何度も使えて跡が残らない『フィルムフック』知っていますか??

100円ショップって次から次へと新商品が出てきますよね。
とっても便利な商品なのに、売り場で商品を見ただけでは何に使うか分からず、通りすぎてしまうこともよくあります。
今回は見た目は地味だけど、意外といろいろ使える万能フックについて紹介します。

  • 119860
  • 2840
  • 8
  • いいね
  • クリップ

フィルムリングフックとは

最近発売された“フィルムリングフック”という商品。
一見見た目は地味なのですが、すごく使い勝手がいい万能フックなのです。
どんな商品かというと、
空気圧を利用して壁と密着させるので、粘着物なども残らず、さらに剥がして何度も繰り返し使える優れものです。

フィルムリングフックの使い方と特徴

使い方はとても簡単♪
①取り付け面の汚れを取り除く
②裏側のフィルムを剥がす
③設置面に押し付けて空気を抜く
たったこれだけで、壁にくっつきます。

耐荷重は
縦に取り付けた場合は2kg
横に取り付けた場合は1.5kgです。

また、ガラスやタイル・光沢のある平らな場所などに取り付け可能です。
フィルムと接地面の中に空気が入ってはダメなので、隙間ができてしまうザラザラした壁紙などにはくっつきません。

フィルムリングフックの実用例

我が家で活用しているフィルムリングフックの実用例を紹介します。

スプレーボトルを引っ掛ける

キッチンパネルは平らなので、よくくっつきます。
ここにフックがあると掃除用のスプレーボトルをかけておくのに便利です♪
調理台の上に置いておくとキッチンリセットの時にどかさないといけないので、かけておけば掃除も楽になります。

眼鏡かけにも

鏡の部分って両面テープタイプのフックを使うとのり跡が残るので嫌だったのですが、このフックなら剥がした後も全くベタつかず、鏡でも安心してつけられます。
ここにフックがあると、コンタクトを外した後に眼鏡をかけておくのにとっても便利です♪
扉の中にしまうのは面倒だったので、これでまた一つ手間が省けました。

冷蔵庫内の小物収納に

チューブタイプの調味料はドアポケット側に収納していますが、毎日よく使うものは出し入れがちょっと面倒です。
以前はクリップでぶら下げる収納もしていましたが、ブラブラ動くので意外と邪魔になります。
そこでこのフィルムリングフックに収納したら、開けたらサッと取り出せて、使い勝手が良くなりました。
ちゃんと固定されているので邪魔にならないし、空いている空間を有効活用できて収納力アップになりました。

便利なアイテムを活用しよう

いかがでしたでしょうか?
こんな風に、100円ショップにはまだまだ知らない便利アイテムがたくさん眠っています。
ちょっと取り入れるだけで家事の時短や収納力アップにつながります。
みなさんもぜひ一度試してみてください。

  • 119860
  • 2840
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード