【手づくり女子の基本の“き” #13】最適な使用シーンは?電動ドリルドライバー選びはパワーに注目!

「工具マニアのエリー」による、手作りアイテムのイラスト解説コーナー。第13回目は「電動ドリルドライバーのパワーの違い」に注目! 電圧を示す「V(ボルト)」の大きさによって変わってくる使用シーンについて簡単に解説していきます。普段のDIYの作業レベルに合わせて、買いわけ、使い分けをしましょう♪

  • 9121
  • 124
  • 0
  • いいね
  • クリップ

電動ドリルドライバー選びは「V(電圧)」に注目!

DIYに欠かせない電動ドリルドライバー。いざ選ぼうとしたら「あまりの種類の多さに選び方がわからない!」と途方にくれることもしばしば。

そんなとき選び方の目安となるのが、電圧を示す「V(ボルト)」の大きさです。一般的に売られている電動ドリルドライバーの電圧は3.6V、7.2V、10.8V、14.4V、18Vの5段階。電圧が大きければ大きいほど、パワーも大きくなります。

自分がやりたい作業にはどのくらいのパワーが必要なのでしょうか? 電圧ごとにできる作業をチェックしてみましょう!

3.6Vは、家具の組み立てがメイン!

「楽に家具を組み立てたい!」という方は、3.6Vの電動ドリルドライバーがおすすめ。

「下穴があいた家具の組み立て」の他にも、「ネジ外し」「下穴があいた状態でのネジ打ち」などの作業ができます。

パワーが小さく締め付けも弱いため、DIYでの利用はごく簡単な作業に限られますが、コンパクトで軽量。カラーボックスや机などの家具を組み立てるときに気軽に使うことができ、力を使うことなく作業をスピーディーに進められます。

7.2V、10.8Vは木材メインで初心者も扱いやすい!

「用途は木材がメイン。初心者でも扱いやすいものがいい」という方は、7.2V、10.8Vの電動ドリルドライバーがおすすめ。「木材の下穴あけ」や「ネジの打ち込み」といった、木工で必要な作業はこれ一台でできます。

使い勝手が良い充電式のタイプもバッテリーが小さめのため重すぎず、女性でも扱いやすくなっています。

14.4V、18VはDIY本格派向け! さまざまな素材に対応

「大型の家具を作りたい。本格的なDIYに挑戦したい!」という方は、14.4Vや18Vの電動ドリルドライバーがおすすめ。

木材だけでなく金属や石材の穴あけ、ネジ打ちができます。充電式はバッテリーが大きい分重くなりますが、耐久性は抜群。長時間の作業にも向いています。

電動ドリルドライバーは、使いたい用途にあわせてぴったりのパワーを選びましょう♪

●イラスト・ライター 工具マニアのエリー

幼少期からDIY好きの父に連れられてホームセンターに通い、手作りのための道具や工具に慣れ親しむ。「自分でできることは自分でやってみる」というDIYマインドは祖父の代から受け継がれ、ちょうどいいものがないときは自分でつくるように。最近ハマった工具はジャッキ。


LIMIAからのお知らせ

驚きの価格!最大70%OFF!
国内・海外格安航空券ならスカイチケット!
夏旅も出張も最安値の格安航空券でお得に!

  • 9121
  • 124
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

DIYを愛する方に参考になるDIY実践記事を中心にご紹介致します!工具や素材などDIYにまつわるものをリミア視点でお届けいたします。

おすすめのアイデア

話題のキーワード