【DIY】玄関を大改造!(北欧インテリアにおめかし編)

我が家の荷物置き場と化していた、残念な玄関をどうにかすべく、大改造をしました。
前編である前回の記事では、「収納力アップ」について書かせていただきました。

後半である今回の記事は、人に見せても恥ずかしくない玄関を目指し、「玄関を北欧インテリアにおめかし」について書かせていただきます。

  • 11014
  • 73
  • 0
  • いいね
  • クリップ

以前の我が家の玄関は、玄関のドアをあけたら真っ正面にアルバムを収納した大きな棚がありました。
お客様をお迎えする玄関に、このような中身が丸見えの棚を置くのは見映えが悪すぎるのでどうにかしたいと思っていました。
そこで、まずはこの大量のアルバムの保管場所を移動することにしました。

我が家にとって、写真はいつでも見たい大事な宝物なので、写真をデータ化したり枚数を減らすという選択肢はありませんでした。
私も夫も子どもの頃からの写真や卒業アルバムも実家から引き上げて来ているので、ものすごい量の写真です。
今までも写真を収納するアルバムは揃えていましたが、枚数がたくさん入るようにとアルバムを立てて収納した時の奥行きが35㎝くらいのアルバムを使っていました。
アルバムの奥行きが深いということは、アルバムを収納する棚の奥行きも必要なので、奥行きが40㎝の巨大な棚を購入して、他に棚の置き場所がないので泣く泣く玄関の目立つ所に棚を設置していました。

この大量のアルバムを収納するスペースは玄関以外、我が家には皆無でした。
せめて、玄関のドアを開けた真っ正面ではなく玄関に続く廊下に棚を設置することにしました。

当然、廊下は通り道ですので奥行き40㎝の棚を置いたら、我が家の狭い廊下では人は通れません。

そこで、非常に気が遠くなるような作業でしたが、写真を収納していたアルバム自体を奥行き35㎝の物から奥行き20㎝のアルバムに変更。
写真一枚一枚、新しいアルバムに入れ替えました。

新しいアルバムのサイズに合わせて購入したのが上の画像の棚です。
アルバムの奥行き20㎝に合わせた奥行きが24㎝程度の棚です。

新しい棚を廊下に設置しました。
奥行きが浅いので廊下を通る分にはまったく邪魔になりません。

新アルバムも全て同じアルバムを揃えました。
色味がダークな色なのでごちゃごちゃして見えないのが気に入っています。
大量にあるのでアルバムの背表紙に番号シールを貼っています。

元の棚があった場所には北欧ヴィンテージのチェストを置きました。
引き出しの中に自転車の書類関係やスペアの鍵をしまいました。

いつか北欧インテリアを楽しもうと思って、一年に一個くらいずつ北欧アイテムを集めました。

白い壁の背景が寂しかったので、北欧っぽいデザインの壁紙を貼りました。
貼って剥がせる壁紙用の糊を使って貼ったので、賃貸でも大丈夫です。

チェストの上にストリングシェルフを取り付け、ディスプレイコーナーにしました。

引きでみた感じです。

季節によってディスプレイを替えてみました。
最近はプチプラアイテムでもクオリティが高い物があるので、気軽に季節に合わせてインテリアを楽しめます。

廊下にプレイタイプのポスターを飾りました。
ボーナスが出た時に思い切って買いました。

外出の際にいちいち帽子を忘れて部屋に取りに戻るのが面倒だったので、帽子掛けを置きました。
校帽、園帽、外出用の帽子がすぐに手に取れて便利です。

さらに廊下の空いているところに、子どもたちの習い事グッズを収納する棚をDIYして設置しました。

奥行きを小さく作ったので、ここに設置しても通り道の邪魔になりません。

以上で玄関大改造、完成です!
収納が増えたので外出時の忘れ物が減り、かなり快適になりました。
読んでくださってありがとうございました。

  • 11014
  • 73
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード