油まみれの換気扇フィルター汚れを、むちゃくちゃ楽に落とすおそうじ術!

油まみれの換気扇のフィルター汚れは、洗剤をかけていきなり擦っても効果は薄いです。
油を落とすためには、時間と温度を上手く使いましょう!

  • 18869
  • 93
  • 0
  • いいね
  • クリップ

フィルターの油汚れ落としは、発泡スチロール容器が大活躍!

油汚れを効果的に落とすには、洗剤を45℃くらいの高めの温度がベスト。

そして、その洗剤が乾くことなく、また温度が下がらない事が理想です。

そのためのうってつけのアイテムが、発泡スチロールです。

ご自宅に、なるべく面積の大きな発泡スチロール容器はありませんか?

フィルターをそれに付け置きできる大きさが必要です。

冷凍食品の贈り物を頂く時には発泡スチロールで送られてきますね。
その中で、大き目の容器があったら取っておきましょう。
深さは関係ありません。フィルターが入るだけの面積が必要です。

温度は45℃、洗剤はオキシクリーン。

あらかじめ容器にオキシクリーンを投入、そこに45℃の熱めのお湯を入れオキシクリーンを溶かします。

※今回はオキシクリーンをご紹介。重曹、セスキ炭酸ソーダ、食器洗い用の中性洗剤でも一定の効果はあります。他の油落とし洗剤でもOKです。

発泡スチロール容器にフィルターを入れます。

そして、ときどき容器をゆすってお湯の流れを作ってあげます。
(お湯の流れを作ると、何もしないしないよりも早く油が解けてくれます。)

頃合いを見て、フィルターを取りだし、シャワーで流してあげます。

みるみるうちに、油汚れが落ちるのがわかると思います。

汚れのひどさによっては、再度付け置き→シャワーで流す、これの繰り返しです。

仕上げはスポンジや刷毛などで擦ってあげるといいです。

フィルターを取り出した後の容器は、油汚れが浮いてます。
落ちているのがよくわかりますね。

発泡スチロールが付け置きにオススメな理由。

洗剤は乾いてしまうと効果がありません。

ですので、サランラップで湿布したり、容器に付け置きします。


油汚れは温度が高い方が良く落ちます。

付け置きした場合、保温性バッチリの発泡スチロール容器なら洗剤の温度が下がりにくいです。

これが発泡スチロールがオススメなポイントです。

あらかじめ容器に穴をあけておくと排水が楽。

作業が終わった後に、この容器に溜まった汚水を捨てるのは、重さもあり少し大変です。

そこで、あらかじめ容器に穴をあけておきます。

きつく丸めたティッシュペーパーとサランラップを使用し、お湯を張っても流れないように上手に「栓」をします。

作業が終わったら、栓を取り出すと、汚水がシンクに流れていくという仕組みです。
※容器を置く位置に注して下さい。あらかじめ、シンクに流れる位置がいいと思います。

「湿布法」や「付け置き方」は非常に効果的なおそうじテクニックです。

しかも、勝手に汚れが緩まってくれる間に、別の事ができるというメリットがあります。


ぜひ、お試しあれ。


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「ハピすむ」♡
・3社見積もり比較で地元のリフォーム費用がすぐわかる!
・サービス満足度94%!見積もり依頼件数10万件突破!

  • 18869
  • 93
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

このアイデアを投稿したユーザー

名古屋、岐阜エリアでハウスクリーニング、エアコンクリーニングのお仕事しています。プロのお掃除テクニック、惜しみなくどんどん公開していきます(^^)おそうじ方法で…

最強おそうじアドバイザー タジマさんの他のアイデア

住まいのデイリーランキング

おすすめのアイデア

話題のキーワード