引越し前に考えたい!ママの家事を楽にする洗面所の収納3つの工夫

洗面所は洗濯したり、メイクしたり、子どもをお風呂に入れたり、コンパクトな場所にもかかわらず、たくさんの役目があります。だからこそ、収納の工夫次第で家事を楽にしてくれる場所。



今回は我が家が「洗濯」「入浴」「オシャレ」と収納を工夫している3つのシーンをご紹介します。

  • 42837
  • 156
  • 5
  • いいね
  • クリップ

洗濯物を立ったまま干せるハンガー収納

マンション購入の決め手になるほど、以前から取り付けたかった洗濯機上の収納棚。
ここにはハンガーを収納しており洗濯物を立ったまま干しています。
洗濯物も取り込む時も脱衣所だから、リビングに洗濯物の山をつくることもありません。
立ったままなら、家事の合間にちょこちょこっと畳めるので楽チンですよ。

パジャマもタオルも収められるリネン棚

畳んだ洗濯物を脱衣所に収められると、部屋の移動が無くて楽チンです。パジャマもタオルもリネン棚に収められると、
洗濯を干す→取り込む→畳む→仕舞う→使う

ここですべてが完結できるのです。

アクセサリーもさっと収めてさっと取り付ける

鏡裏に収納が用意されているお部屋も増えてきました。
どんなものを収納されていますか?

我が家はアクセサリーの一時置き場に使っています。
アクセサリーボックス本体はクローゼットにありますが、小さい子どもがいる今、お出かけ前後でクローゼットまで移動して、アクセサリーを選んだり収めたりする余裕がありません。

洗面所ならば必ず通る場所ですし、
出かける前にメイクしながら取り付け、
帰宅時に手洗いしながら外せます。

絡まらないように、発泡スチロール板に差し込んで俯瞰できるように工夫しています。

育休ママの引越しは復帰した時の暮らしも視野に入れておきたいもの。
引越し前から家事動線を考えておくと、入居後の生活がとっても楽チンになりますよ。

  • 42837
  • 156
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード