マトリョーシカだけじゃない!ロシア雑貨店〔マリンカ〕にはかわいいアイテムがたくさん

突然ですが、みなさんは「ロシアの雑貨」と聞いて何を思い浮かべるでしょうか? 多くの人が「マトリョーシカ」と答えるかも知れませんが、ロシアはそれだけではありません。ロシア雑貨店〔マリンカ〕は、ここでしか手に入らないロシアの雑貨を扱っているお店です。マトリョーシカはもちろんのこと、ロシアで直接買い付けたかわいい雑貨がたくさんあります。〔マリンカ〕に一度訪れれば、ロシア雑貨の魅力に気づくこと間違いなしです♪

  • 6125
  • 40
  • 0
  • いいね
  • クリップ

こんなところにあるの!? 隠れ家的ロシア雑貨店〔マリンカ〕

入り口にある小さな看板。

JR目白駅から徒歩10分程度。静かな住宅街を歩いていると、〔マリンカ〕の小さな看板が見えてきます。しかし、そこからさらに続く小道。「本当にお店があるのだろうか……」と少しドキドキしますが、奥へ行ってみましょう。

〔マリンカ〕の玄関。

すると見えてきたのは、なんとおうちの玄関! そう、〔マリンカ〕はオーナーのおうちの一部を改装して作られたお店なのです。

玄関ではマトリョーシカが描かれている置物がお出迎え。まさに隠れ家のようなお店ですね! それではインターホンを鳴らして、中に入ってみましょう!

一歩入れば、そこは異国のような雰囲気

玄関を入ると見える〔マリンカ〕の様子。

自宅の一部ということもあり、靴を脱いで店内に一歩入ると、すぐにマトリョーシカをはじめとしたたくさんの雑貨が目に飛び込んできます。そして聞こえてくるのは、異国の言葉が使われたポップソング。さらに玄関を少し見回せば、いたるところでキリル文字が目に留まります。まるで旅行にでも来たような気持ちになり、ワクワクしてきます!

〔マリンカ〕のオーナーの方は、ロシアの航空会社の代理店で働くなかでロシアの雑貨や民芸品に興味を持ち、2000年にこのお店をオープンしました。そして〔マリンカ〕にある雑貨はすべてロシアで直接買い付けたものです。

もともとネット販売のみで始まったお店ですが、たくさんのお客さんから「実物を見たい!」という声があり、オーナーの自宅の一部を販売スペースとしました。

取材に伺ったのはクリスマスシーズン。クリスマスカラーの雑貨も多く並べられていました。

取材に訪れたのはちょうどクリスマスシーズンだったため、店内にはサンタのマトリョーシカやクリスマスツリーなども飾られていました。赤や緑、青など鮮やかな色づかいの雑貨は、見ているだけで楽しくなってきますね!

それでは、〔マリンカ〕にはどんな雑貨があるのか、店内を回ってみましょう♪

個性的なマトリョーシカがずらり!

豊富な種類のマトリョーシカは、それぞれデザインが全く異なっています。

ロシアの雑貨で一番有名なのが、何と言ってもマトリョーシカです。もちろん〔マリンカ〕でもたくさんのマトリョーシカを取り扱っています。

しかしマトリョーシカといっても、地域や作家によってそのデザインは大きく異なります。また、ひとつひとつ手作業で作られているので、ふたつとして同じものはありません。

これらのマトリョーシカを買い付ける場合、〔マリンカ〕では単に「ロシアで買い付ける」というだけではなく、マトリョーシカの作家から直接買い付けるのが特徴的です。ロシアの雑貨市場で仲良くなった作家とは何度も会い、さらには工房にまで訪れ、作品を深く知った上で販売しているといいます。

ついつい眺めてしまう! 多種多様な雑貨

〔マリンカ〕は幅広い種類の雑貨を扱っています。

〔マリンカ〕ではその他にも幅広いアイテムを取り扱っています。ペンや缶バッジなど、気軽に身につけられるものも並び、ついつい時間を忘れて眺めてしまいます。

白樺でできた小物の数々。

こちらはロシアで生育する白樺を使用した小物入れやかごです。「白樺の森の空気は、手術室よりもきれい」と言われるほど、白樺には抗菌や防虫効果もあるそうです。肌触りも良く、その香りにはリラックス効果もあるのだとか。

ロシアの陶磁器は歴史が古いんです!

ショーケースに飾られている陶磁器。

意外と知られていないのが、ロシアの陶磁器です。ヨーロッパの陶磁器といえばドイツやフランス、イギリスなどが有名かも知れませんが、ロシアの陶磁器には、実は300年近くの歴史があるのです。

中にはロシアの国立美術館や宮殿などで展示されている作品もあり、見ていてうっとりするほどの美しさがあります。

さて店内をぐるりと回ったところで、〔マリンカ〕のおすすめアイテムをご紹介しますね♪

人気ナンバーワン! 多くの人に愛される「ふるさと」のマトリョーシカ

《セルギエフ・ポサードのマトリョーシカ》5,800円(税別)

こちらは〔マリンカ〕で大人気のマトリョーシカです。このマトリョーシカは「セルギエフ・ポサード」という地域で作られたもので、「マトリョーシカのふるさと」とも言われています。かわいらしい表情でクセのないデザインが、お土産として人気が高い理由なのだそうです。

細部まで丁寧に装飾されているので、ぜひじっくりと見てください! また〔マリンカ〕にはいろんな種類のマトリョーシカがありますので、地域や作家による違いを楽しむこともできます♪

キリル文字がかわいい! モダンデザインのトートバッグ

《トートバッグ》2,000円(税別)

こちらは、ロシアの詩人・マヤコフスキーの詩をもとに作ったというトートバッグです。シンプルで力強い色と直線的なデザインが特徴的です。また、キリル文字そのものにデザイン性がありおしゃれですね!

300年近くの歴史がある、王室御用達のティーカップ&ソーサー

《インペリアルポーセレン社のティーカップ&ソーサー コバルトネット》12,000円(税別)

最後に紹介するのは《インペリアルポーセレン》という陶磁器メーカーのティーカップ&ソーサー。《インペリアルポーセレン》は、1744年のロマノフ王朝時代に窯が開かれた、ロシアを代表するメーカーです。

このコバルトネットという柄が有名で、コーヒーにも紅茶にも合う、使い勝手の良いアイテムです。

ちなみに、ティーカップ&ソーサーは国際規格があるのですが、ロシアの場合はその国際規格に合致せず独自の進化を遂げたため、ロシア以外のお店で出すコーヒーには使えないのだとか。しかしオーナーの方は、その話を聞いたときにがっかりするどころか、「己の道を突き進むなんて素敵!」と、ますますロシアが好きになったそうです。

あなたの知らない「ロシア」がたくさん! ロシア雑貨なら〔マリンカ〕へ

マトリョーシカをはじめとしたロシア雑貨の魅力を体感できます。

ロシアの雑貨や民芸品について「マトリョーシカしか知らない」という人でも、〔マリンカ〕に一度訪れれば、それだけではないことが分かるはずです! また、そのデザインもさまざま。「ロシアの雑貨ってこんなに種類があるんだ!」と驚くこと間違いなしです。

ひっそりとお店を構える〔マリンカ〕には、ロシア尽くしの空間が広がっています。ぜひ一度足を運んでみてください!

【ロシア雑貨店マリンカ 店舗詳細】
●住所 東京都豊島区目白4-27-7
●TEL  03-3565-3205
●アクセス JR山手線「目白」駅より徒歩約12分、西武池袋線「椎名町」駅より徒歩6分
●営業時間 11:00〜17:00
●定休日 月曜・火曜

※2018年12月現在の情報です。商品の価格などは変更になる可能性があります。


LIMIAからのお知らせ

驚きの価格!最大70%OFF!
国内格安航空券ならスカイチケット!

  • 6125
  • 40
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード