100均材料でも作れる☆海のハンドメイドインテリア

100均で買える材料だけでも簡単に作れる☆
お近くにセリアやダイソーはありますか?
夏らしいインテリアを飾りたいけど、大きなものを置くスペースも無いし…お金も掛けたくない。
安く売ってるインテリア小物もあるけど
誰かとかぶるのはちょっと…
そんな人にオススメ🎶
100均材料だけでも作れちゃう簡単ハンドメイド!
海のインテリア雑貨☆

友達と一緒に、お子さんと一緒に、一人で自由に。
誰かへのプレゼントにも(*^_^*)
人と被らない夏雑貨を作りましょう🎶

  • 48947
  • 899
  • 3
  • いいね
  • クリップ
今回ご紹介するのは、海辺の貝殻フレーム!

セリアで売っている木製ホワイトフレームに、
ダイソーなど数社の100均に、いっぱい入って売っている貝殻をデコレーションして、
100均でも買える大人気ハンドメイド材料"UVレジン"で海を作っちゃいます☆

このページで掲載している写真の作品は、当方イベント販売用の品物なので、100均以外の、当方が仕入れた材料も使用しておりますが、
製作過程で使う材料や代用品は、色んな100均で手に入る物ですので、
そちらも一緒に紹介していきます☆
殆どの材料はセリア、ダイソーですが、他の100均でも売ってる物は数社の100均と記載しています。
色んな100均で使えそうな物を探してみてください(*^_^*)
まず用意する物は、

木製フレーム(セリア)
貝殻(色々な形が沢山入り数社の100均)
大粒砂(ダイソー)
UVレジン(セリアやダイソー)
木工用ボンドを水で溶いてスプレーボトルに入れた物(ボンドもボトルも数社の100均で購入可能)
グルーガン(数社の100均)
小さなフェイクグリーン(セリアやダイソー)
プリンター用補充インク(ダイソー)
お弁当用シリコンカップ(数社の100均)

※(販売用なのでUVレジンは、清原の物を使用しています)
はじめに、木製フレームの底、隅っこの隙間から砂がこぼれるのを防ぐ為
溝をグルーガンで埋めるのをお勧めします。

その後、砂を底全体に薄く敷き、ボンドスプレーを満遍なく多めに吹きかけます。
乾いたら砂が動かなくなるので、その上から角だけ盛るようにして砂浜を作り、スプレー。
この時スプレーは、砂浜を集中的に大量にかけて、中の砂まで行きわたるようにします。
ボンドスプレーが乾いたら、小さめの貝殻を
サイズや位置をランダムに置いていきます。
浜から反対側は深い海の部分なので、後に濃い青になる箇所です。
大きめの貝殻を置いて水底から覗くようにしても可愛いと思います(*^_^*)
先ほど置いた貝殻の位置が決まったら、
それぞれの貝の裏にグルーガンで波波にボンドを乗せて、すぐひっくり返して決めた位置にグッと押し付けます。
貝殻を通してグルーガンボンドの熱が割と伝わってきて熱いので、厚めの手袋などをするとやり易いと思います^ ^
全部を接着し終えるとこんな感じです。
小さな貝を浜の上がりかけ部分に置いてみました。
波の境界線あたりに来ると、打ち上げられたみたいでリアルかと思います☆
いよいよ海を作ります!
100均のお弁当用シリコンカップなどに、レジンを6分目くらいまで出します。
(100均のレジンだと何本か使います)
※波波に出すと、インクを混ぜる際こぼれやすくなってやり辛いので、満タンでも8分目までにして下さい。

そこに、青色の染色剤を入れて、好みの青になるまで調節しながら混ぜます。
当方では専用染色剤を使用していますが、
ダイソーの各社プリンター用補充インクでも同様に着色できます(*^_^*)
写真で手に持っているのが、そのEPSON用です。
浜部分やフレームにつかないよう、ゆっくり流していきます。
沖の大きな貝殻には、かけても流れ落ちて色がつく程度なので大丈夫だと思います。
カップの中のレジンが全部無くなるまで入れるか、
丁度いいと思うところで止めます。
(この後もまだレジンは足します)

流し終えると、おそらく気泡が多めに残ります
エンボスヒーターなどをお持ちの方は
強くして飛ばして下さい。
お持ちでなくとも、ドライヤーの弱で
じんわり熱を当てて気泡を飛ばせます^ ^
レジンが飛び散らないように気をつけながら、爪楊枝や竹串などで、気泡を刺していくと、さらに効率的です(*^_^*)
気泡が飛んだらここで1度、硬化します。
UVレジンなので、太陽光に当てて固まります。
晴れていたら良いですが、曇りの時はだいぶ待ちます。
ライト釜がある方はそちらを使って下さい。
硬化後、アクリル絵の具やマニキュアなどで
青や緑をぼかし塗りして、
沖部分の海をより深い色にすると、
リアルになります(*^_^*)
深み出しの色が完全に乾いたら、
お好みで天然石を置いてみたり
ホログラムやラメなどを散らします。

ここでは、海に加工をするだけの工程なので、
シンプルな深い海に仕上げたい場合は必要ありません^ ^
トッピングを好きなだけ乗せたら、
そのまま上から、薄い青に着色したレジンを流します。
水を意識した、とても薄く透明感ある青にすると綺麗です( ´ ▽ ` )
ここでは先ほどのシリコンカップ8分目を2杯ほどのレジンを使います。
もう一度言いますが100均だと何本も使います(笑)
硬化させる前に、
100均でも買える葉や花が小さめのフェイクグリーンや、
アイランドモスなどを、足元だけ沈めてから固めると
珊瑚や水草のようで、見栄えも彩りも良くなるのでお勧めです(*^_^*)
グリーンがメインになるくらい多めに付けると、海×テラリウムのようで綺麗かもしれませんね^ ^
最後に好きな貝殻を バランス良く配置して
グルーガンで接着すれば完成です(*^_^*)

使用しているセリアの木製フレームには、
縦用と横用の壁かけ金具が付いているので、
壁に飾って場所を取らずに夏インテリアを楽しめます(*^◯^*)
他にも色んなアレンジをして、ハンドメイド雑貨を作ってみて下さい(*^_^*)

最後までご覧頂きありがとうございました( ´ ▽ ` )ノ

LunoSphere-ルノースフィア 寺西やなぎ
  • 48947
  • 899
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

アーティスト・職人

LunoSphereールノースフィアでは、ハンドメイドアクセサリー、かんざし、小さなインテリア雑貨などを製作しています。■お知らせ■【5/28(土)横浜ハンドメ…

おすすめのアイデア

話題のキーワード