簡単なところから"秋冬インテリア"を楽しみませんか?

外が寒くなり、家に居る時間も少し増えてくる秋冬。

家に居る時間が多いからこそ、好きな空間でいられるように、身近で簡単な所からインテリアを楽しんでみてはいかがでしょうか?
今回は、秋冬仕様なインテリアを取り入れる4つのポイントを簡単ではございますがご紹介させて下さい^ ^。

  • 13988
  • 55
  • 0
  • いいね
  • クリップ

①ドライフラワーを飾る

秋冬インテリアを取り入れる一番のおすすめ、ドライフラワー。
ドライフラワーは年中たのしめますが、やはり秋冬の落ち着いた雰囲気にピッタリだと思います。
今ではインテリアショップでも沢山の種類が販売されているので、100均のガラス瓶やコップを使用して切り花の様に飾るだけでもぐんと秋らしい印象を楽しめます。


(✳︎ドライフラワーの飾り方につきましては、過去の記事でご紹介しています。ご興味ありましたら、また覗いて下さいm(__)m)

②葉の付いていない"枝物"を飾る

夏は緑の葉がわさわさしたドウダンツツジが人気でした^ ^
秋冬の季節には、可愛らしい赤い実がつく野ばらや、吉野鈴バラはとてもクラッシックで穏やかな秋の雰囲気を楽しんで頂けると思います。

長い枝をどんと飾るも素敵ですが、切り分けた枝を小さな花瓶やジャムの瓶などに飾るのもおすすめです^ ^
小さいと、キッチンの棚や窓際、トイレにも。少しのスペースで楽しめます。

③あえて見せるファブリック

ひざ掛けをソファーに掛けてみたり。

玄関に、さらっと羽織るストールやマフラーなどを少し見えるように収納してみたり。

この季節は、ベッドにイブルを掛けています。イブルはマットにも、ひざ掛けにも、カバーにも、マルチに使えておすすめです。

ピアノがあるご家庭におススメなのが、綿や麻のファブリックを掛けること。
我が家では年中通してかけれる麻の生地をカバーとして掛けています。

存在感のあるピアノに、お気に入りのファブリックをピアノカバーとして使用することも秋インテリアのおススメです^ ^。

④色味は暖色系で統一を

ファブリックや雑貨の色味は暖色系で統一をしています。
こちらは好みもあるかと思いますが、我が家ではドライフラワーや木材にあわせて
ビビットな色味を控えることで秋らしい雰囲気を楽しんでいます。
(無地のグレージュ、茶色、赤、黒の4色が基本となっています。)


インテリア雑貨は"色味"をまとめると飾りやすいです^ ^

いかがでしたでしょうか。
家具を購入したり、マットレスを新調したり、大きく変えず、身近なところから少しでも^ ^。
秋冬インテリアを取り入れてみてはいかがでしょうか?
皆さまのインテリア作りのヒントになりましたら嬉しいです。

  • 13988
  • 55
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

子育てしながらでも楽しめるインテリア作りや、子供との楽しい時間を過ごす工夫をご紹介できればと思っております^ ^私の些細な暮らしの中で、少しでも、皆様の日常に取…

おすすめのアイデア

話題のキーワード