開運インテリアで2018年をリセット!2019年の金運、愛情運、健康運を高めるお部屋コーディネート術

2018年も残すところあと2か月弱。この約2か月を使って部屋をリセットし、運気の良いインテリアにしておくと、2018年の厄落としになり、2019年がぐんとハッピーになるって知っていましたか? そんな開運インテリアづくりを、裏ホロスコープ考案者で開運ライフスタイルに詳しい、流光七奈先生に教えていただきました。

  • 42850
  • 316
  • 0
  • いいね
  • クリップ

2018年はこんな年でした

まず、2018年の世の中がどんな運勢だったのか、流光先生に振り返っていただきました。

「2018年は、人間関係で大きな動きがあった人が多かった年でした。それは、発展や緩和の星とされる木星に、心理や真実の愛を意味する蠍座が入ってきたことで、自分自身を見つめ直す機会が訪れ、それにより、付き合う人や関係性が変化するという、運気の影響によるものでした。多くの出会いや再会、別れ、復縁など、これまで以上に人の動きが活発だったと思います」

それにより、苦しい別れを経験した人も多かった年、と先生。でもそれは、次の幸せに進むために必要な縁切りだったそうです。

「2018年のキーワードは、“拡大と成長”で、幸運期でした。この年に切れたご縁は、自分にとって必要のなくなったご縁です。古いご縁が終わり、新たに築かれた良縁によって、目標や夢に向かって一気に加速できるような時でした。ただ、全力で駆け抜けるような一年だった人も多く、やりきった感がある半面、燃え尽き症候群のような感覚があるかもしれません」

2019年はこんな年になります

2019年も、引き続き幸運期が続くそうです。

「2019年は、木星にエネルギッシュな射手座が移動してきます。幸運期という意味では引き続き良い状態が続き、世の中は、景気の上昇や安定が期待できます。

2018年が主に人間関係というソフト面での幸運期だとしたら、2019年は、生活や経済面にダイレクトに響いてくる、ハード面の充実が予想されます。東京オリンピックや、平成の次の時代の始まりがあり、人々の気持ちも明るく、暮らしへの期待度は増していくことでしょう。2019年は、自分らしく過ごせ、チャンスもいっぱいの年になります」

そのためにも、不必要なものを年内にしっかりリセットし、2019年はエネルギッシュな運気を取り込むことが必要なのだそうです。そこで、金運や愛情運などの気になる運勢別に、リセットと開運ができるインテリアを教えていただきました。

2018年の開運リセット 金運編

「2018年の金運キーワードは、“生きたお金の使い方”でした。人間関係の幸運年でしたので、人との交流にお金を使った人ほど、良い仕事や人間関係につながり、絆も深まったと思います。総じて、“お金よりも生きがいや人との繋がりが大切よね!” と感じられた年でした」

そして2019年は、よりいっそうお金の使い方を考える年になるそうです。

「一攫千金を狙うより、手堅くコツコツの年です。ギャンブル性の高い投資は、慣れない人は避けた方が無難です。2019年は金運が上昇し、景気も上がってくることになりそうなので、これまで以上のベースアップが期待できます。不動産も良い条件が揃いやすく、購入に適した運気です」

金運が良いと思うと、つい宝くじなどの「一攫千金」を狙ってしまいがちなので、ギラギラした金欲を抑えるインテリアにすることが、開運につながるそうです。

「リビングのクッションカバーをアイボリーなどのアーシーカラーに変えてみると、興奮していた気持ちが穏やかになります。ブルーやグリーン系は、金運を下げるため、おすすめできません。グリーンでも、観葉植物は良いでしょう。部屋の南側に置くのがベストです」

2018年の開運リセット 愛情運編

続いて、愛情運についてお聞きしました。

「2018年は、“本物の愛” を考える星回りでした。これにより、結婚を決意した人も、長年のパートナーとの別離を選んだ人も多かったことでしょう。それは、“ひとつの時代が終わり次のステージに進む運気”だったからです。

また、家庭内ではパートナーと衝突しやすい環境がありました。2019年は、家族間のゴタゴタが落ち着く傾向にあります。パートナーとの関係を見直し、別れではなくやり直すことを選ぶ人も増えそうです。仕方がなくやり直すのではなく、誤解が解けてお互いの気持ちが一致しはじめる感じです。夫婦関係が良好になり、お互いの日々の幸せを感謝し、家族の将来を守る決断ができるでしょう」

良好な家族関係づくりにも、インテリアのリセットは有効だそうです。

「パートナーとの関係を落ち着いた心地の良いものにするためには、寝室の照明を間接照明にすることをおすすめします。寝室はゆったりリラックスして、一日の疲れを癒す場所です。しっかり気持ちを安定させるためには、直接的に目に入る照明を避け、体全体で受け止められるような柔らかい光が良いです。キャンドルライトも、運気アップにはオススメです。

また、シーツやピローケースの色を、ホワイト系でなく暖色系にすると、愛が深まります。ただし、オレンジや赤、ビビッドな色は関係がうまくいっている人向き。他の相手に気持ちが移りやすくなる色なので、これから関係改善したい人は、はっきりとした発色を避け、やわらかい色合いの暖色系を選んでください。妊活中の人は、洗面所やトイレにピンク系の生花を置くと、良い運気が巡ってきやすくなりますよ」

2018年の開運リセット 健康運編

最後に、健康運をアップする開運リセット術も教えていただきました。

「2018年は、とにかく蠍座の影響が強い星回りでした。蠍座は生命を司る“水”の星座の代表格なので、これまでに健康面で問題があった人は、落ち着き始める運気でした。しかしながら、まだ完璧に回復したとは言えない、もやもや状態です。とくに婦人科系のトラブルは、すっきりしてはいないと思います。

ですが、2019年に“火”の代表格である射手座が巡ってきますので、体調に慢性的な問題を抱えていた人ほど、回復や爽快感を得やすくなります。忙しくて自分の体をいたわれなかった人は、2019年は生活習慣リセットにおすすめの年です。健康な人も、バランスの取れた食事や、オンオフのメリハリのついた生活を心がけると元気で楽しく1年を過ごすことができますよ」

健康運アップの開運リセット術は、

「季節のフルーツをオシャレなボウルに入れ、ダイニングテーブルに飾っておきましょう。食卓をカラフルに飾ることで、気持ちが明るくなり、良い運気を寄せやすくなるという、風水的な意味があります。また、視界で季節感を感じ取ることも、運気リセットには大切なことです」

フルーツボウルなら、見た目にも可愛く華やかで、ビタミンも取れるので一石二鳥です。あわせて、お部屋のテーマカラーについてもお聞きしました。

「お部屋は、通常ならブルーやグリーンなど落ち着くものをおすすめしますが、2019年に関しては、“火” をイメージできる暖色系の色が運気を良くしてくれます。全体的に色合いを変えることが難しい場合は、ワンポイントで赤系の色を入れましょう(ただしビビッドな赤はベッドルーム以外で)。

とくに、トイレや洗面所には、明るい色のものを取り入れてください。歯ブラシやコップをカラフルなものにすると、虫歯や歯周病になりにくくなりますよ。また、入浴剤を使う場合は、ヒノキやラベンダー系の香りが心身を安定させてくれます」

カラフルなコップで虫歯や歯周病対策なんて、面白い! 子どもも喜びますね。2019年の開運インテリアは、なかなかカラフルなお部屋になりそうですが、これでより良い1年になるなら、試す価値ありですね。


LIMIAからのお知らせ

無印良品の商品がLOHACOで買えちゃいます!
期間限定商品やTポイント10倍キャンペーンなどおトクな情報満載!

  • 42850
  • 316
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード