小物1つで雰囲気が変わる! センスが光るドアノブ

大きな家具や壁の色が部屋の雰囲気を決めていると思いがちですが、実は小物にも大きな力があります。小さなものほど、購入するときに細部まで観察しやすく、住んでいる人の趣味を色濃く反映するからです。

そうはいっても「ドアノブなんか選んでいない」と感じる方も多いでしょう。けれど、それは選べることを知らなかっただけかもしれませんよ! 今日は素敵なドアノブを見てみましょう。

  • 2673
  • 10
  • 0
  • いいね
  • クリップ

ダークな色調で、ドアノブに大人の空気感を

濃いブラウンのドアに、ダークなアンバーのハンドルを組み合わせています。もちろん新しい物ですが、どこかこなれた雰囲気を持つのがこの色の特徴。右手に見えるレトロなスイッチとも相性がいいです。

ダーク系でまとめているので、大人の住処といった落ち着いた印象。ホッとできる空間づくりに一役買います。

漆喰壁に囲まれ、適度な存在感を持っている。ウォールナットの床にもよく合っているので、部屋全体に統一感がある。
すりガラス部分が大きく明るい印象を、ダークな枠とドアノブが引き締めている。甘×辛ミックスのスタイル。

気持ちを盛り上げるゴールドのドアノブ

白いドアに金色のドアノブ。ゴールドは、色自体に存在感があるので、控えめなサイズがちょうどいいです。高級感と清潔感を併せ持つ組み合わせで、ホテルのサニタリールームを思わせます。

この画像では新しい物ですが、使い込んでも味が出るのが、ゴールドの良いところ。鈍い光沢が過ごした時を温かく感じさせてくれます。

白壁と黒いドアの間を取り持つゴールドのハンドル。ダメージ加工をすることで、ずっと昔から知っている懐かしい場所のような演出を。

どんな色にもぴったりと合うシルバーのドアノブ

ナチュラルブラウンのドアに、シルバーのハンドル。ドアに取り付けられている鏡のメタリックな感じにもなじんでいます。銀色はどんな色にも合わせやすく、主張しすぎません。何色にしようか悩んで、決められなかったら選ぶ人も多いよう。

また、一般的なのでお手入れもしやすいです。1日に何度も触れる場所なので、キレイを保てるのは嬉しいですよね。

ドアとドアノブと壁、組み合わせを楽しむ

2枚の扉を見てください。右と左でずいぶん違って見えませんか? でも、同サイズで、ドアノブも同じものです。組み合わせによって、こんなに雰囲気が変わります。一度取り付けてしまえば交換するのは大変なので、決定前によく選んで、しっかり確認を。

服をコーディネートするように、自分の選んだ壁色、ドアに一番なじむドアノブを探してみて下さい!

  • 2673
  • 10
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード