古材や端材でトレイをDIY

ヘリンボーンのトレイをDIY♪
余った端材や角材でアップサイクル♪

  • 4074
  • 56
  • 0
  • いいね
  • クリップ

材料

★土台になる板 
(杉材、コンクリートパネル、合板 12㎜〜15㎜くらいのもの)

★角材、端材、

★釘 35㎜

★木工ボンド

★取っ手(セリアのもの)

土台となる板をカット

作りたい大きさにカットします♪

今回は長いトレイが作りたかったので、550㎜×220㎜にカットしました

最後にトレイに枠をつけるので、縦横30㎜前後大きくなります。

計算して作りたい大きさになるよう土台を用意します。

ヘリンボーン柄になる板パーツを作る

様々な厚み、様々な幅の角材をMIXして作ります♪

板の両サイドを45度にカットします♪

こんな感じでこの形のパーツを様々な板、角材で用意します♪

大きさや厚みを揃えたい場合は、同じ種類の木材だけで用意します。


今回はMIXで作りたいと思います

木材の厚みや幅が違うので、仕上がりに味が出ます♪

パッチワークなヘリンボーンですね♪

土台にたっぷりと、木工ボンドを塗ります。

土台が完全に埋まるまで、板のパーツを組み合わせていきます。

大小様々な幅なので、バランスを見ながら!!

裏返しにして、はみ出たパーツを

丸ノコでカットしていきます。

なければのこぎりで大丈夫です♪

綺麗にカットできました!

ボンドが完全に硬化するまで、杉材が反らないように

クランプで圧着して1日放置♪

杉材は反りやすいので、要注意です!

枠をつける

30×15㎜の厚みの角材を枠に使用します。

両サイドを45度にカットすると額縁の四隅のような仕上がりになり、

見た目が綺麗です!

こちらもボンドをしっかり塗って貼り付けます。

何箇所か釘を打っておきます!

更にクランプでしばらく圧着!

取っ手を付けたら完成です!!

セリアの取っ手を用意しました♪

シンプルで持ちやすいですよ!

完成!!

今回は長めのトレイにしたので、

トレイごとテーブルにスタンバイできて楽チン!

お家でカフェ気分を味わえます♪


余った板や、端材がありましたら、是非作ってみてくださいね♪

  • 4074
  • 56
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

アーティスト・職人

インテリア空間デザイン、スタイリング、写真、テレビ撮影、監修、執筆、などフリースタイルにて幅広く活動中。予算100万円で自身が住む自宅をフルリノベーション、古材…

おすすめのアイデア

話題のキーワード