チェアの座面を変えたいと思ったことはありませんか~お金をかけずに座面をリメイクしてみました

こんにちは。
年末年始はたっぷり充電でき、
仕事もいつも通り。
子どもたちも3学期。
3学期も皆勤賞狙いです。
長男(小4)は2年生から、
次男(小2)は幼稚園から皆勤賞。
元気に学校へ通ってくれて有難いです。

さて本題。
今回は、インテリアに合わなくなったチェア。捨てるのも勿体なくてリメイクすることにしました。
豹柄と猫脚が可愛くて購入したチェアでしたが、何年も放置…。
早速、リメイクしてみました。

  • 9954
  • 140
  • 8
  • いいね
  • クリップ

まずは完成したもの

インテリアに馴染むように
座面をレザーに。
ホワイトの脚もブラウン系にしてみました。

before~西洋風アンティーク

ロココスタイルの彫刻と豹柄の座面。
そして猫脚にひかれて購入したものです。

用意したもの

・ニッパー
・サンダー
・オイルステイン(ウォルナット)
・タッカー
・カッター
・ボンド
・革製コート(着なくなった物であれはなんでも!デニムでも)

1.座面を外します

ニッパーなどを使って座面の豹柄を外していきます。

豹柄の座面が取れました。

2.サンダーをかけます

簡単にサンダーをかけて
ホワイトカラーを取り除きます。

3.塗ります

脚部分をオイルステイン(ウォルナット)で塗装します。

4.新しい座面をつけます

着なくなった革製コート。
こちらをカットして
座面にリメイクします。
タッカーで留めていきます。
座面一面を革1枚ではできず
3枚カットして繋いでいます。
繋ぎ目は多めにとってボンドでしっかり留めてください。

不要な部分はカッターでカットします。

とりあえず、座面一面をタッカーで留めました。
座ってみましたが問題ありませんでした。

5.さらに一工夫~縁作り

タッカー部分を隠すため、
余った端切れで縁を作ります。
3cm幅のサイズに端切れをカットしていきます。

カットした生地を中央に合わせて折り、
ボンドで固定します。

カッターで留めた部分に
ボンドで貼ります。
これでタッカー部分が隠れます。

完成しました

もし座面をリメイクしたいと思っている方、
チェアを捨てようとしている方。
リメイクの参考になれば嬉しいです。
最後まで読んで頂きありがとうございました。

  • 9954
  • 140
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード