狭小地でも開放的な空間を!公園を借景として取り入れた住まい

「K-nest」は東京都世田区の自然豊かな公園に面した、
56.35㎡(17坪)の角地の住宅です。
外部と内部との間に中間領域となるインナーバルコニーを設けることで、
プライバシーを確保しつつ、公園を借景として取り入れる計画としています。
インナーバルコニーは、内外どちらにも属さないような空間とすることで、
内部からは広がりや景色との視覚的な境界線を緩やかにつなぐ役割を果たし、
外部からの視線や騒音に対する緩衝地帯となります。
17坪の狭小地にも関わらず、開放的な空間を備える住宅となりました。

  • 3620
  • 10
  • 0
  • いいね
  • クリップ

インナーバルコニーで公園を借景に

  • 3620
  • 10
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

建築士・建築デザイナー

小さいを楽しむ小さな空間だからこそできることがあります茶室を愛してきた日本人ならではの価値観、美意識の可能性を私たちは信じています狭小住宅をつくり続けてきた私た…

おすすめのアイデア

話題のキーワード