ローストビーフより簡単リーズナブル!クリスマスにおすすめローストポークのレシピ・作り方

クリスマスにローストビーフというのは素敵ですが、牛肉はやっぱり高い。そこでおすすめなのが豚肩ロース塊肉で作るローストポークです。お値段はビーフに比べるとぐっとリーズナブルですが、そのお味はビーフに負けず劣らずの美味しさです。

  • 7697
  • 98
  • 0
  • いいね
  • クリップ

ローストビーフは憧れだけど、もっと手軽に楽しむなら…

ローストビーフより、もっと気軽に作れて、負けず劣らず美味しい。クリスマスはローストポークでお祝いしませんか?

パーティやお祝い事の料理として定番のローストビーフ。でも、ローストビーフ用の牛塊肉はかなり奮発しないと出せないお値段のことが多いです。そこでおすすめなのがローストポーク。お値段が手頃な上に、作り方もとっても簡単。見栄えも、食べ応えもバッチリです。

おもてなしの準備は直前にバタバタすることが多いですが、ローストポークは作り置きできるので、早めに作っておけば、当日は切って盛りつけるだけ。脂の多めの豚肉をさっぱり爽やかに食べられる、大人味のソースも合わせて紹介します。

オーブンにお任せできる簡単料理! ローストポークのレシピ・作り方

簡単で美味しいローストポークと、それをもっと美味しく食べられる特製ソースのレシピを紹介します

【材料(4~5人分)】
豚肩ロース肉(塊) 400~500g
塩 小さじ1
ブラックペッパー 適量
にんにく 1片
かいわれ大根 適宜

(柚子胡椒ソース)
ポン酢 大さじ2
マヨネーズ  大さじ1
柚子胡椒 小さじ1

常温に戻しておくことで、均一に火が入るようにします。

豚肩ロース肉は冷蔵庫から早めに出し、しっかりと常温に戻しておきます(夏なら1時間、冬なら2時間程度)。できるだけ中まで均一に火が入るようにします。

オーブンは120~130℃に予熱します。オーブンの設定温度はお使いのメーカー・機種等によってかなり異なります。最初は低めの温度で焼いてみて、焼きが足りなければ、追加加熱して調整してみてください。

肉に塩とブラックペッパー、おろしにんにくをしっかりとまぶします。

ニンニクをおろします。豚肩ロース肉に塩とブラックペッパー、おろしニンニクをよくすり込みます。

オーブンに入れるときには天板の上に網を乗せ、その上にお肉を乗せます。写真ではわかりにくいですが、天板には水を入れてください。

天板の上に網を乗せ、その下に水(分量外)を入れます。網の上に塊肉を置いて、60~70分焼きます。竹串を刺したときに、透明の肉汁が出てくれば火が通っています。途中で水がなくなっても足す必要はありません。

焼き上がりました!

焼き上がった肉はアルミホイルに乗せて包み、冷めるまで休ませます。冷めたら、冷蔵庫で保存します。ローストポークはしっかりと冷ましてから食べる料理です。中が熱いうちに切ってしまうと、せっかくの肉汁が流れてしまうことがあります。焼いてから半日以上置くことをおすすめします。

アルミホイルに包んで、そのまま冷まし、肉汁を安定させます。

柚子胡椒ソースの材料は混ぜ合わせます。ローストポークは薄く切って、かいわれ大根を添え、お好みでソースをかけて召し上がってください。

ローストポークをメインにしたクリスマスメニュー。塊肉の料理はテーブルが華やかになります!

ローストビーフは良いお肉を買わないと硬くなってしまったり、くさみが残ってしまうことがあります。でも、このローストポークは安いお肉でも大丈夫。ただし、豚肩ロース塊肉を使ってください。

低温でじっくりと蒸し焼きにするので、しっとり柔らかで旨みたっぷりに仕上がります。豚肩ロース肉はやや脂っぽいのが気になる人もいるかもしれませんが、柚子胡椒を利かせたピリ辛のさっぱりソースを合わせると、とても美味しい。かいわれ大根を添えましたが、お好みで三つ葉やシソなどの香味野菜を添えると、よりさっぱり召し上がっていただけます。

塊肉の料理はどーんとテーブルに映えて華やかです。ローストビーフにも負けず劣らずの美味しいローストポークでクリスマスディナーをぜひお楽しみください。

  • 7697
  • 98
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

■暮らしスタイリスト/一人暮らしアドバイザー/料理家自らの一人暮らし体験を元に取材や研究を重ね、2001年からWebを中心に各種メディアで暮らしに関する情報を発…

おすすめのアイデア

話題のキーワード