玄関収納をリフォーム!シューズクロークやフロートタイプを解説

玄関の収納に限界を感じている方は、リフォームして収納力をUPさせましょう! ここでは、シューズクロークやフロートタイプの玄関収納など、さまざまな種類のリフォームについて紹介しています。玄関収納をリフォームしたいという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね♪

  • 11881
  • 17
  • 0
  • いいね
  • クリップ

玄関の収納が少ないなら、リフォームで広くしよう!

一般的に玄関はそんなに広くないものですよね。限られたスペースなので、少し物が増えただけであふれかえってしまうことも。とくに、靴が増えてしまって困っている人は多いのではないでしょうか? 

普段から使う靴を玄関以外の場所に置くこともできませんし、シューズクロークからはみ出ているままで保管するのも、来客に対して忍びないですよね……。

もし、玄関の収納に限界を感じているのであれば、リフォームで収納を増やしてみるのはいかがでしょうか。リフォームをすることで玄関の収納力がUPし、スマートな玄関を作り上げることができます。

玄関収納のリフォームについて詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください♪

シューズクロークをリフォームして収納力UP!

シューズクロークとは、靴を履いたままアクセスできる玄関収納のことです。靴はもちろんのこと、普段からよく外に持ち出すようなアイテムも収納することができます。

例えば、傘やお散歩用品、ベビーカーなどのような、靴以外の収納にも役立つんですよ♪ また、ゴミの日が遠くて置き場に困っている新聞紙や段ボールなども置いておくことができます。

靴を履くためにシューズクロークは毎日使うものですので、出し忘れる心配もありませんね。

【シューズクロークの注意点】

シューズクロークをリフォームする際に注意が必要なのは、「何を収納したいのかイメージしておくこと」です。

シューズクロークはスペースを必要としますので、計画性を持たずに「とりあえず広くしよう」とか「これくらいあれば足りるだろう」とかいった憶測でリフォームしてしまうと、無駄に空間が消費されてしまったり、収納したいものが入らないなんていう事態を招きかねないのです。

収納のコツは限られたスペースをうまく使うことなので、シューズクロークをリフォームするなら、自分にとってどれくらいの収納力を持ったシューズクロークが必要なのか、しっかりと考えておきましょう!

シューズクロークのリフォームにかかる費用

シューズクロークのリフォームには、およそ25万円~40万円くらいの費用がかかるといわれています。工事の内容にもよりますが、ウォークインできるだけのスペースを作らなければいけないので、間取りに余裕があるのかどうかが大きく影響します。

すでにある部屋をひとつ潰して、シューズクロークに変えてしまうというリフォーム方法もありますので、興味がわいたら一度専門家に尋ねてみるのがいいでしょう♪

フロートタイプの玄関収納にリフォームして収納力UP!

フロートタイプの玄関収納とは、フロートという言葉がイメージする通り、「浮いている収納」のことです! 後から取り付けることも比較的容易で、浮いているため玄関という空間を圧迫しません。

また、浮いているスペースに間接照明などの光を採り入れることで、おしゃれなインテリアとしても機能します。

収納を付け足すという意味ではかんたんに行えるリフォームですので、シューズクロークはむずかしいという方も、フロートタイプの玄関収納であれば取り付けられるかもしれませんね♪

【フロートタイプの注意点】

今ある玄関に付け足すだけでも設置は可能であり、フロートタイプの玄関収納の商品はネットなどでも販売されています。しかし、取り付けに関してはDIYで行える範疇を超えていますので、できる限り専門業者に依頼するようにしましょう。

フロートタイプの玄関収納リフォームにかかる費用

フロートタイプの玄関収納にリフォームする際にかかる費用は、およそ20万円~35万円くらいだといわれています。使用される収納の種類によって、収納そのものの値段が変わりますので、自分にはどんな収納が必要かよく考えておくのがおすすめですよ♪ 

例えば、カウンタータイプのフロート玄関収納でしたら、収納力は高くないものの玄関の空間を圧迫せず、スポット的に収納を増やすことができます。

また、セパレートタイプのフロート玄関収納でしたら、そこまで空間を圧迫せずに収納力高くすることができるので、カウンタータイプでは物足りないという人におすすめです。

「確かな収納力が欲しい!」ということであれば、トールタイプという高さがあるフロート玄関収納がいいでしょう。多少の圧迫感はあるものの、抜群の収納力がありますよ♪

マンションで玄関の靴箱をリフォームする場合

マンションに住んでいる方で、靴がしまいきれないので玄関の収納を増やしたいと考えている方も多いのではないでしょうか? マンションは工事ができる幅も限られていますので、リフォーム可能な種類も自然と狭まってしまいます。

例えば、シューズクロークを取り入れるのはむずかしいケースが多いです。間取りの変更を伴うリフォームになりますので、マンションでは受け入れてもらえないこともしばしば。

【マンションの玄関収納も増設できる】

しかし、玄関の収納を増やすリフォームのなかには、マンションでも十分に可能なリフォームもあるんですよ! それは、先ほども説明したフロートタイプの玄関収納や、ポンと置くタイプの玄関収納です。

きちんとしたリフォーム業者に依頼をすれば、インテリア上の違和感もなく収納を取り入れてくれるので、おしゃれさと収納力の両方がUPするなんていうことも♪ 

もちろん、ただ置くだけではなく工事を伴いますので、~30万円くらいの費用はかかります。それでも、シューズクロークのような間取り変更に比べればリーズナブルな価格で実現できることが多いので、ぜひ検討してみてくださいね!

玄関収納のリフォームにかかる費用をまとめ

玄関収納のリフォームには、種類によってかかる費用が変わります。およそ下記のようなイメージなるかと思いますので、参考にしてみてください☆

●シューズクロークにリフォーム……25万円~40万円

●フロートタイプの玄関収納にリフォーム……20万円~30万円

●マンションの玄関収納をリフォーム……~30万円

シューズクロークをリフォームして取り入れる場合、間取りの変更が必要なケースがあります。そうなると、必然的に費用が重なってきますので、現状の玄関でどこまで可能かどうか、それとなくイメージを持っておきましょう。また、フロートタイプの玄関収納はマンションでもリフォームできる可能性が高く、インテリア性も高いのでおすすめですよ♪

玄関の収納はリフォームで広くすることができる!

いかがでしたでしょうか? 玄関収納のリフォームについて、シューズクロークとフロートタイプの玄関収納を紹介させていただきました。どちらも、単なる収納力の増強だけにとどまらず、インテリアとしての魅力も玄関に取り入れてくれるすてきなリフォームです。

今、自分にとってどんなリフォームが必要なのか? シューズクロークなのか、それともフロートタイプの玄関収納なのか。そうやって考えていくうちに、玄関収納はリフォームしなくてもいいのではないかという結論に至る可能性もあるでしょう。

費用もそれなりにかかるリフォームですし、玄関は毎日使う空間です。どんな結論になったとしても、しっかりと考えることはとても大切ですね♪ 

玄関収納をリフォームするなら、まずは無料で見積もりを!

もし、玄関収納をリフォームしようという決意が固まったなら、リフォーム業者に見積もりを依頼しましょう! インターネットから無料で複数の業者に見積もり依頼をできるサイトもありますので、ぜひ活用してみてください。

また、見積もり結果を見比べながらリフォーム業者を選択することによって、結果として費用が安く済むケースが多くあります。費用をおさえるためにも、複数への見積もり依頼は必須ですよ。


LIMIAからのお知らせ

太陽光発電の見積りを無料お試し

1.見積もりを無料でお試し♪
2.太陽光発電の簡単相談

  • 11881
  • 17
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIAおすすめのリフォームやリノベーション、住宅設備に関する記事を中心にご紹介。施工事例や費用相場、リフォーム会社の選び方など、住まいに関する情報満載でお届…

おすすめのアイデア

話題のキーワード