ニット風のツリースカートであったかクリスマスツリーの完成♪【Francfranc】

Francfranc(フランフラン)からついにナチュラル系のツリースカートが新発売。大人っぽくてほっこり温かい感じなんです♪ さっそく我が家も早々とクリスマスツリーを飾ることにしました。お気に入りのオーナメントもご紹介します。

  • 7765
  • 48
  • 0
  • いいね
  • クリップ

飾っているときが一番楽しいクリスマスツリー

冷え性なので寒い冬は嫌いだけど、クリスマスを待ち望むいまはとても楽しい時期。だって、ようやくクリスマスツリーを飾れるから。本当は一年中、飾っていたいぐらいなんです。

我が家で使っているのは『Francfranc(フランフラン)』で買ったフェイクツリー。高さは150cmです。このようなパーツに分かれていて、わりとコンパクトに収納しておけます。

まずは一年ぶりなので、天日干し! そして掃除機でホコリを取りましょう。

足場は4つのパーツをこうしてはめていくだけ。簡単です。

1段目、立ち上がりました。この状態ではなんだかまだわかりませんね(笑)。

ツリーの下段のここ! フェイクの枝がもしゃもしゃで見にくいですが、上段をはめこむ穴があります。ここにぎゅーっとはめます。

ゴム手袋をしているのは、一昨年、このツリーを設置するときに湿疹が出てしまったから。たぶんダニですね。アレルギー持ちなので……。だから、一年ぶりに出すときはしっかり天日干し&掃除機をかけて、こうしてゴム手袋着用で作業します。

あ! しまうときに防虫剤を入れておけばいいんだ! いま気づきました(笑)。今年はそうします。

ツリー、設置完了! ではなく、まだスリムすぎる状態。ここからワイヤーになっている枝をいい感じに広げていきます。この作業中も手が痒くなるのでゴム手袋は必須。

バランス良く広げるのが、結構、難しいんです。ちょっと離れて見て、また枝の方向を変えたり。きれいな円錐形になるまで行ったり来たりのドタバタです。

ところで、扱いやすくて便利なフェイクツリーの気になる点が、この足場。そっけないですよね……。毎年、ここをどう隠してディスプレイするかが課題でした。

待望のノルディックなツリースカート、現る!

わたしの悩みを解決してくれるアイテムが、ついに今年、『Francfranc』から発売されたんです! ニット風のツリースカート!

これまでもツリースカートは売られていたんですが、ややファンシーで、我が家のインテリアには微妙にマッチしないなという印象……。

でもこれはナチュラルなベージュカラーで、ニットのように編み込まれた風合いも素敵✨

広げると、人間が着るポンチョみたいですね(笑)。でも、ツリースカートです。かわいい。

ツリーにスカートを履かせました! いや、装置しました! 名称が「スカート」だから、履かせるって言いたくなる。

味気なかった足場が隠れて、温かみも演出できて最高です。『Francfranc』さん、ありがとう。

オーナメントを飾りましょう

オーナメントって、わたしにとっては「宝物」のイメージ。ひとつひとつが大切で、妥協なく選びたいもの。

それでは、我が家のオーナメントたちをご紹介しましょう。

こちらは『niko and...』で購入したもの。もう4年前かな? もっと前? ニット風で素朴な感じが気に入りました。

続いてこれ! 一番のお気に入りです。カトラリーのオーナメント。これも『niko  and...』で見つけたもの。たぶん。記憶が……(汗)。

表面は金属のように加工されていますが、プラスチックでとても軽いです。うちは夫婦とも食いしん坊なので、我が家を象徴するオーナメントにぴったり。これがツリーの主役です。

これは、山口県を旅したときにサビエル記念聖堂のグッズコーナーで買ったもの。素朴な天使に惹かれました。

こちらは意外にもハワイ島で見つけたもの。でも色味が他のオーナメントと合いそうだよねと購入。こうして夫婦旅行の思い出としてひとつずつ増やしています。いつかヨーロッパを旅して、クリスマスマーケットを巡りたいなあ。

ツリーの主役、お星様。実は気に入るものがなかなか見つからず、ずっと「星なし」ツリーだったんです。それがついに! 今年になって『niko and...』で見つけました。金属ぽくてごついんだけど、なんかシャビー。

わたし、『niko and...』のクリスマスアイテムが好きなんだなあと実感しました。乙女チックすぎないところがうちのインテリアと相性が良い理由でしょう。

クリスマスツリー2018、完成!

仕上がりました! ツリースカートのおかげで落ち着いた雰囲気にまとまりましたよ。これはいい買い物をしたな♪

実はもうひとつオーナメントが……。これは、青山で開催されたLIMIAのクラフトマーケットで購入した、HANDWORKS RELAXさんの作品☆ やはりうちのツリーに合いました!

ツリーの足元にはランタンやキャンドル、鳥籠などをコーディネートして完成。

子供いないし、大人ふたりで暮らしていて、クリスマスなんて……となりがちだけど。だからこそ! 気持ちが腐ってしまわないように毎年飾っている感じです。実際、帰宅してツリーを見ながらくつろぐと、心からほっとするし、忙しい12月の支えになってくれています。

とっても気に入っているオーナメントたちだけど、もう4年くらい同じだから、来年は思い切って赤で統一してみたりしようかな!? 「またたくさん買ってー」と旦那さんに笑われるかなあ。

衝動買いする妻と倹約家の夫。うちは、ちょうどいいバランスです。

  • 7765
  • 48
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

インテリア/料理/旅が好き

おすすめのアイデア

話題のキーワード