○●○木製ボタンができるまで○●○

「モンガ・クナップ」の主役でもある大きな木製ボタンの製作過程をご紹介します♪

  • 1386
  • 5
  • 0
  • いいね
  • クリップ

数々の繊細な工程

「モンガ・クナップ」商品にあしらわれている木製ボタンは、東日本大震災で
被災された福島県下の障がい者施設の方々が一つひとつ手づくりで仕上げています。
とてもぬくもりを感じられる木製ボタン。
これらのひとつのボタンを作り上げるまでの工程をご紹介します♪

まずは木材の調達。実は、木製ボタンには何種類かの木が使用されているんです。
さくら・けやき・ナラ・ウォルナット・・・などなど。
それぞれのボタンの形状に合った木材を選別し、荒裁ちします。

その荒裁ちした木材に一つ一つボタンのサイズを下書きし、糸のこぎりで慎重にカット!
なんとなくボタンの形状に近づいた木材に、ボタンの顔とも言える2つの穴を開け、
その後きれいに形状を整え、しっかりとしたボタンのカタチにしていきます。
そして最後に、ヤスリでつるつるに磨かれたボタンはとっても優しい手触りに
仕上げられ完成です♪

手作業による美しい仕上がり

この一連の作業は、障がい者施設のみなさんがそれぞれ自分に合った工程を担当し、
みんなで力を合わせて一つのボタンを作り上げています。
どの工程も繊細さが試される作業ばかり!
みなさん全員が、ひと作業ひと作業丁寧に行わなければ完成しないというです。

たった一つのボタンにも、たくさんの方の想いが込められています。
木製ボタンからやさしさとぬくもりが感じられる理由は、ここにあるんだと思います*

  • 1386
  • 5
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード