築30年!古い店舗をリノベーションしよう!後編『扉のリメイク』

築30年を超える古い店舗をDIYを中心にリノベーションしました。
今回は古くなった扉をリメイクします!
古くなった扉を新しく買い替えるのは簡単です。でもまだ使えるものを捨てるのはもったいない!!買い替えるよりも素敵に変身した扉のリメイク方法をご紹介します。

  • 3816
  • 22
  • 0
  • いいね
  • クリップ

ペンキの剥がれた扉。

30年の間、色々なものを貼られていたであろうこの扉。
テープを剥がした際に一緒に剥がされてしまったペンキの痕。
この扉を見ているだけで歴史を感じる様な風貌です。

パテ埋めをしましょう!

まずはやすりをかけ、剥がれかけている部分は剥がしてしまいます。
続いてパテを使って、段差のある部分をフラットにします。
パテが完全に乾いたら、再度やすりをかけ凸凹のないようにしましょう。

ペンキを塗りましょう!

ペンキを塗っていきます。
この際刷毛で塗るとむらになりやすいので、ローラーを使って均一になるよう塗ります。
2~3回重ね塗りするときれいに仕上がりますよ。

モールディングを用意しましょう!

扉リメイクの必須アイテム『モールディング』を用意しましょう!
扉の大きさに合ったサイズでカットします。角を45度でカットすることがポイントです。
少し手間はかかりますが、ここは手を抜かず45度でカットしてくださいね。
カットしたら塗装しましょう。

塗装が乾いたら、扉に付けましょう。
木工用接着剤でとめた後、隠し釘を使ってとめると更に丈夫になります。

取っ手を塗装しましょう!

取っ手もリメイクしましょう!
今回はターナーのアイアンペイントを使いました。
本当の金属の様な質感の出る塗料で、アルミの取っ手が重厚感のある取っ手に変身しますよ。

リメイク扉の完成!

ビフォーを忘れてしまうくらい素敵な扉の完成です!
自分好みの色にできるのもリメイクの特権ですね。
給湯室への扉が一気に華やかに変身しました!

トイレも変わりました!

ボロボロだったトイレの扉もかっこよく変身!

こちらも元々を忘れてしまうくらいかっこいい扉になりました。

こちらのトイレ、実は元は和式でした。
年季の入った便器は、あまり座りたいとは思えないですよね。

そんなトイレは洋式に変身!
トイレの便器の工事はプロの業者さんに頼みましたが、内装は自分たちの手で!
ずっとトイレにいたくなるよな…素敵な空間へと変わりました。

これからたくさんのお客様を迎えるのが今から楽しみですね。

DIYアドバイザー末永京のブログ
【DIYで作るこどもと過ごすおうち時間】
DIYアイデアや自宅インテリアを公開中!

埼玉県川口市でインテリアと食事を楽しむ店『ToiToiToi』をオープンしました。
元工場を仲間たちとセルフリノベーションした店内はDIYのアイデアの宝庫です。
毎週さまざまなワークショップを開催しています。ぜひ体験しにいらしてくださいね。
埼玉県川口市赤山592-2 048-234-8485
定休日 不定休 11時~17時

  • 3816
  • 22
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

DIYクリエイター

DIYアドバイザーで3児の母です。埼玉県川口市にあるインテリア&カフェ『ToiToiToi』店主。お店では女性向け、お子様向けワークショップを開催。またインテリ…

おすすめのアイデア

話題のキーワード