家族の時間を楽しむ家

敷地は名古屋市東部の丘陵地帯に広がる閑静な住宅街の一角。北側が幅員の狭い道路に接した間口の広い敷地のため、前面にアプローチと駐車スペースを配置して建物を後退させて植栽を施し、印象を和らげました。この奥ゆかしさが住宅密集地の中で情緒豊かな風景となっています。南側の隣家の敷地がひな壇で上がっているため、存在を気にせず寛げるように、1階LDK南面の掃出し窓の高さを1800㎜と低めに抑えて設計。2階には寝室と子供室、花粉対策用の室内干しスペース兼ファミリースペースを配置しました。吹抜けを設けた事で高い位置から効果的に光を取り込め、冬は1階に設置した薪ストーブの熱で2階も暖められます。肌触りが良く年月と共に味わいが増す自然素材の心地よさに包まれて、ゆっくりと家族の時間を楽しめる、味わい深い雰囲気のある家です。

  • 3103
  • 36
  • 0
  • クリップ
  • 3103
  • 36
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード