壁の有効活用に!「キズが超小さいフック」での傷は本当に小さく使えるものなのか検証してみました

壁の傷がとても小さいので見えにくい壁掛けフックって、本当に傷が小さいの?
ホチキスでとめるみたいだけど、表記通りの耐荷重に本当に耐えれるの?
どんなフックなの?

って思ったことありません?

  • 6781
  • 121
  • 0
  • いいね
  • クリップ

私は思っていて、存在は知っていても、使用するに至っていませんでした。

そんな時、賃貸アパートへの引越しで、「”キズが超小さいフック”を使っているよ〜!」という友人に掲載の了承を得て取材をさせてもらったので、レポートします!

どんな商品?何が入っている?

中に入っているのは、一見、通常のホチキスの針と、フックが3個です。

ホチキスの芯は、通常よりも錆びにくい「ステンレス芯」というのが違いのようです。

一般的なホチキスに入れて使うことができます。

ということで、ホチキスの本体は別で用意しなければいけません
(通常の自宅にある様なホチキスの本体で使用可能とのこと)

一方フックは、ホチキスどめをして、そのとめた部分を覆い隠す蓋となっている仕組みです。

友人宅では、壁掛け時計やカレンダー等の吊り下げに活用

賃貸住まいですと、壁に粘着性の強いフックや、釘をさしたりがとても憚られます。

ピクチャーレールなどもないと尚更、時計1つとってもどうしよう・・となってしまいますよね。

実際の穴の大きさは?

わかりますか〜?

囲まないとわからないレベルなので、枠で囲ってみます!

上下に3つずつ6つの穴が見えますか?

私は穴の小ささにびっくりしました!

穴の大きさ以上にびっくりしたのが

ホスキスでとめる箇所を全てとめると、5キロまでの荷重に耐えられるという頑丈さです。

5キロってお米・・あんなに重いものでもOKってすごいな!ってびっくりです。

実際触らせてもらったら、想像以上に固定具合がしっかりで「これなら大丈夫そう」と思いました。

また、フックでかけたいものが軽いものなら、とめる数を減らす(=穴の数を減らす)のも、自己責任にはなりますが可能だと思います。

設置手順

1、ホチキスの本体を用意し、専用の芯をホチキスに入れます。

2、ホチキスを180度に開きます。(写真参照)

3、フックをつけたい場所(壁)に、フックを当て、ホチキスどめします。

4、ホチキスをとめる際に躊躇しがちですが、思い切りいっちゃいましょう!

そうするとこんな感じになります。

5、とめ終わったら、ホチキス部分をカバーで覆うだけ。

とても短時間で簡単でした!

こんな方はぜひ!

・賃貸住まいで壁に目立つ穴が開けられない人

・持ち家だけれど新築等で壁に穴を開けたくない人

・画鋲で抑えてみても、すぐに落ちちゃう場所やものに

我が家はここにぜひ使いたい!

キッチンに家族がやったお仕事記録を書き込んだり、ゴミスケジュールが載っているカレンダー。

画鋲でとめていたらすぐに落ちてイライラするので、以来厚紙にクリップでとめて置いている状態。

これを、傷が目立たずにフックにかけれたら、機能的!

友人宅で実物を確かめたからこそ、取り入れてみよう!と思えました〜

我が家も取り入れたらまたレポします^^

  • 6781
  • 121
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード