100均のブリキボックス一石二鳥

セリアのブリキボックスの蓋はプレートに、ボックスは引き出しにと得した気分。
ブリキの引出し作るのに蓋が残ってしまって、もったいないなぁ〜からのプレート完成!無駄なしです。

  • 14633
  • 125
  • 1
  • いいね
  • クリップ

このセリアのブリキボックスが生まれ変わります。

蓋をサビ加工
筆で茶色く(イマジンエイジングリキッド)汚していきます
次に黒(ミルクペイント)で汚します。


乾いたら(ドライヤーですぐ乾きます)好みの転写シールを貼る
貼れたら再度茶色と黒で汚します
仕上げは水分少なめの筆をパサパサにして叩く様にポンポンと色を付けていく
調子に乗って、これ汚し過ぎました(汗)

残っていたクッションフロアを細長くカットして(革の生地があればいいんだけれど無いのである物で)、両面黒くペイントして乾いたらキリでサイド穴開けます
ブリキの蓋と合わせてみて、いい感じの場所にもキリで穴開けて、丸結びした麻ひも通してカチッと留まる様にまた丸結びして麻ひもカット。
なんちゃって取っ手です。

これでプレートの完成です

次はボックスの方
端材をカットして、いつもの様に寝かして木材をボンドでくっ付けました。
これを寝かした状態でボンドくっ付けていくんです。
乾いたら立ててブリキボックスを抜いて木材茶色くペイント

ブリキボックスは先ほどと同じ様に錆び加工して、同じ様にクッションフロアで取っ手付けました。

カッコ良く見えるようにエンボスシール貼りましたよ

ぷっくりした感じがなんともいい感じ♪
このエンボスシールはサビ加工にとっても似合うなぁ〜嬉しい。

一つの物を無駄なく2つの物が出来て嬉しいです。

  • 14633
  • 125
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

DIYクリエイター

趣味で始めたDIY! だけど今ではすっかり生活の一部になっています。古い我が家の新しい空間作りを楽しんでいます。

おすすめのアイデア

話題のキーワード