無く取っておいた、100均ダイソーさんの細長トレリスのパーツ。
これらを、なんと油性マジックで黒く塗りました!我が家にはスプレーが無かったので!

ちなみに、“細長トレリス”は↓の時に余ったパーツです。


さてさて、角材に手塗りの柵を取り付けて…

……あれ?  思ってたよりもチープ感…
じゃあ、他の物も飾ってみて…

あ、これならまだ何とか見れる!(かと。)

あとはこのウォールフック、左のインテリアフックは石膏ボード裏の柱にネジで止めましたが、右のほうは石膏ボードにしか止められなかったので、耐荷重を気にして、一応措置を取りました。

右のインテリアフックの隣になる場所に、インテリアチェーンをペンチでバラしたものをネジ止め。

それに、石膏ボード用のピンフックを引っ掛けるようにしました。(画像はピンにカバーを付ける前です。ピンフックにはピン部分を覆うカバーが付属しています)
インテリアフックに角材を乗せつつ、でもそのインテリアフックには触れる程度で荷重がかからないような位置でピンフックを壁に固定しました。

ピンフック自体もセリアさんの白いものを選んだので、壁と同化して目立たなくて良かったです。



さて次は、下側のウォールフックです。
使ったのは、板材の他にセリアさんの↓のパーツです。

板材は、設置場所が子供の視界の範囲なのと、主に使うのが子供たちであろうことから、角材(画像奥側)を角が丸くなるようにカッターで削ってからヤスリで整えておきました(画像手前)。

この板に、壁に設置するためのハンドルと、フックになるミニステーをネジ止めしました。

ミニステーを止めたネジも黒く塗るか一考中…

設置はこれまた石膏ボード用のピンフックです。こちらはダイソーさんのものです。フック自体の大きさがセリアさんのものより大きいので、ハンドルがちゃんとフックに収まります。

ただ、こうしてハンドルをフックに引っ掛けているだけだと、ちょっと板が持ち上がっただけでウォールフックが外れて落ちてしまうので、

板と壁にマスキングテープを貼って、強力両面テープで固定しておきました。これで多少当たったくらいでは落ちないと思います。



完成です!
いかがでしょうか?
角材自体に色を付けなかったこととフックをブラック(5連フックは焦げ茶色)で統一したことで、それなりにシンプルにまとまった雰囲気に見える気がします。

ただし、やはりと言いますか、ウォールフックだけだとちゃんと隙間に収まりますが、物を掛けると部屋のドアは開け切らない状態になりましたf^_^;)

今の時期、平日朝の出勤登園の準備は暖かいリビングでしたいので、玄関には週末だけ等、比較的使用頻度の低いものを引っ掛け収納することにしました。


私的には構想を形にできたので満足です(*´꒳`*)








とても長くなりましたが、最後までご覧頂きありがとうございました。

  • 23912
  • 119
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

「おしゃれ ≦ 便利」で物作りをしています。おしゃれに越したことはないけれど、とにかく日々の家事や生活の微々たる便利さを求めて、ついつい見た目より機能性が優先に…

おすすめのアイデア

話題のキーワード