重曹やクエン酸、汚れに塗っても弾いてしまう場合の対処法。

重曹水、クエン酸水に中性洗剤を少量咥えることで、弾かなくなります。

  • 2309
  • 24
  • 0
  • クリップ

重曹水、セスキ炭酸ソーダ水、クエン酸水、お酢水、これらは汚れに塗っても弾いてしまいます。

重曹、セスキ炭酸ソーダ、クエン酸、こえらの粉末を水で溶かし使用します。
ですが、これでは洗剤として扱いにくいです。

汚れに塗っても、弾いてしまいます。



例えば、レンジフードのフィルターの油汚れ。

アルカリ性であるセスキ炭酸ソーダを水に溶かし、洗剤として使用、刷毛やスポンジでフィルターに塗り込みます。

でも、弾いてしまう場合があります。

これだと、セスキ炭酸ソーダ水の効果が半減します。

どうしたら弾かなくなるか?

中性洗剤を、少量加えます。
これだけで、弾かなくなります。

セスキ炭酸ソーダ水に、例えばウタマロクリーナー(液体)をワンプッシュ、サラヤのヤシの実洗剤を数滴加える…これでOKです。

この二つの洗剤もナチュラル洗剤です。

ナチュラル物質である重曹、セスキ炭酸ソーダ、クエン酸などにナチュラル洗剤を加えてもナチュラル洗剤と言えますから。


重曹水、セスキ炭酸ソーダ水、クエン酸水、
これらを湿布法で使用する場合は、弾いても弾かなくても問題ありません。
中性洗剤を食わせる必要もありません。

湿布すれば、洗剤が押しつぶされて弾かなくなる場合と同じ状況になりますから。



ですが、湿布法を想定しない場合は、今回お伝えしたように中性洗剤を加え、弾かなくする工夫が必要です。

  • 2309
  • 24
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード