面倒なフローリングのワックス掛け。100均のアレを使ったら楽ちんでした!

フローリングのワックス掛けって、結構大変ですよね。担当編集の場合、布でゴシゴシやっていると、腕だけでなく腰にもきちゃいます……。なんとか楽にできないものかと知恵を絞ってみると、とある100均アイテムが使えるのではないのかな?とひらめきました。果たしてうまくいくのか…乞うご期待!

  • 15317
  • 121
  • 0
  • いいね
  • クリップ

お掃除アイテムをワックス掛けのお助けグッズに!

キレイなフローリングは大好き、でもワックス掛けは大変だから好きじゃない……という人はきっと担当編集だけではないはず!? なんでこれだけ億劫になるかと考えてみると、①まず液体ワックスを垂らして②布で拭く、という2段階の工程なのではないかと……。

そこで、100均(シルク)で販売されていた、ペットボトルに水を入れてお掃除する三角形のスポンジを購入しました。

構造はシンプル。ペットボトルに取り付けた状態で青いボタンを押せば水が出て、赤いボタンを押せば水が止まります。

本来は窓ガラスや水まわりなどをお掃除するためのアイテムです。

これを流用して簡易ワックス掛け機にしてみます♪

どこにでも売っている定番商品、フローリング用の液体ワックス《リンレイ オール》を使用します。

ワックスをペットボトルに入れます。このワックス、結構伸びますので量はそれほど入れなくても大丈夫です。

ワックスはこれくらい入っていれば十分でした。スポンジを通して出てきてくれます。

青いボタンを押して、ワックスを床に垂らします。ボタンを押したままだとどんどんワックスが出てきてしまいますので、赤いボタンを押して止めます。

スポンジでワックスを塗り広げていきます。そこからは人力ですが、いちいちワックスのボトルを手に取る必要がないので工程がスムーズなのがポイントです。

うまくいきました!

ワックス掛け完了です。手に馴染むペットボトルは、掃除用品として持ち手に使うには最適でした。「布でゴシゴシ」に比べると本当に楽です♪

このスポンジは、色々なところが掃除できて便利ですよ。

実験は成功、と言えるのではないでしょうか。ズボラと言えばそうなのですが、「必要は発明の母」という、すてきな言葉に置き換えたいところです!フローリングのワックス掛けが面倒だと感じている方は、ぜひお試しください♪


LIMIAからのお知らせ

無印良品の商品がLOHACOで買えちゃいます!
期間限定商品やTポイント10倍キャンペーンなどおトクな情報満載!

  • 15317
  • 121
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード