長くお使いになっている家具は「ネジのゆるみ」にご注意を♪

家具ってネジで色々な部分を固定しているんですね。
組み立て家具とか、テーブルの脚とか…

そういう「家具のネジ」って長年お使いになると
意外とゆるんでくることがあるんですね。

なので、時々チェックして締め直してあげると良いですよ!
というのが今回のお話♪

  • 5037
  • 20
  • 0
  • いいね
  • クリップ

今回は「家具のネジ」のお話。

どうもこんにちは!

あなたの暮らし応援アドバイザー。
北海道の標茶(しべちゃ)にある平田家具店、

店長の平田敬(たかし・弟)です!



今回はですね。
家具の使用上の注意というか、メンテナンスというか…

そんな感じのお話を(笑)


家具って長くお使いいただくと、
だんだんとネジがゆるんでくることがあるんです。

そういうお話を過去に何度かしたことがあるので、
それらをピックアップしてお届けいたします♪


家具に使われているネジを指差す店長の図。
家具ってよく見るとネジが結構使われていたりするんですね。


ネジがゆるむと家具がぐらぐらしてくる。

家具って意外と「ネジで固定されている部分」がありまして。

長くお使いいただいていると、生活の中の振動や、
家具を動かした時などにすこ~しずつゆるんでくるものなんですね。


なので…

家具がぐらぐらする…というあなたへ。ネジがゆるんでませんか?

テーブルや組み立て式の家具が「最近なんだかぐらぐらするな~」って思ってませんか? それは、家具に使われているネジがゆるんでいるのが原因だったりするんですよ~ってのが今回のお話し。 家具のネジは時間とともにゆるんでくることがあるんですね。 なのでメンテナンスとして、たまに「しめて」あげるとまた快適に使えますよ♪

ひらた家具店


ゆるんで「ぐらぐらしてくる」ってことがあるんですね。

そうすると家具が使いづらい、というだけではなく、
家具が壊れてしまう原因にもなっちゃうんですね。

さらには壊れてしまった拍子にケガをしちゃうかもしれません。


そうなる前に締め直してあげてくださいね♪


特にテーブルは、こんな風に引っ張って移動しているとゆるみやすいのでお気をつけください♪


ソファーの脚にもネジが使われていることが。

「家具のネジ」ってテーブルや、
棚などに多く使われているイメージですが…

実はソファーにもネジが使われている部分があることも。


ソファーの脚、グラグラしてませんか?

ソファーには「脚」があるんですね。 普段、あまり気にしないところなので 「脚なんかあったっけ?」と思う方も多いんじゃないかと思います(笑) その脚なんですが、長く使っていると ゆるんでグラグラになっちゃっていることがあるんです。 締め直すことで長く快適にお使いいただけますよ!というのが今回のお話♪

ひらた家具店


それがこちらのお話。

脚がついているタイプのソファーには、
「脚がネジ込み式」になっているものがあるんです。

そういうタイプも長くお使いになるとゆるんでくるので、
一年に一度くらいチェックしてみると良いですよ~!


「脚がネジ込み式」っていうのはこういう脚なんです。
詳しくは以前の記事をのぞいてみてね~。


ネジを締める時にはホドホドに。

ここからは「ゆるんだネジを締める時」のお話を。

先ほどお話した通り、
家具をチェックしてゆるんでいるネジを発見したら、
もちろんそれを「締める」かと思うのですが…

組立家具のネジなどは「締めすぎる」とエラい事になるのでご注意を♪

組立家具(ノックダウン家具)はご自分でお家で組み立てるわけです。 その際、付属のネジを使って組み立てていくわけですが… このネジってやたらと締めすぎなくてもいいわけなんです。 昔、力いっぱい、これでもか!と締めて失敗した店長たちが、 締めすぎるとどうなるのか解説いたします(笑)

ひらた家具店


あまり「思いっきり締めないでね!」というのがこちらのお話なのです。
過去に店長たちが「締めすぎて失敗した実例」をお話しております。

何事も「ホドホド」が良いわけでして。

力いっぱい締めまくると、ちょっと面倒なことになったりするので、
記事を読んでお気をつけいただければ、と思うわけです(笑)


カラーボックスなどの棚なども、こうやってネジがゆるむことがあるんです。


ネジが空転する場合は…

ネジを締めてみたら、ネジがくるくると回り続けて
うまく固定されない、ってことがあるんです。

ネジが空転しちゃっている場合、ってことなんですが…


そんな時にはこちらの方法をお試しください♪

ひらた家具店が伝授!ネジが回り続けて効かない時の対処方法。

カーテンレールなどを壁にネジ止めする時に、ネジが空転してしまう(効いていない)時ってありますよね。 そういう場合に僕らが実際に使っている対処方法をお伝えします♪ どのご家庭にもあるもので、結構簡単に対処できるんですね。 ただし、壁側が「木」の場合のみ使える方法です。 壁側が石膏ボードだと今回の方法が使えませんのでご注意を。

ひらた家具店

ネジが空転している場合はこちら。

ネジが回り続けて抜けない時って…どうしたらいいの?

組立家具を作ったりしている時やカーテンレールを付けたり外したりしている時、 DIYなんかをしている時に「ネジがくるくる回って抜けない」ってことありませんか? そんな時にはどうやって抜いたらいいの? っていうのが今回のお話し。 きっと皆さん同じようにしているとは思うのですが参考までに♪

ひらた家具店

空転しているネジを抜こうとしても、うまく抜けない場合はこちらを。


身近にある「つまようじ」などを使うと、
またネジがしっかりと固定されるようになりますので、
よかったら記事を読んで参考にしてみてくださいね~♪


定期的にチェックすることをオススメいたします。

家具のネジって新しいうちはなかなかゆるむことがないものですが、
何年もお使いいただくと、気づくと結構ゆるんでいるものなんですね。

なので、たまに付属のネジを締める金具などで締めてあげてください。


そうやってチェックしてネジを締めてみると
意外とゆるんでいることに気づいたりするものなのです♪


そうすると長く快適にお使いいただけますし、
何より家具が壊れたり、ケガをしちゃったりすることを防ぐことができますよ~。

模様替えの時や大掃除の時なんかに試してみてね!


さてさて。
それでは今回はこの辺で。

店長でした~♪

テーブルの脚の裏には「高さを微調整する機能」があったりするんですよ~。

テーブルを置いている床がまっすぐじゃない場合って、テーブルがグラグラしちゃいますよね。 そういう時ってテーブルの脚に何かを「かませて」、グラグラを直していたりするかと思うんですが… テーブルによっては、脚の裏にそのグラグラを直すための機能があったりするんですね。 そんなわけで今回は、その機能がついているテーブルのお話し♪

ひらた家具店

テーブルのネジを締め直してもグラグラする時にはここも読んでみてね♪

  • 5037
  • 20
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード