柴崎町のコートハウス

北側に高崎駅につながる拡幅されたばかりの交通量の多い国道が通り、周辺は農地が広がるものの将来的にも廻りの視線が気になる敷地に、プライバシーを確保しつつ明るく開放的な住空間を提案。
国道の通る北側棟は閉鎖的に、農地の広がる南側棟は開放的に計画し、ふたつの建物を中庭を挟んで配置。中庭わきの目隠し格子や窓の配置によりプライバシーを確保しつつ、リズミカルに等間隔に配した大開口により光と風を取り込み、中庭を効果的に計画することで家全体を明るく開放的な住空間を実現した。
そこに住まう家族にあった収納をしっかり話し合い計画、キッチンとバスルームとをガラス屋根を架けた物干し場で繋ぐなど、共働きご夫婦のための家事動線もひと工夫。LDKはもちろん、ご主人の一日の疲れを癒す晩酌スペースや3m超のカウンターを持ち家族で並び座ることも可能な通路を兼ねたスタディースペースなど、中庭廻りにいつでも家族が感じられるような住まいを提案。建築や建具はもちろん、県内で活動する木工作家・鉄作家との共作の家具など手仕事にこだわり、共働きご夫婦のためのシンプルに楽しめる住空間を目指した。

  • 852
  • 4
  • 0
  • いいね
  • クリップ
  • 852
  • 4
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

建築士・建築デザイナー

田中伸明(主宰)1972年群馬県中之条町生まれ。1995年東洋大学工学部建築学科卒業。1998年ATELIER N設立。「’00 TOTOリモデルコンテスト」全…

おすすめのアイデア

話題のキーワード