神戸一有名なイルミネーション「神戸ルミナリエ」完全ガイド2018

この2018年に24回目の開催を迎える、神戸一有名なイルミネーション「神戸ルミナリエ」。初めてでも存分に楽しめるよう、開催期間や会場へのアクセス、混雑状況をはじめ、穴場スポットや周辺宿泊施設、知られざる「ルミナリエ」の歴史など、気になる情報を詳しく解説します!

  • 250
  • 6
  • 0
  • クリップ

日本でも有数のイルミネーション「神戸ルミナリエ」

1995年の12月にスタートし、今年で24回目を迎えるイベント「神戸ルミナリエ」。昨年(2017年)は約340万人もの来場者が訪れた、日本有数の規模を誇るイルミネーションです。

そんな一大イベントが、今年も開催決定!

この2018年は、兵庫県政150周年に当たる節目の年。そんな記念すべき年にふさわしい、昨年以上に充実した作品が展示されるそう。作品に使用される電球数も、昨年が約40万個だったのに対し約51万個(すべてLED電球)と大幅アップが予定されています。

「神戸ルミナリエ」2018年の開催場所・アクセスは?

2018年の神戸ルミナリエの開催場所は、例年と同じく「旧外国人居留地および東遊園地」。アクセスは、「JR元町駅」または「阪神元町駅」からとなっています。

神戸ルミナリエは基本的に一方通行のイベント。スタート地点の元町駅から、美しいアーチ型イルミネーションのかかる「仲町通り」を抜け、兵庫五国をイメージした壮大な作品の待ち構える「東遊園地」へと到達します。帰りの際はそのまま流れに乗って「JR三ノ宮駅」または「阪神・阪急電車三宮駅」を利用するのが基本。

会場の最寄は三宮駅ですが、スタート地点は元町駅です! 間違えないよう気をつけてくださいね。

また、会場は市街中心地にあるため、車でのアクセスはオススメしません。どうしても車で訪れる必要がある場合は、会場から1駅〜2駅ほど離れたエリアのコインパーキングなどに停めるといいでしょう。

「神戸ルミナリエ」2018年の開催期間・点灯時間

【開催期間】
●2018年12月7日(金)~2018年12月16日(日)

【点灯時間】
●月曜日~木曜日 18:00~21:30
●金曜日 18:00~22:00
●土曜日 17:00~22:00
●日曜日 17:00~21:30

開催期間は10日間。週末を2回挟むため、遠方からでも比較的訪れやすいスケジュールになっています。ただしクリスマスまでは開催されていないので注意!

点灯時間は曜日によって異なるほか、混雑度合いによっては開始時間が30分ほど前倒しになる場合もあります。時間をしっかりチェックした上で、余裕を持って行動しましょう。

「神戸ルミナリエ」が一番混雑する時間帯は? いつなら空いてる?

例年、神戸ルミナリエが最も混雑するのは「点灯する瞬間」です。つまり、月〜金曜日は18時前後、土日は17時前後ということになります。

しかし先述の通り、混雑の度合いによっては点灯が30分ほど前倒しになることも。土日は例年とくに混雑するため、前倒しの可能性が高まります。「絶対に点灯する瞬間が見たい!」という方は、早めの到着を心がけましょう。

もし混雑を避けてゆったりと鑑賞したい場合は、土日を避けるか、20時以降に訪れるのがオススメ。とくに初日と月曜日は、例年空いている傾向にあるようです。

「神戸ルミナリエ」の穴場スポットが知りたい!

かなり混雑する神戸ルミナリエですが、穴場鑑賞スポットがあるのをご存知ですか?

その場所は、なんと神戸市役所。市役所1号館の24階にある展望ロビーから、会場をきれいに見渡すことができるんです!

多少の混雑はありますが、地上ほどではありません。地上から見上げるルミナリエも圧巻ですが、上から見下ろすルミナリエにもまた違った美しさがありますよ。

ホテル宿泊なら「神戸ルミナリエ」セットプランがお得!

神戸ルミナリエ開催に伴って、お得な特別宿泊プランを用意しているホテル・旅館もあります。遠方からの来訪等で現地宿泊を考えているなら、こういった特別プランを活用するのが吉!

こちらは〔神戸ポートピアホテル〕のルミナリエ開催記念プラン。なんと素泊まりなら2人で1泊11,240円(税抜)という破格設定! しかもホテルからルミナリエまでの無料往路バス(所要時間約15分)や、ルミナリエグッズ引換券まで付いてきたりととってもお得。

●料金:素泊まり 2名で 11,240円(税抜)~
●住所:兵庫県神戸市中央区港島中町6丁目10番地1
●TEL:078-302-1111
●アクセス:三宮駅、新神戸駅から無料シャトルバスあり、ホテルからルミナリエ会場付近への無料往路バスあり

お部屋からの美しい景色が評判の〔神戸メリケンパークオリエンタルホテル〕からも、ルミナリエ開催記念特別宿泊プランが登場! 会場まで徒歩15分とアクセスの良い立地なので、好きなタイミングで気軽に会場へと向かえます。朝食ではシェフが目の前で調理する絶品フレンチトーストを楽しんで。

●料金:朝食付 2名で 17,314円(税抜)~
●住所:兵庫県神戸市中央区波止場町5-6
●TEL:078-325-8111
●アクセス:JR・阪神「元町駅」より、徒歩約15分、地下鉄海岸線「みなと元町駅」出口2番より、徒歩約8分

美しいイルミネーションのあとには、温かい温泉で体の芯から温まる……そんなぜいたくな1日を過ごしたいあなたには、〔有馬温泉 欽山〕の特別プランがオススメ。和定食(全9品)の料亭旅館らしい朝食付きです。日本最古の湯として名高い有馬温泉で、安らぎのひとときをどうぞ。

●料金:朝食付 2名で 36,000円(税抜)~
●住所:兵庫県神戸市北区有馬町1302-4
●TEL:078-904-0701
●アクセス:三宮より電車で35分、バスで45分、タクシーで30分

思いが詰まった「神戸ルミナリエ」の歴史

ここまでご紹介してきた神戸ルミナリエ。このイベントの開催に当たって、神戸の方々のさまざまな思いが託されていることをご存知でしょうか。

今からさかのぼること23年、1995年12月。同年1月に襲った阪神淡路大震災で甚大な被害を受けた神戸は、まだ復興への道筋を歩んでいる最中でした。そんな中、震災の犠牲となった方々への鎮魂の送り火として、また都市の復興・再生への夢と希望を託して、ルミナリエの光が灯されました。

以来神戸ルミナリエは、震災の記憶を次の世代に語り継ぎ、神戸の希望を象徴する行事として毎年開催され、神戸の冬の風物詩として親しまれています。

ルミナリエが生まれた背景を知った上で眺める光は、また違って見えてくるかもしれませんね。

2018年の冬は「神戸ルミナリエ」を観に出かけよう!

今年で24回目を迎える神戸ルミナリエ。ライトアップの美しさはもちろん、開催に込められた思いも多くの人を惹きつける、とてもすてきなイベントです。

これまでに行ったことがある方も、まだない方も、はたまたこれまで知らなかったという方も、ぜひこの冬は神戸ルミナリエに足を運んでみてはいかがですか? きっと冬のすてきな思い出に残るはず。


LIMIAからのお知らせ

驚きの価格!最大70%OFF!
国内格安航空券ならスカイチケット!

  • 250
  • 6
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード