紫芋パウダーで簡単!紫芋のロールケーキモンブラン

さつまいもと紫芋パウダーを使った、簡単なモンブランクリームの作り方です。

  • 4233
  • 31
  • いいね
  • クリップ

この時期、さつまいもや紫芋など、お芋を使ったお菓子が人気ですね。
さつまいもは手に入りやすい食材ですが、紫芋となるとなかなか見かけません。

でも紫芋のパウダーであれば、製菓材料店や、カルディなどでも、比較的安価に入手することができます。
今回はそんな紫芋のパウダーとさつまいもで作る、お芋感たっぷりでなめらかな口当たりの、紫色のクリームレシピをご紹介します。

モンブランと言っても、栗と違い処理が格段に楽ですし、短時間で出来上がりますよ。

材料

8個分

☆土台
 紫芋のシフォンロールケーキ 23cm四方の天板で焼いたもの1本分

☆紫いもクリーム
 さつまいも ゆでた状態で正味160g(皮つきで200g強)
 グラニュー糖 30g※1
 生クリーム 30g
 牛乳 30g
 紫芋パウダー 15~18g
 ラム酒 8g

☆ホイップクリーム
 生クリーム 75g
 グラニュー糖 8g
 ラム酒 1~2g


※1.芋の甘さに合わせバランスを見ながら調整してください。
  甘さを控えすぎると味がぼやけます。

作り方

①紫芋のシフォンロールケーキはこちらのURLのレシピのものを1本準備する

②紫芋のクリームを作る

 1.さつまいもは1~2cmの輪切りにし、水にさらしてあくを抜いたら、軽く沸騰した湯に入れて15~20分ほど串がすっと通るまで茹でる
 
 ●皮つきの状態で200g強ほどのさつまいもをゆでると、ゆでたあとに皮を剥いた状態で約160gになります。

 2.さつまいもの粗熱が取れたら皮を剥き(この時点で正味160gあればOK)、グラニュー糖・生クリーム・牛乳・ラム酒・紫いもパウダーと共にフードプロセッサーなどなめらかなペースト状にし、裏ごしする
 →量は目安なので、使用したさつまいもに合わせ、やわらかさは牛乳や生クリームの量で調整

3.絞り袋に星またはモンブラン用の口金をセットし、裏ごししたクリームを入れておく

③ホイップクリームの材料を8分立てにし、1cmの丸口金をつけた絞り袋に入れる

④シフォンケーキは端を切り落として8等分にし、それぞれ倒してトレーや盛り付ける皿などに乗せ、中央に③のホイップクリームを絞り出し、周りに②の紫芋クリームを絞り出す

カップケーキやタルト台に絞り出しても

今回、土台には紫芋パウダーを使ったロールケーキを使い、更にお芋感を出してみましたが、作り慣れたプレーンなロールケーキや、市販のものなどを準備されてもOKです。
その場合はロールケーキの大きさに合わせてクリームの量が変わってきますので、調整してください。

ロールケーキ以外に、タルト生地やカップケーキなどに絞り出すのもおすすめですよ。

  • 4233
  • 31
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

an

お菓子の型が大好きで、現在所有している数は750個。父と経営する熊本の自家焙煎珈琲専門店にて、焼き菓子作りほか担当。自宅でもほぼ毎日お菓子・パンを作り、ブログに…

おすすめのアイデア

話題のキーワード