掃除用具を壁面収納に模様替え

掃除用具の収納棚を見直して片付けをしながら、かけられるものは、まとめて壁面を使うことで家族みんながわかる掃除用具の収納にしてみました。

  • 75257
  • 191
  • いいね
  • クリップ

before

もともと壁面収納ブラケット付きの充電式掃除機を廊下のコンセントが近い壁面に設置していました。掃除機だけ設置しているのも違和感があり、ハタキと粘着ロールをかけていましたが、お家で使う掃除用具をまとめて収納してみることにしました。

aftar

セリアで購入した粘着ロールスタンドは、左右どちらからでも収納ができるケースなので、忙しい時にもスムーズにしまうことができます。立てて収納もできますが、本体に麻紐をつけてフックにかけました。
掃除用具をまとめて置くので、なるべくシンプルにリメイクはしていません。
カラーも壁面に近いアイボリーで気に入っています。
となりの麻バックには、粘着ロールの在庫を収納しています。

フローリングワイパーは、収納場所がなかったので、二本に分解して洗濯機横の隙間に収納していましたが、毎回組み立てるのが面倒なのでこちらもすぐに使えるよう、かける収納にしました。廊下掃除にはかかせないので、以前より掃除がしやすくなりました。

車の掃除や、次女が飲み物をこぼした際に、家族から雑巾はどこだ?といつも聞かれてしまいます。
そこで、トタンバケツにまとめて掃除用具の下に配置しました。ここなら間違いなく目に付くので、思う存分誰でも雑巾掛けができます。
私の真似をして次女も雑巾で拭き掃除をしてくれてます。

ナチュラルな洗濯板は、次女の食べこぼしの際、すぐに洗わないといけない衣類によく使うアイテムなので、目線の高さの壁面に収納し、ワンアクションで取り出して使えるようにしました。
掃除用具もシンプルにまとめるとインテリアになる気がします。使いやすさを優先した壁面収納でしたが、すっきりできてよかったです。皆さんの参考になれば嬉しいです。

  • 75257
  • 191
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード