狭小地でも光あふれる開放的な住まい!階段をズラして生まれたスキップフロアの吹抜け空間

愛知県名古屋市、74.65㎡(22坪)の狭小地に「SHS」は建設されました。木造3階建てのボリュームの中に、スキップフロアを採用。階段を上に重ねず、ずらしていくことで階段上部の吹抜けを空へと繋ぐことができました。階段をずらすデザインにより、表と裏の空間が生まれ、表は開放的な空間、裏は収納やバックヤードの空間として明確に分かれた間取りとなっています。土地探しからCOHACOスタッフが同行することで、土地の価格を抑えながら、気持ちの良い住宅が完成しました。

  • 2585
  • 11
  • 0
  • いいね
  • クリップ

階段をズラすことで生まれた空間

階段の内と外でプライベートとパブリックをわける

ルーフバルコニーに面した明るい洗面室

  • 2585
  • 11
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

建築士・建築デザイナー

小さいを楽しむ小さな空間だからこそできることがあります茶室を愛してきた日本人ならではの価値観、美意識の可能性を私たちは信じています狭小住宅をつくり続けてきた私た…

おすすめのアイデア

話題のキーワード