満員御礼!DIYイベント「TRUNK FES(5/15)」体験レポ!!

去る2016年5月15日に東京都渋谷区のマルチファンクションスペース「TRUNK BY SHOTO GALLERY」で開催された体験型DIYイベント「TRUNK FES 〜男前DIY〜」、行って参りました!! LIMIAでも馴染み深いDIYクリエイターの皆さんも参加されるとのことで、クリエイターさんの記事を担当している筆者としてもとっても楽しみにしていました。ストリート&サブカルチャーがカオスのように渦巻く開催地、渋谷ならではの参加型フェスはいったいどんなだったのか?を早速紹介していきましょう!

前代未聞のイベントにドキドキ!

今回のTRUNK FESは「TRUNK BY SHOTO GALLERY」が主催し、著名DIYクリエイター、WAGON WORKSさんにコラボを打診、さらに人気のフェイクグリーンショップ、いなざうるす屋の店主いなざうるすさんが企画参加した事で実現した一大イベント。加えてDIYシーンのビッグネーム両者の呼びかけで、DIY関連のショップやメーカー、そしてLIMIAを始めネットや雑誌など数々の媒体で活躍する著名DIYクリエイターも多数参加。いまだかつてない規模とコンセプトで繰り広げられるDIYフェスは過去にも類を見ないのではないでしょうか。

こちらが会場となった「TRUNK BY SHOTO GALLERY」。普段は新郎新婦がデザイナーと一緒にDIYもして結婚式を創るという新しいウェディングスタイルを提案していくれる結婚式場なのだ。

さて当日、開場少し前に会場となる「TRUNK BY SHOTO GALLERY」に到着すると、すでに数十人の開場待ちの列が! この時点で既にフェスの大盛況を容易に予想できたのでした。開場前の会場に入ると、そこはWAGON WORKSさんデザイン監修のもと「TRUNK BY SHOTO GALLERY」のクリエイターさん達が作り出した、男前かつボタニカルなオシャレ過ぎる空間が! そんなコンセプチュアルな空間演出の効いた会場内を一目見ただけでもワクワクが止まりませんでした。

開場した直後の瞬間です。並んでいた人々が一気に会場内へ。

会場内はフロアごとにトーンを変えた男前オシャレ空間!

そして開場。いまかいまかと待っていた人の波がいっせいに会場内に! それぞれまずお目当てのブースに足早に急ぎます。5階からなっている「TRUNK BY SHOTO GALLERY」の隅々まで、まるで血液が流れ込んでいくように人の波が伝わっていきます。お昼頃には人の波で身動きするのも気を使う程、人口密度が上がっていたのは言うまでもありません。人の波とともにDIYブームの波が押し寄せているのを感じずにはいられませんでした。

受付裏側には見上げるような大きな黒板。そこにはチョークアートで描かれた会場内のMAPが!男前なDIYイベントならではの粋な演出です。

中央に本物とフェイクを織り交ぜた巨大なツリーオブジェが置かれるなど、ボタニカルかつシャビーで明るい空気感が心地よい1Fのメインフロア。WAGON WORKSさんやいやざうるす屋さん、Outlet CHEERSさんなどが出展。ちなみに我がリミアもDIYクリエイターさんとのコラボでワークショップを開催させていただきました。

若干シックなトーンで纏められている2Fフロア。実はここ、普段はチャペルとして使用されているスペースなんだとか。こちらには壁紙屋本舗、ヴィヴィッドヴアン、WOODEN PICTURE、T-Plasterなどの出展者が自慢のDIYアイテムを活用したDIYワークショップを開催。

オープンテラスになっている3Fは普段はパーティ会場などに使用されているスペース。こちらにはフード関連のブースが集合。ナッツなどをからめたオリジナルチョコを作れたり、サラダバースタイルで自由に野菜をチョイスできるピタパンサンドイッチサービスなど盛りだくさん。

エイジング加工ワークショップ by WAGON WORKS

3種類のロゴプレートに塗料を使ってエイジング加工を施すDIYテクニックを体験できるワークショップを開催。

アメブロ公式トップブロガー、そして今回のデザイン監修を担当したDIYクリエイターWAGON WORKSさんのブースでは、ロゴを型抜きした看板にも使えるプレートに、塗装でシャビーなエイジング加工を施すワークショップを展開。男前インテリアの第一人者ならではなDIY術が体験できるとあって、ワークショップは大盛況! 取材班も体験したいなぁなんてのんびり構えていたら早々に定員いっぱいになっておりました。

WAGON WORKSさんならではのオシャレで男前なスタイルが体験できるとあってワークショップは開場してすぐに人だかりが出来る程の大盛況。WAGON WORKSのchikoさん始めスタッフの方々は大忙しだったようです。

chikoさんは前日からの会場設営から始まり、自身のブースも切り盛りと八面六臂の大活躍! お疲れさまでした。

超人気のフェイクグリーン byいなざうるす屋

いなざうるす屋のフェイクグリーンの魅力は、なんといっても「リアル」なところ。細部の作り込みや色の具合、質感など、本物の植物の楽しみ方をよく分かっている人がプロデュースしているからこそ、こんなに人の心を掴むアイテムが生まれるのです。

センス抜群のフェイクグリーンを扱ういなざうるす屋は販売ブースとして出展。多彩かつリアルな出来映えのフェイクグリーンがたっぷり! 通常はウェブショップが中心ということで、普段は実物を見て購入する機会がなかなかないお客様方が、チャンス!とばかりに押し寄せ、開場直後には下記のような大行列に。店主のいなざうるすさんは今回の企画にも関わっていて、ワークショップに参加したDIYクリエイターの皆様とのチャンネルとなったり大活躍でした。

開場とともにいなざうるす屋ブースの前にはあっという間に長蛇の列が。

店主のいなざうるすさん(右)とビスケットさん。あまりの盛況ぶりにいなざうるすさん、開催時間中はほとんど会場内を見れなかったそうです。お疲れさまでした!

ファイバードラム作り by壁紙屋本舗

柄に合わせて凹凸が付いていたり、様々な質感があったりと、バリエーション豊かな壁紙はDIYリノベーションの強い味方。ワークショップで使用したファイバードラムはひっくり返せば椅子にもなるほどの強度があるとのことでした。

特殊な輸入壁紙も扱っている壁紙屋本舗は、なんと今回のためだけにファイバードラムを制作。このドラムに好きな壁紙を貼り込め、さらに縁にエイジング塗装を加えるというとっても楽しそうなワークショップを展開。様々な色や柄はもちろん、牛毛柄には毛並みのような立体的な凹凸を付けることでリアルに感じさせるものなど、とっても進化している最近の壁紙も実際に見て触って貼り込める。そんな機会はなかなかないので、参加者にはより壁紙が身近に感じられたのではないでしょうか。

壁紙屋本舗の番頭、林さん自らワークショップの看板として黒板壁紙にチョークで案内を描く!

ワークショップではアドバイザーとしてLIMIAでもおなじみのDIYクリエイターの皆さんが参加。雑誌やTVでも人気の男前クリエイター、SWAROさんみーっけ。

先日、ヒルナンデスに出演し一躍時の人となったrkmamaさんもワークショップアドバイザーとして参加。また楽しいDIY教えて下さいね。

ワークショップは言うまでもなく大盛況! 確かにこの壁紙ファイバードラムはDIYアイテムとしても普通によいアイデアですよね。ちなみに参加したいな〜とふらふら参上した取材班の目に飛び込んできたのは『完売』の文字…残念。

塗料でアンティークフレーム制作 byヴィヴィッドヴアン

クラック塗料を使ってシャビーな仕上がりを演出するアンティークフレームを作るワークショップを展開。本格的な見た目なのに、意外にカンタンなのです。

発色が良く、扱いもラクチンでどんな素材にも対応。なによりカンタンにペイントできて耐久性も高い水性塗料、グラフィティペイントシリーズを扱うヴィヴィッドヴアンでは、小さな額縁フレームにグラフィティペイントを使い、エイジング加工でアンティークフレームを制作するワークショップを開催。その他、GLITTERというシャイニーな仕上がりになる水性塗料やステンシルシート、塗装用の道具なども展開していました。

ワークショップはもちろん大盛況。アドバイザー役の陽気なスタッフの女性2人の、関西ならではの楽しいボケとつっこみは楽しませていただきました。

全35色からなるグラフィティペイントシリーズは、塗装する場所や素材によってシリーズを使い分けるタイプ。木部はもちろん、モルタルや漆喰に対応するウォール&アザーズ。金属の下塗りにはメタルプライマー。アスファルトやモルタル、コンクリートなどのフロアにはフロア&フロアプライマーなど、DIYで塗装をする際に強い味方となってくれる塗料シリーズなのです。

オリジナルステンシルシートも販売。定番の文字やアイコンものを始め、ヴィヴィッドヴアンならではの柄を繋げることで大きな壁面全体にも柄が入れられるレアなシートもラインナップしている。

古材でミニシェルフ作り by T-plaster

アンティークな家具や古材の他、プラスターなどリノベーションに欠かせない素材&アイテムを扱うT-plaster。

家具や古材を扱うT-plasterでは、古材を使ったミニシェルフ作りとカリグラフィー(手書きで文字をデザインするアート)を体験できるワークショップを開催。最近はエイジング加工など、新材を加工することも多いですが、やっぱり本物の古材の雰囲気はオンリーワン、というのを感じさせてくれました。

ミニシェルフは壁に固定して使用できる形で制作。沢山ある古材の中から使用材を自分でチョイスして制作できるのが好評でした。

カリグラフィーやチョークアートを得意とするアーティスト、MAZ FANTASY PEN WORKSによるカリグラフィー体験ワークショップも併催。普段はT-plasterの実店舗である下北沢レインボー倉庫を拠点に活動しているとのこと。

木版に写真が印刷できる? By WOODEN PICTURE

使用する写真もアプリのようにセピア調に加工できたり、文字を載せたりすることが出来るので、自分好みのピクチャーが作れるのです。

木版に好きな写真やデザインデータを印刷し、フォトインテリアを制作してくれるサービスを行うWOODEN PICTURE。ウェブサイト内で写真や絵柄を使ってデザインを自分で制作、注文すればまるで絵画のようなウッドピクチャーが手に入ります。なんてオシャレなんでしょう。好きな風景や家族の写真などで制作して飾るもよし、贈り物としても喜ばれそうですね。

写真の他、イラストやデザインなどもデータさえあればプリントが可能。

一品モノの雑貨が満載! By Outlet CHEERS

まるでおもちゃ箱をひっくり返したかのように様々なアイテムが所狭しと陳列されていました。

アンティークや一品モノの掘り出し物雑貨を中心に扱うOutlet CHEERS。巷の雑貨屋ではあまり見掛けることのない、例えば牧場で使われているミルクボトル(スチール製のデッカいアレ)や変わった形のジョウロなど、一風変わった此処でしか手に入らないようなアイテムを販売。珍しいモノばかりなので、人だかりが尽きることはありませんでした。実店舗は草加にあります。

「これは何?」と雑多に並べられたなかから気になるモノを探し出すのが雑貨屋の楽しみ。特にOutlet CHEERSは珍しいアイテムが多いので、皆さんじっくりと品定めしておりました。

DIYクリエイターさんとステンシルトート制作 by LIMIA

LIMIA監修、人気クリエイターによるオリジナルステンシルトートを体験制作できるワークショップ。参加して頂いた皆様に感謝です!

我々LIMIAも常日頃からご協力頂いている実力派DIYクリエイターさん達とコラボレーションしたブースを出展。WAGON WORKSさんからご提供頂いたステンシルシートをベースに、トートバックにステンシル施工をするワークショップを開催いたしました。雑誌やLIMIA、TVなどで活躍する人気クリエイターにアドバイスしてもらいながら、ステンシル体験を出来るとあって大盛況! 来場していただいた皆様、ありがとうございました!

少しでもイイものを作ろうと文字やデザインの入れ方を考えたり、施工も失敗しないように、と参加者の皆様真剣です。モノ作りって没頭できるからいいですよね。

人気クリエイターが直に教えてくれるとあってお陰さまで大変ご好評でした。「ファンなんです」なんて参加者に声を掛けられたりと、クリエイターさん達も楽しんでアドバイスを送っていました。

好評だったLIMIA無料配布フライヤー。なぜ好評だったかというと、表面が男前ポスターデザインなどで有名なデザイナー、HALさんがデザインした男前なアートワークとなっていたからなのです。

手作りジンジャーエール by BROOKLYN RIBBON FRIES

炭酸水と混ぜれば美味しい天然ジンジャーエールがいつでも楽しめるオリジナルのホームメイドジンジャーシロップを展開していたのはBROOKLYN RIBBON FRIES。こちらのシロップ、アイスなどに掛けても良いし、楽しみ方は様々。本当に美味しかったです!

ジンジャエールのシロップをその場で炭酸水や牛乳と割って試飲。本気で美味しかったです。

まるで錦鯉!?な日本酒 by今代司酒造

1767年創業の今代司酒造。イタリア最大のデザイン賞「A'DESIGN AWARD(エーダッシュデザインアワード)」最高賞となる【 PLATINUM 】を受賞した日本酒、「錦鯉」を展示&試飲会を実施。

主催者TRUNKの催し物は魅力がいっぱい!

3〜5Fでは主にTRUNKが主体となったブース及び催し物も満載。前述のピタパンやチョコ作りエリアなどを始め、オリジナルの蜂蜜ドリンクやテラリウム制作など、一日じゃ足りないってぐらいの沢山の体験コーナーがあって、それはそれは楽しめました。

自分で作るピタパン作り。これもまさにDIYですね。

美味しそうにそのピタパンを食すのは、このイベントの企画を行った人気のフェイクグリーンのお店「いなざうるす屋」の店主、いなざうするさんとDIYアドバイザーの末永京さん。

地ビール「シブヤビール」を始め、各種アルコールやソフトドリンクを提供。

チョコレートを使ったオシャレなワークショップも開催。

今流行のテラリウム作りを体験できるワークショップ。自分好みのアイテムをセレクトして、オリジナルの世界観を楽しめる!

その他雑貨販売など、特に女性客でごった返してました。

普段はウエディングスペースとして利用されているため、KRKプロデュースによるプロカメラマンが無料で撮影してくれるサービスやWEDDING EXPERTSによる無料のヘアメイクのアドバイス、RAPPORTIによる小顔ケアセミナーなども行っていました。

遊びに来ていた有名DIYクリエイターのみなさん

LIMIAでもおなじみRuntenさん(右)もお友達の人気ブロガー、ehamiさん(中央)とmaiikkooさん(左)とともに遊びに来てました。

皆様、本当にお疲れ様でした☆

企画・監修を担当したWAGON WORKSさんやいなざうるすさん、そしてLIMIAブースでもご協力いただいたクリエイターのswaro109さん/sayo.さん/rkmamaさん/chicamera.yさん/akiさん/junさん/halさん/RH+さん。ワークショップで会場を盛り上げていた壁紙屋本舗の林さんなど。

というわけで大ボリュームでお届けしたTRUNK FESレポ。いかがでした。残念ながら行けなかった〜、という方の為に出来る限り詳しくレポートしてみたつもりなのですが、きっと会場で味わった楽しさの100分の1も伝え切れていないです。それくらい楽しくて盛り上がったTRUNK FES。なんと1700人以上ものお客様に来場して頂いたとのこと。

来て頂いた皆さん、ありがとうございました! そして今回のFESを主催した「TRUNK BY SHOTO GALLERY」の皆様、中心となって動いて頂いたWAGON WORKSさん、いなざうるす屋さん、各出展ブースの皆様、そして人気DIYクリエイターの皆様、その他ご協力いただいた関係者の皆様、本当にありがとうございます!! 

またこのようなイベントにLIMIAも関わらせて頂きたいとスタッフ一同、強く感じております。そしてもっともっとこのようなイベントが増えて、盛り上げていけたらと思います。LIMIAもインターネットメディアとして微力ながら日々、頑張っていきたいと考えております。そして来場できずにこれを読んでいる皆様、次はまたどこかの会場でお会いしましょう!!

ー またこんな楽しいイベントを期待しています!ありがとうTRUNK FES!!

Text:藤川経雄
Photo:LIMIA

TRUNK FES参加者の声

ここからは、TRUNK FES当日に遊びに来てくれた方々の記事をご紹介いたします。皆様とーっても楽しめたみたいですね☆

☆簡単DIY☆エイジング塗装で古材フレーム作りにチャレンジ! @TRUNK FES

私、DIYおじさんは先日行われたTRUNK FES内のVIVID VANさんのワークショップに参加しました!これは新品のフォトフレームをエイジング塗装を施して簡単に古材風なアンティークフレームにするというワークショップなのです! 塗料DIYの楽しさに触れ、完全にハマってしまったDIYおじさんなのでした。。。 

free_ride

☆関連記事☆

5月15日開催! TRUNK FESの主催者インタビュー

2016年5月15日に東京都渋谷区のマルチファンクションスペース「TRUNK BY SHOTO GALLERY」で開催されるDIYの体験型イベント「TRUNK FES 〜男前DIY〜」。会場デザインはLIMIAでもおなじみの有名DIYクリエイター、WAGON WORKSさんが担当し、企画は人気のフェイクグリーンのお店、いなざうるす屋が担当するという夢のコラボイベントなのだ。ということで、主催者であるTRUNKさんに伺って、当日の意気込みを聞いてきました。

LIMIA編集部

5月15日開催「TRUNK FES」出展者情報! 週末は体験型DIYイベントへ♬

2016年5月15日に渋谷で開催予定の、有名DIYクリエイターWAGON WORKSさんや人気のフェイクグリーンのお店、いなざうるす屋が企画に参加するDIYイベント「TRUNK FES 〜男前DIY〜」。ワークショップを出展する壁紙屋本舗&ビビッドヴアンの担当者の方に、当日のワークショップの内容や意気込みをインタビュー! 体験型イベントとして、かなり濃密な内容になりそうです。イベントの概要は記事の一番下をチェック!

LIMIA編集部

【終了】5/15(日)TRUNK FESの詳細が決定! 週末は渋谷の体験型DIYイベントに集合♬ 

2016年5月15日(日)に体験型のDIYイベントが開催されます。LIMIAでもこのニュースをお伝えしてきましたが、イベント直前ということで、その詳細をお伝えします。 東京都渋谷区のTRUNK BY SHOTO GALLERYで開催され、当日はTRUNKが男前に会場をデザイン。そしてそのデザイン監修はなんと有名DIYクリエイターのWAGON WORKSさんが担当するという話題のイベントで、当日は他では味わえない各種ワークショップやアイテム販売なども開催されます! とにかく週末は渋谷に集合です♬

LIMIA編集部
  • 13765
  • 56
コンテンツを違反報告する

このアイデアに付けられているキーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー