生活感のあるふきんやまな板を隠せるキッチン

オープンキッチンの悩みは「ふきん」や「まな板」などの生活感溢れるキッチンツールが見えてしまうこと。それらを上手に隠せるキッチンとは。

  • 6630
  • 14
  • 0
  • いいね
  • クリップ
リビングダイニングから見えないシンク下の「足元」を有効活用します。

オーダーキッチンを作るとき、シンク下をオープンにすることが多いです。
湿気が溜まりやすいゾーンなので、オープンにしておくと風通しも良く、掃除しやすくなるからです。

このシンク下をオープンにすることで、kcudや無印良品などのゴミ箱を置くこともありますが、オープン部分に4本のバーを渡すと、ふきんやゴム手袋を掛けたり、まな板を乾かしたりできます。

まな板は厚さや大きさの差があっても置けるので安心。ふきんやゴム手袋などをかける方が多いです。

特にオープンキッチンの場合はダイニングやリビングからキッチンが見えますが、シンク下は見えないことがほとんどです。生活感のあるふきんや洗剤、ゴミ箱やまな板などが入れられる場所としては最適です。

ただし、シンク下スペース分の収納は減るので、キッチンの収納がきちんと確保できるように全体のキッチン収納計画をします!

  • 6630
  • 14
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード