カーテンレールの部品が壊れていることに気付いたあなたへ。

年末年始にカーテンをお洗濯される方も多いかと思うのです。

そういう時、カーテンを外したら
カーテンレールの部品が壊れているのを見つけた!
ということもあるかと思うんですね。

そんな時にお役に立ちそうな記事をピックアップ♪
参考にしてもらえると嬉しいです!

  • 15974
  • 32
  • 0
  • いいね
  • クリップ

今回は「カーテンレールの部品」のお話。

どうもこんにちは!

あなたの暮らし応援アドバイザー。
北海道の標茶(しべちゃ)にある平田家具店、

店長の平田敬(たかし・弟)です!



この時期、カーテンをお洗濯される方もいらっしゃいますよね。

そんな時、カーテンを外したら、
カーテンレールの部品が壊れているのを発見した、
ってこともあるかと思うのです。


例えばこんな感じ。
ちょっと見づらいですが、カーテンレールの一番端の部品にヒビが入っております。


そんなわけで今回は、
カーテンレールについてお役に立ちそうな記事を
ピックアップしてお届けいたします♪

カーテンレールの部品の名前や、
部品の外し方なんかを解説したお話を紹介いたしますよ~!


カーテンレールの部品はどんな名前?

まずお伝えしたいのは「部品の名前」なんですね。

これがわからないと、部品が壊れているのがわかっても
ネットなどで検索したり、
お店で店員さんに伝えることができないわけなのです(笑)

ご存知ですか?カーテンレールの部品ってこんな名前なんです♪

普段、あまりマジマジと見ることが少ないカーテンレール。 実は部品にはそれぞれ、ちゃんと名前が付いているんですね。 そんなわけで「カーテンレールの部品の名前」と「それぞれの役割り」を軽く解説。 金属のレールも、木製などの「装飾レール」も基本的に同じ名前なので、 もし部品が壊れちゃった時などに店員さんに伝えたり、検索したりする時にお役立てくださいませ♪

ひらた家具店


そんなわけで、こちらの記事で部品の名前をご紹介しております。
ついでに「どういう部品なの?」っていうお話も。

ちなみに一番最初に貼った写真の
「カーテンレールの端のキャップみたいなところ」は
「キャップストップ」という名前なんですね~。


カーテンレールの形が違っても名前は同じなのでご安心を♪


カーテンレールの中の部品を外したい時は…

カーテンをかけている部品で、
カーテンレールの中を左右に自由に動いている部品を「ランナー」っていうんです。

そのランナーをカーテンレールから取り出したい、という時は…

カーテンレールのランナーってどうやって取り出すの?というあなたへ。

カーテンレールに「カーテンを掛ける部分」のことをランナーっていうんですね。 そのランナーって基本的に余るようになっているのです。 その余ったランナーをカーテンレールから取り外したい! という場合はどうやったらいいの?というのが今回のお話し。 カーテンレールが壁にピッタリくっついている場合のお話しもしてます♪

ひらた家具店


こちらの記事を参考にしてみてください!
レールの端のキャップストップを外すとランナーを外せるのです。

ランナー自体が壊れてしまっている場合や、
ランナーが多すぎるので減らしたい場合、
または少ないので追加したい場合に役立ててみてくださいね~。


あ、伸び縮みするタイプのカーテンレール「伸縮レール」の場合は…

伸び縮みするカーテンレールの端のキャップを外す方法。

カーテンレールの一番端にある部品を「キャップストップ」っていうんですね。 普通のカーテンレールはキャップストップにネジが見えるので それをゆるめると外せるんですが… 伸び縮みするカーテンレールだとネジが見当たらないってことも多いんです。 そんな時にはどうやって外すの?というのが今回のお話♪

ひらた家具店


こちらの記事を参考にしてみてね♪
普通のカーテンレールとちょっと外し方が違うのです。


基本的にはキャップストップは簡単に外れるようになっているんですね~。


磁石付きの部品を追加したい時は…

カーテンを閉めた時に、真ん中でピタッとくっつけている部品を
「マグネットランナー」っていうんですね。
ランナーに磁石が付いているのでそういう名前なわけです。

このマグネットランナーは壊れる、ということはあまりないんですが…

そもそも付いていない、っていうことはあるのです(笑)


付いてないのでマグネットランナーをご自分で付けたい!という場合は…


「SCマグネットランナー(後入れマグネットランナー)」の取り付けのコツを解説します♪

すでに壁などについているカーテンレールって カーテンを真ん中でピタッと閉じるための 「マグネットランナー」がないことがあるんです。 そんな時には、後からカーテンレールの真ん中に 直接入れることができるマグネットランナー、という商品があるのです。 その「後入れマグネットランナー」の使い方を店長が解説します♪

ひらた家具店


「カーテンレールの真ん中に直接入れることができるタイプ」
っていうのがあるのです。

そういう「後入れタイプ」のマグネットランナーの
取り付け方を解説したのがこちらの記事なんですね。


キャップストップを外して入れることもできるんですが、
こういう便利なものもあるので参考にしてみてね♪


左が後入れタイプのマグネットランナーで、
右はそのマグネットランナーを分離させて状態。
こうやって分離させてからカーテンレールに入れるんですね。


装飾レールの部品を外したい時は…

ここまでは「普通のカーテンレール」についてお話しました。

ここからは木製などのポール(棒)に、
リング状のランナーが通っているタイプのカーテンレールについて。

そういうレールを「装飾レール」っていうんですね。

こういう風なカーテンレールを「装飾レール」っていうわけです。
装飾レールの場合はキャップストップのことを「ギボシ」という場合も。


上の写真のような装飾レールの場合、
よくあるトラブルがランナーの破損なんですね。

それも一番端の、普通のカーテンレールでいうと
「キャップストップの部分のランナー」
が割れたりしてなくなってしまう、という場合なんです。


そういう時には…

装飾レールのランナーを移動したり外したりしたい、ってことありませんか?

装飾レールの中でも「木製の装飾レール」って カーテンをかけるランナーという部品も木製なんですね。 なので長くお使いになると壊れちゃうことがあるんです。 特に一番端にいるランナーが壊れた時に、 そこに大丈夫なランナーを移動したり、 壊れたランナーを外したりする方法を店長が解説。 記事の最後に解説動画もあります♪

ひらた家具店


こちらの記事をどうぞ。

余っているランナーを一番端に移動して、
「固定されたランナー」として利用するための方法
を解説しております♪


いかがでしたでしょうか?

これらの記事が、
ご自分で部品の交換などをする時にお役に立つと嬉しいのですが…

カーテンレールの付き方などによっては
慣れないと難しい場合もあるかと思います。


そんな時にはお近くのカーテンレールを扱っているインテリアショップや
家具屋さんなどにご相談いただくのも一つの手なんですね。

「難しい」と感じた時にはお気軽に専門店にご相談ください♪


さてさて。
それでは今回はこの辺で。

店長でした~!


木製装飾レールのランナーの動きが悪い、というあなたへ。

カーテンレールには「装飾レール」と言われる種類があるんですね。 一般的な金属製レールの中を「ランナー」という部品が走っているものではなく、 木製のポールに「輪になったランナー」が通っているレールが装飾レールなんですね。 その装飾レールって、長くお使いいただくと 「輪になったランナー」の動きが悪くなっちゃうことがあるのです。 それって木製の装飾レールだと結構簡単に直せるんですよ~! というのが今回のお話し♪

ひらた家具店

実は身近にあるロウソクで動きをスムーズにできるんですよ~♪

  • 15974
  • 32
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード