【子どもの作品を大切に保管したい】期間を決めて飾る。

子どもの作品。親はもちろん、子ども本人にも想いがいっぱい詰まっています。
そんな作品は大切に保管したいですよね。

今回は、期間を決めて飾る方法をご提案します。

  • 4402
  • 38
  • 0
  • いいね
  • クリップ

これは七五三の時期に子どもが持ち帰った作品(千歳飴袋)です。
可愛い❤︎

家の中でよく目立つ場所に飾りました。
本人はとても喜び、どんな風に作ったか、どこが難しかったか、どこが上手に出来たか、を得意に話してくれます。

帰って来た家族も作品を目にし、褒めてくれ、会話も弾みます♪

七五三の時期が終われば飾るのは止め、作品をどうするかを子どもと一緒に考えます。

今回は、子どもも私も保管することを選びました。
なので、この作品は思い出BOXへ。

・・・・・・・・・・・・・・・

「子どもに決めさせると、全部取っておくって言うのでは?」

確かに、「取っておきたい」ということが多いですが、「これは何だか上手く作れなかったから取っておかなくていいや」と答えることもあります。

一緒に考えることを続けていると、子どもが自分で判断する力がついてくると思います。

・・・・・・・・・・・・・・・

「学校生活でどれだけの量がたまるのかしら!」

うちでは、IKEAのSOCKERBIT/ソッケルビート(38×51×30)を思い出BOXとして使っています。

小学5年生で8割方入っています。
中学2年生も同じくらいです。

作品が増えるのは幼稚園〜小学生の間です。
BOXがいっぱいになった頃にまた残すかどうかを見直します。その頃には、更にモノとの向き合い方も上手になっているはずです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

ずっと飾っているけれど…ホコリがかぶっていませんか?

ずっと飾っているけれど…関心がありますか?


それならば、期間を決めて想いが新鮮なうちに飾り、その後は状態よく保管しておきませんか?


・・・・・・・・・・・・・・・・・


子どもの作品とインテリアが合わない。という方も、期間を決めて飾り、飾っていない時は自身のインテリアを楽しめば、子どもも大人も満足できるのではないでしょうか(^_^)




他にも【子どもの作品を大切に保管したい】記事あります。
⬇︎

  • 4402
  • 38
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

はじめまして(^-^)  家族5人でリノベマンションに暮らしています。家が好き。  インテリア、整理収納、プチDIYが好き。ちょっとしたアイデアやアイテム、知識…

おすすめのアイデア

話題のキーワード