寒〜い冬の家事もグンとはかどる!部屋の温度ってこんなに大事だった!

いよいよ寒さが厳しいシーズンが到来! 掃除、洗濯、料理など、毎日の家事はこなすだけでも大変ですが、特に大変なのが冬。暖房のスイッチを入れたもののキッチンまで暖まるのに時間がかかり特に足元が冷えて震えながら料理をしている……そんなことはありませんか? そこで今回は「あたたかい暮らし」を提案する〔快適空間研究所(旭化成建材)〕から、住まいの温熱環境と家事のやる気の関係性についてご紹介します。

  • 1903
  • 14
  • 0
  • いいね
  • クリップ

家の中なのに「寒~い!」そんな経験ありませんか?

この時期、外から帰ってきても家の中がなかなか暖まらなくてお困りの方が多いのではないでしょうか。起きてからご飯の準備のためにキッチンに立っても暖房がなかなか効かなくてとても寒い思いをしている……という方も多いと思います。

「寒い」と感じたときまずどんな行動をしますか?

「寒い」と感じたとき、このような行動を取っている方が多いのではないかと思います。

・寒い朝、出たくない気持ちを振り切り布団の中から出てすぐに暖房でリビングを暖める
・寝る前にエアコンをオンにしてあらかじめ部屋を暖めておく
・部屋のドアや間仕切りを閉め切って、暖房効率を良くする
・カーテンを閉めるなどして窓からの冷気を遮断する
・布団(毛布)にくるまって寒さをしのぐ
・体を温めるためにあたたかい飲み物を飲む

このように、ちょっとしたひと手間をかけないと、寒さってなかなか防げないですよね。このひと手間って、かなり面倒でないですか?

しかも部屋がすぐに冷えてしまうので、いろいろな種類の暖房器具に頼っているご家庭も多いと思います。正直なところ、電気代が気になるところですよね。電気代を抑えるために寒さを我慢して風邪を引いてしまった……なんてことになれば、元も子もありません。

寒さをしのぐためのひと手間が面倒だし、暖房器具の電気代も気になる……冬を過ごすのは毎年大変ですよね。ちょっとでもラクになるような解決方法はないのでしょうか?

すぐれた温熱性能の家では、驚きの効果が!

「温熱環境」とは、「温度・湿度などによって決まる暖かさや涼しさの環境」のことを指します。その温熱環境が実現するために必要な「温熱性能」(=断熱・気密・換気など)が高い(=より快適と感じることができる)家に住んでいる人ほど、寒さを我慢せずに快適な生活を送っていることが調査結果で確認されています。

温熱性能の高い住まいと暮らしやすさの関係にはこんな結果が出ています!

温熱性能が高い家に住んでいる人は、家の中で過ごす時に厚着をしている比率が少ない

お家の中で3枚以上の服を着ている人の比率は、温熱性能が高い住まいに暮らす人が15.5%、温熱性能が低い住まいに暮らす人は46.9%と、なんと約30%の差があります。お家の中で厚着をして生活している人、意外と多いのでは? 動きづらいし重たいし、避けたいですよね。

温熱性能が高い家に住んでいる人は、布団の枚数を複数使う比率が少ない

布団を2種類(厚手布団含む)以上かけている人は、温熱性能が低い住まいに暮らす人では56.3%、高い住まいに暮らす人では44.1%となっています。布団を何枚も掛けると重くなってしまい寝苦しいですよね。温熱性能の高い住まいなら、そんな心配もいりません!

なにより見逃せないのが、毎日の家事がラクになるという効果もあるということ!

家の中が寒いと掃除、洗濯、料理など家事をする気が起きない……でも、家事のやる気がダウンする寒さは、家の温熱性能を高めることで、家事がはかどるという結果も確認されているのです! これは、見逃せませんっ!

こちらの調査結果でわかるのが、家の温熱性能が高いと「料理、掃除や洗濯をするのが億劫でなくなる」ということ。廊下や洗面所などがあまり寒くないので、寒さによるストレスを受けることなく家事をすることができているようです。人にとって、室温はそれほど影響が大きいということなのです。家事がはかどらないのは、家の温熱環境が整っていないせいかもしれませんよ。

家の温熱環境を見直すことにより、家事もラクに。そんな理想的な環境を実現することができるのです!

しかも、それだけではありません!

温熱性能が高い家は「寝起きがつらくない」という結果も報告されています。下記の記事もぜひチェックしてみてください。"冷え"から起こる身体の不調についても紹介しています。

「住まいの温熱環境」と暮らしについてきちんと考えてみませんか?

いかがでしょうか。冬の住まいの温熱環境は家事や生活行動に大きく影響しているということがご理解いただけましたか? もっと詳しく温熱性能の高い住まいについて知りたいという方は〔快適空間研究所〕のホームページをぜひご覧になってみてください。

冬の朝「寒い!」とブルブル震えながら家事をするストレスは、キチンと解決できるもの。住まいの温熱環境を見直すことは、日頃のストレスを減らすためにも大切なことなんです。

〔快適空間研究所〕では、「心」と「体」と「懐」があたたかくなる住まいでの、いきいきとしたライフスタイル「あたたかい暮らし」の実現を目指しています。いきいきとした暮らしを皆さんと共に創造していきたいと願い、温熱環境と暮らしに関する情報を、ホームページでわかりやすくお伝えしています。ぜひご覧になってみてくださいね。

次回は、住まいの温熱環境と住まいの空間の無駄のない使い方について深掘りしてきます!

  • 1903
  • 14
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

旭化成建材 快適空間研究所は、快適な住まい空間を実現するための温熱環境の調査研究、情報発信の活動などを行っています。『あたたか族』は、「あたたかい暮らし」(心と…

おすすめのアイデア

話題のキーワード