【インテリアのカラーコーディネート】基本となる3つのカラーバランスとは

インテリアのカラーコーディネートは一般的に「ベースカラー」「メインカラー」「アクセントカラー」の3つを基本に決めていきます。
今回はこの3つのカラーバランスについてご紹介します。

  • 70789
  • 232
  • いいね
  • クリップ

ベースカラー

インテリアのベースとなり、床や天井・壁の色に使います。
お部屋の70%を占め、お部屋の中で一番広い部分を占めます。

メインカラー

大型家具やカーテン・ラグ・アクセント壁紙などの色に使います。
お部屋の25%を占めます。

アクセントカラー

クッションやアート・雑貨・観葉植物の色に使います。
お部屋の5%と少ないですが、空間を引き締めインテリアのポイントとなる色です。
住んでいる方の個性が最も出る色でもあります。

実際のお部屋で体感

こちらのお部屋ですとベースカラーが床や天井・壁のホワイト、メインカラーがソファやアクセント壁紙のグレー、アクセントカラーがクッションカバーのオレンジや観葉植物のグリーンとなります。

こちらは先程と同じお部屋ですが、アクセントカラーをオレンジからブルーに変えたパターンです。
アクセントカラーは簡単に変えることのできるクッションカバーや雑貨に使うと変化を楽しみやすいですね。

何もベースカラーがホワイトである必要はありません。
こちらのお部屋はベースカラーにダークブラウンを使っています。
そしてメインカラーにホワイト、アクセントカラーにブラックを使っています。

いかがでしょう?
お部屋が何となくまとまらないとお悩みの方はカラーバランスに気をつけてコーディネートしてみて下さいね。

最後までお読み頂きましてありがとうございました(^^)

  • 70789
  • 232
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード