E邸-築50年、渋谷駅から徒歩6分の場所に「自分の城をつくる」

Eさんはバリバリと仕事をしている女性。自分の城をつくる!という夢を実現したのは、渋谷駅からほど近い築50年の中古マンションです。

リノベーションをする際のご希望は、まず「日常生活のスイッチが入るような空間にする」ということ。そこで、部屋の中央でパブリック(LDK)とプライベート(寝室水回り)の空間に分け、パブリックは真っ白に、プライベートは青や赤をベースにペイントすることにしました。

部屋の中央には、アメリカのトレンディ・ドラマにあるような大きなクローゼットを造ることに。内側はピンク、外側の寝室はブルーにペイント。昔のソニア リキエルのカラーリングからインスピレーションを得ました。ちなみに、真っ白なリビングに置いたカーペットは、中国でご自身が買ってきたもの。Eさんがアジアやモロッコなど、あちこち旅をしてきた感性がお部屋の色彩や所々に置かれた雑貨に生かされている住まいです。

  • 2117
  • 11
  • 0
  • いいね
  • クリップ
アーチの扉の奥がプライベートスペース
白をベースにしたシンプルなLDK。窓枠にお気に入りの色を取り入れた
シンクとひと続きのダイニングテーブル。作業がしやすいよう一段下がっている
半円型のクローゼットはピンクの壁
プライベートスペースから、アーチ扉を見る
寝室の壁にはEさんが好きな濃いブルーを使った
浴室にはオーバーヘッドシャワーを設置。コンパクトなため一部の壁を鏡に
洗面のタイルは青。壁は淡いブルー
玄関脇には大容量の収納
  • 2117
  • 11
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード