リブの魅力を手軽にオンオフ♡リブカーディガンのおすすめコーデ

リブカーディガンとは、畝( うね) のある伸縮性のいいニット素材でできたカーディガンのこと。凹凸感があるため、のっぺりとしがちなスタイルでも、立体感が生まれます。今回は、そんなリブカーディガンの魅力と手軽にオンオフできるおすすめのコーデをご紹介します。

  • 1113
  • 1
  • 0
  • いいね
  • クリップ

リブカーディガンの魅力とは?  

まずは、リブカーディガンの魅力についてご紹介します。

マンネリコーデに動きをミックス

先ほど少しご紹介させていただいたように、リブニットの網生地は凸凹のデザインとなっています。一般的なニットであれは、単色カラーだと平坦な印象を与えてしまいますが、リブニットにチェンジするだけで奥行き感のあるこなれた印象を取り入れることができます。

また、そんなリブニットを着脱しやすいカーディガンで取り入れれば、中に着るインナーとのバランスを楽しむこともできます。さらにはコーデへのオンオフもしやすく、全体に奥行きのあるスタイルが手軽に楽しめちゃうんです♪ 

また秋冬はダークトーンのお洋服を組み合わせることが多いため、同系色でまとめたコーデや、ワントーンコーデをするときには、ぜひリブカーディガンを活用してみましょう! 

着痩せ効果でスタイルアップ

リブニットは伸縮性に富んだ素材でボディにしっかりと密着してくれるため、ボディラインをすっきりと見せてくれる効果があります。

キュッと引き締めてくれる……と聞くと、逆に体の気になるラインまで拾ってしまうのでは? と不安になるところですが、リブカーディガンであれば心配ご無用です。

縦ストライプの凹凸により、シャープですっきりとした見た目を演出。またカーディガンであれば、フロントボタンを手軽に開け閉めすることができるのもポイントです。

中に着るインナーやボトムスに合わせ、ボタンを閉めてすっきりと着こなすのもよし。オープンボタンで、縦ラインの足しアイテムとして活用するもよし。ワンピースとの組み合わせを楽しんでもいいですね。

アウターに響かない着やすさ

今の季節はアウターありきでコーデを考えたいもの。そんなときに取り入れやすいのが、ダボつき感がないリブ素材。

厚手のニットカーディガンをアウター下に入れ込んでしまうと、袖部分が窮屈になってしまったり、胴部分がこんもりと丸みを帯びてしまうことがあります。

そんな状態ではせっかくのスタイルも台無し。おしゃれなアウターであっても、魅力の無い野暮ったいスタイルに見えてしまいます。アウターに響かないリブニットカーディガンであれば、重ね着をしてもそんな心配はありませんね♪ 

おすすめのリブカーディガンをチェック

それでは続いて、おすすめのリブカーディガンをカテゴリーごとにご紹介していきます。

Vネック

こちらは少し毛羽立ち感のあるモール糸を活用したアイテムです。リブカーディガンの魅力は取り入れつつも、やわらかさや光沢感を楽しむことができます。大きめのくるみボタンもかわいいですね♡ 

ふんわりシルエットのリブカーディガン。コロンとしたシルエットでありながら、リブの効果で膨張感は無し。短めの丈感なので、ボトムスとのバランスも取りやすそうです。

Uネック

ベーシックなU型ネックは、オンオフ問わずに活用幅の広いカーディガン。コンパクトなデザインでありながらも、リブ& サイドスリットのおかげで、ぴったりとした見た目にまとまらないのが素晴らしい! 

ロング丈

ロング丈のリブカーディガンもぜひ持っておきたいアイテムのひとつ。より縦長で、スタイルのいいコーデを作り上げることができます。ボタンを閉めて着れば、リブワンピースとしてコーデが完結するのもうれしいポイントです。

お尻が隠れるくらいのロング丈は、腰回りが気になる方には1番おすすめのアイテムです。また、パンツとの相性も良く、オフィスコーデとしても活用できます。リブの効果で、よりすっきりと知的な印象を与えてくれますよ♪ 

いかがでしたか? リブの持つ魅力を、手軽にプラスすることができるリブカーディガン♡ この機会にぜひチェックされてみてはいかがでしょうか。

  • 1113
  • 1
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

やんちゃな男の子2人のママです(^^)  学生時代から読者モデルを中心に、ショーモデルやお天気キャスターなどで活動していました。お洋服のコラボレーション企画や、…

おすすめのアイデア

話題のキーワード