狭小地でもスロープでバリアフリー!中庭からの自然光を緻密にデザインした住まい

「Unir」は東京都小金井市に、66.14㎡(20坪)の
狭小地にて建てられた住宅です。
高齢者が暮らす住宅となるため、
室内のバリアフリーは必須条件でした。
玄関までは緩やかなスロープを設け、
主動線上に段差をつけないよう配慮されています。
建物中央部には自然光を取り入れるよう中庭を設けています。
屋根形状には、光の角度を綿密に計算した
デザインが加えられています。

  • 2640
  • 12
  • 0
  • いいね
  • クリップ

緩やかなスロープを設けバリアフリーに

階段と収納のデザイン

自然光を取り入れる中庭

  • 2640
  • 12
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

建築士・建築デザイナー

小さいを楽しむ小さな空間だからこそできることがあります茶室を愛してきた日本人ならではの価値観、美意識の可能性を私たちは信じています狭小住宅をつくり続けてきた私た…

おすすめのアイデア

話題のキーワード