【現状回復DIY】でキッチンを模様替え♪

シールを貼るだけで手軽にキッチンの模様替えができちゃいます。

  • 129356
  • 644
  • 5
  • いいね
  • クリップ

シールを貼るだけで、キッチンを素敵に模様替えしてみませんか?

我が家のキッチンの床はテラコッタタイル風のクッションフロアを貼っていました。

当時は可愛らしいインテリアが好みだったのでこれにしたんですが、好みが変わり今はちょっと落ち着いたカフェ風のインテリアにしたくなりDIYでセルフリノベすることにしました。

セルフリノベと言っても、使用したリメイクシートやフロアシートは裏がシール状になっていて大きさを合わせたら剥離紙をはがして貼るだけ。とっても簡単にできちゃいます。

今回は床とIHコンロまわりも変えてみました。

床にはdreamstickerのフロアシートRSF21ヘリンボーン、コンロまわりにはセリアのタイル風リメイクシートを使いました。

こちらがフロアシートRSF21(写真上)そしてリノベーションする前のテラコッタタイル風クッションフロア(写真下)です

元々の床はこんな感じでした。このクッションフロアの上に重ねてフロアシートを貼っていきます。

フロアシートを貼っていきます

本来なら貼る前にサイズを測ってシートをカットし貼って行った方がいいんでしょうが、我が家は勝手口があったり造り付け収納があったりなかったりして割とデコボコが多いので、私は貼りながらデコボコに合わせてその部分をカットしていきました。デコボコがあまりない床でしたらカットを先にした方が貼りやすいと思います。

こんな風にデコボコ部分をカットしていきます。

フロアシートは適度な硬さがあり、あまり空気が入ったりすることなく貼りやすかったです。

ただ、粘着力もかなりあるので貼り直しすると結構な力で引っ張るようになってしまいシートが伸びて空気が入りやすくなるので少しずつ剥離紙をはがしながら貼って行くとキレイに貼れました。

床下収納庫の扉の貼り方

我が家はデコボコが多い上になんと床下収納庫が(T ^ T)余分なフロアシートはなかったので失敗したら大変!貼る前はキレイに貼れるか不安でしたが貼ってみたら意外と大丈夫でした。

床下収納の枠部分のフロアシートにカッターで切り込みを入れ、はさみでカットしていきます。

カットする位置は矢印のところです。

下の写真の矢印のところでカットしてしまうと、枠が盛り上がっている分シートがズレてキレイに枠に沿ってカット出来ないので、最初に少し大きめにカットしてそのあと定規などをあて、枠にピッタリ密着させてからさらに余分な部分をカットしていきます。

キレイに貼れると気持ちいいですね。

そしてまたデコボコ部分をカットしながら貼って行き床のリノベーションは終了です!

コンロまわりにリメイクシートを貼ります

すみません。リメイクシートの作業工程の写真がこれしかありませんでした(^_^;)

電気のスイッチ部分。

枠をはずしたらスイッチ部分に沿ってハサミでカットしていきます。

キレイにカットしなくても枠で隠れるので大丈夫です。

枠はマイナスドライバーなどで簡単にはずれます。

平らな部分は空気を抜きながら少しずつ貼っていきます。

剥離紙を全部剥がしてからだと貼りづらいので貼りながらはがしていったほうがやりやすいです。

私は柄合わせをしましたが気にならない方はやらなくてもいいと思います。

柄合わせをする時は同じ柄部分のシートとシートを重ねて貼り、重なったシートの上から定規などあてながら二枚一緒にカッターでカットし余分な部分を剥がすとつなぎ目がわからなくなりました。

リメイクシートを貼ったところ。

あまり説明が上手じゃなくてスミマセン(^^;;

貼る前はただの真っ白なパネルでしたが、このシート100均なのに結構リアルで貼った後雰囲気がかなり変わりました。

タイル風リメイクシートのおかげでキッチンツールも映える♡

キッチンに立つのが楽しいです。料理しながら床や壁を何度も眺めてはニヤニヤしてしまいます(笑)

いかがでしたか?

料理が苦手だったり面倒に感じた時は、こうして雰囲気変えると楽しくなるかも知れませんね(^^)

最後までお読みいただきありがとうございました。

  • 129356
  • 644
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

DIYが大好きで、築17年のおうちを使いやすくするため、日々試行錯誤しています*整理収納について勉強中*家族+2ワンコと、まったりゆるりと暮らしています

おすすめ

話題のキーワード