すてきな手作りバッグの作り方8選!毎日を彩ろう

毎日欠かさず使うバッグ。せっかくだから、世界に1つのオリジナルバッグをハンドメイドして自分好みのオシャレを楽しんでみませんか? 今回は布などを使って1からハンドメイドするものから、リメイクするものまで、思わず「なるほど!」と言ってしまいそうなあっと驚くアイデアをご紹介します。どれも簡単で試しやすいものばかりなので、ぜひチェックしてみてくださいね。

  • 51313
  • 146
  • 0
  • いいね
  • クリップ

すてきなバッグを手作りしてみたい!

ここでは、バッグを手作りするのは難しそう……と思っている方におすすめの方法やアイデアをご紹介していきます。ハンドメイドバッグは、身近な材料で簡単に作れるものが多いですよ!

着られなくなってしまった服やベルトなどを使って、すてきなバッグを作ってみませんか?

すてきなバッグを手作りするときに使える材料

好きな生地

手作りバッグをつくるときに欠かせない下準備が、生地選び。生地選びによって手作りバッグの仕上がりやバッグに対する満足感も変わってくると思います。まずは、実際にお店に足を運び、質感や柄をしっかりチェックしてみてくださいね♪

洋服

お子さんが成長するにつれて着られなくなってしまった服や、汚れてしまった服などの使い道って意外と困りますよね……。捨ててしまうのももったいないと思うので、手作りバッグの生地として使ってみませんか?

服の汚れた部分は、ポケットをつくって隠すアイデアや、取っ手として使うというアイデアもありますよ。意外と使い道は多いかも!?

無地のバッグ

無地のバッグを1つ買ってそこに手を加えて、オリジナルバッグをつくるという方法もあります♪無地のバッグならペンやスタンプ、リボンなど100均ですべてそろえられそうな材料を使って、手作りバッグを簡単につくれるのでおすすめですよ。また、刺繍するのもおすすめです。

お子さんと一緒にバッグを手作りするのも楽しそうですよね!

裏地

「頑丈な手作りバッグを作りたい!」という方におすすめなのが、裏地をつけること。裏地をつければ強度も倍になるので、すぐに穴が開くことも少なくなりそうですよね!オシャレな柄の裏地を付けて、リバーシブルにするのも使い勝手があがるのでおすすめですよ。

染める

「シンプルな手作りバッグをつくりたい!」という方は、無地の布を好きな色に染めるという方法もあります。

LIMIAでは、赤ワインで白い布を染める方法を紹介しているので、詳しく知りたい! という方はぜひ合わせてチェックしてみてくださいね♪

▼ぬくもりさんのアイデアをチェック

ベルト

使えなくなってしまったベルトを、バッグの取っ手として使うこともできます。よりオシャレで個性的な手作りバッグの完成です。黒のベルトを使えばシックな印象に、茶色いベルトを使えばこなれ感のある印象になりますよ。バッグの模様に合ったベルトを取りつけてみてくださいね。

ファスナー

バッグの中身を見られないようにするために、ファスナー付きバッグをつくるのもおすすめ。手作りバッグの模様が決まったら、最後の仕上げとしてファスナーを縫い付けていきましょう!これで、中身が丸見えになるのを防いでくれる手作りバッグの完成です。

ファー

冬用にオシャレな手作りバッグをつくりたい方におすすめの材料が、ファー。ファーをつけたら一気に華やかな手作りバッグに仕上がりますよ。

ぬくもりさんが「ファー付きショルダーバッグ」の作り方を紹介しているので、気になった方は合わせてチェックしてみてくださいね♪
▼ぬくもりさんのアイデアをチェック

すてきな手作りバッグを作るためのアイデア

1. 100均グッズ2点で簡単かわいいかごバッグ

まずはハンドメイド初心者でも簡単に作ることができるankoさんのアイデアをご紹介。

100均商品2コだけで、今欲しいかごバッグを作ることができます!

使用するアイテムは『ダイソー』のかごと巾着。この2つをザクザクと縫い合わせるだけという簡単な作業ですてきなバッグが完成しますよ!

巾着はバランスを見て大きさをカット。カゴの取っ手部分は不要なのでハサミでカットしておきます。縫う間隔は狭く、なるべく多く巾着とかごを繋いでいくのがポイント。強度を出すために瞬間接着剤で固定すると◎。

最後にお好みの紐をつけたら完成。これなら裁縫が苦手な人でも簡単ですね♪

▼ankoさんのアイデアはこちら

2. 切らない巾着バッグ

「測らない!切らない!」をモットーにした、『ダイソー』の商品でつくる簡単巾着バッグのアイデアは、は、裁縫が苦手というRさんによるもの。使用するのはなんと、『カラーボックス用カーテン』。カーテンの上部はもともと突っ張り棒を通せるように縫われているので、反対側(カーテン下部)だけ同じような幅で縫えば、巾着本体の出来上がりです。

あとは紐を通せば完成〜!容量たっぷりの巾着は、帽子や手袋など小物を収納してつるすことができます。他にも、スーパーのビニール袋やタオルなどを入れてつるしておけば、使いたいときにすぐに使うことができますね。

▼Rさんのアイデアはこちら

3. ダイソーのバンダナ2枚で作るエコバッグ

『ダイソー』のバンダナ2枚を使って、マチ付きの大容量エコバッグをハンドメイドしたのはparadeさんです。材料は100円ショップにあるものばかり! ミシンがなくても、手縫いでもできるのでOK。

まず、バンダナの裏側に約10cm幅にカットしたキルト芯を底になる部分に木工用接着剤で貼ります。糊付き接着芯であれば、そのままアイロンで貼ってくださいね。

これをバンダナ2枚に貼り、縫い合わせていくだけ。バンダナはサイズもカラーも豊富なので、いろいろなデザインを楽しむことができそうですね。

▼paradeさんのアイデアはこちら

4. レッスンバッグ

小学校の入学時に、手作りのバッグをつくった方も多いことでしょう。せっかく苦労して作ったのに、大きくなると使わなくなることも。子どもっぽいデザインがその理由かも? せっかくなので、高学年まで使える、レッスンバッグをハンドメイドしてみましょう! 

愛情のこもったハンドメイドバッグ。男の子でも使うことができるブルー系やデニム生地がおすすめ。リンクからとってもわかりやすい作り方を見ることができるので、ぜひ参考にしてくださいね。

▼yuki.16.13さんのアイデアはこちら

5. ダイソーの毛糸で作るトートバッグ

『ダイソー』の毛糸で作る冬のコーディネートにぴったりなバッグをハンドメイドされたのはマロンさん。基本はこま編みと長編みだけで模様編みをされたとのこと。指定のかぎ針は15ミリ、こちらも『ダイソー』で購入できますよ♪ 竹ハンドルは手芸店で540円。長編み2目に通して、裏側でまつるだけ!

編み物初心者もチャレンジしやすいので、冬のコーディネートにぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか?

▼マロンさんのアイデアはこちら

6. 古着のスカートがバッグに変身♪

長年袖を通していない服ってありますよね? そんな古着もリメイクすることでバッグに生まれ変わらせることができますよ。yunaさんは15年前に購入したコーデュロイのスカートを裁断し、縫い合わせてレトロな雰囲気のバッグにリメイクされたそうです!

古着のデニムと組み合わせたり、裏地やファスナーをつけたり。「こんなの欲しい」を叶えることができるのがハンドメイドの魅力。古着を処分する前にアイデアを膨らませて、バッグにリメイクしてみましょう♪

▼yunaさんのアイデアはこちら

7. 壊れた傘がエコバッグに⁉

お気に入りの傘が壊れてしまったときってとっても悲しいですよね。骨が折れただけで布部分はまだ使えるというときは、its.mocaさんのアイデアがおすすめですよ♪ もともとが傘なので、防水性があるのがポイント。エコバッグに生まれ変わらせちゃいましょう。

骨組みから布を丁寧に外して、袋状になるようにミシンで縫い合わせていきます。持ち手部分を含め、縦70センチ、横50センチ、重さ43グラム。たたむと手のひらサイズになります。傘の布部分なので雨の日にも大活躍できそうですね!

▼its.mocaさんのアイデアはこちら

8. ニットクラッチバッグをリュックにリメイク

クローゼットの奥に眠っているクラッチバッグを、100均商品でニットクラッチをリメイクしたのは___.acoさん。接着剤で下の部分にベルトをくっつけるだけで、スタイリッシュに!

大人も子ども使えるかわいいニットリュックの完成です♪タンスの肥やしクラッチがあればちょい足しハンドメイドでリメイクしてみませんか?

▼___.acoさんのアイデアはこちら

すてきな手作りバッグを作ってみよう♪

100均アイテムや、もともとある衣類やバッグをリメイクして楽しむハンドメイド。
ご紹介したアイデアを参考に、オリジナルのバッグ作りにトライしてみましょう!


LIMIAからのお知らせ

プロパンガスの料金を一括比較♡
・毎月3,000円以上のガス代削減で光熱費をお得に!
・今なら契約切替完了で【Amazonカード5,000円分】をキャッシュバック!

  • 51313
  • 146
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

このアイデアを投稿したユーザー

手作りアクセサリーや手作りバッグ、レジン、ペーパークラフトなど幅広い範囲のハンドメイドの実例記事をご紹介致します!世界に一つだけ、自分だけのハンドメイド作品を作…

おすすめのアイデア

話題のキーワード