狭小地を感じさせない明るい空間!

東京都江戸川区の41.84㎡(12坪)の狭小地に、
木造3階建ての「Rin」は建設されました。

外観デザインのルーバーは、周囲の視線を遮りながら
室内に光を取り入れる役目を果たしています。

さらに、前庭に向けて開口を設けることで室内の広がりを生み、
狭小地を感じさせない明るい空間を作ります。

また、収納スペースを1階のファミリークローゼットにまとめ、
メリハリのある使いやすい間取りになりました。

  • 2608
  • 14
  • 0
  • いいね
  • クリップ
  • 2608
  • 14
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

建築士・建築デザイナー

小さいを楽しむ小さな空間だからこそできることがあります茶室を愛してきた日本人ならではの価値観、美意識の可能性を私たちは信じています狭小住宅をつくり続けてきた私た…

おすすめのアイデア

話題のキーワード