仕事に趣味に…フリースタイルで楽しむ「玄関」リノベ!

リノベーションでこれまでのお家より拡げたい場所といえば…?実は、LDKの次に「玄関」という例が多いんです。外とつながる玄関は、趣味や仕事など、パブリックな活動の拠点として便利な場所。天候の影響を受けることなく、土足でするDIYなどにも向いています。玄関を広げて有効活用しているリノベのアイデアを集めてみました。

  • 4882
  • 18
  • 0
  • いいね
  • クリップ

玄関側の一室を土間に!大胆なようで王道パターン

玄関横の洋室の半分を土間スペースにしました。趣味の自転車はもちろん、工具や外出時のコートやジャケットなどもここに収納。壁を合板で仕上げたので、オーナーさんが後から自由に棚をつけたりカスタマイズして使えます。マンションではよくある玄関すぐ横の個室は、日当たりが悪かったり、外廊下側に窓があって活用しづらいことも。このように大胆に土間スペースにしてしまうことで、使い勝手が大幅に向上します。

入った瞬間、趣味人なことが分かってしまう楽しい玄関

同じように、マンションの玄関側の洋室を土間収納にした例です。右が共用廊下側の窓、手前に玄関ドアがあります。左側の室内窓とつながるのは趣味室。3DKを1LDKにリノベして、趣味を楽しむ贅沢な空間をつくり上げました。無造作に置かれた道具や、インテリアの男前感もかっこいいですね。アウトドア好きの男性にうらやましがられそうなお部屋です。

「おかえり」「ただいま」が気軽に言い合える玄関

玄関を広げて、キッチンと内窓でつなげました。ちょうどキッチンのシンク前に立つと目の前が内窓です。
「いってきま~す!」「いってらっしゃい、気を付けてね」なんて、キッチンにいるママと子どもの会話が聞こえてきそう。

家族の遊び場♪トレーニングもできる玄関土間

日当たりが悪く、ほとんど使われていなかった1階の和室を玄関に取り込んで、玄関土間とフリースペースに。
趣味の自転車を壁にかけたいというご希望があったため、壁の下地のみスタイル工房が施工。ポールはオーナーさんがご自身で取り付けました。奥は大容量の納戸になっています。

LDKと一体化して、ペレットストーブ置き場にも

最初2階リビングを希望していましたが、予算などを考慮してLDKは1階のまま、間仕切り壁を外して大空間に。
南側の窓を広げて日差しを取り込み、玄関や階段の位置を変えることで開放感と明るさを実現しました。
1階は全体をワンルームにして、玄関を入るとすぐに土間からリビングへとつながります。

自宅でお仕事する人にオススメ「玄関事務所」

こちらは一戸建ての土間スペース。明るい2階いっぱいにLDKをとり、1階を土間と家族の個室に。自宅でもお仕事をするオーナーさんが、機材を置いたりパソコンに向かえるスペースも設けました。将来の子ども部屋や、家族の寝室として使う和室には、土間からそのまま入ることができます。建具で仕切って個室にしたり、開けて土間からつながる大空間を楽しむことも。フレキシブルに使えるのも土間空間の魅力ですね。

まとめ

「土間」というと、少し前までは大きな農家や日本家屋にあるイメージでしたが、今は戸建てだけでなく、マンションにも多く取り入れられています。使い方も、内と外の中継地点として、趣味や仕事や没頭するための場所として便利なのが分かっていただけたのではないでしょうか。しかし、どのお家も最初から土間ありきではなく、お家でやりたいことやリノベで実現したいことを追求した結果、土間という手段にたどり着いています。プランナーとの打ち合わせでは、ぜひ住まいの夢を語ってみてください!それによって、家の中のデッドスペースが、すみずみまで魅力的な「居場所」に生まれ変わります。

【設計・施工】

株式会社 スタイル工房
【浜田山店】東京都杉並区成田西3-2-4 K&3ビル1階(火・水定休)
【南青山店】東京都港区南青山1-17-13 大青コーポ 2F(火・水定休)
【横浜店】横浜市都筑区仲町台2-1-9せせらぎハイツ1階(火・水定休)
【リノベーションギャラリー】東京都杉並区梅里1-7-17 k&2ビル3F(火・水定休)
 完全ご予約制。ご予約は浜田山店までご連絡下さい。
tel.0120-587-250   http://www.stylekoubou.com

  • 4882
  • 18
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

リノベーション会社

スタイル工房は、東京・神奈川(※)でリフォーム・リノベーション・新築を行う、設計・施工会社です。スタイル工房のスタンダードは、「肩肘はらず、ありのままに、くらし…

おすすめ

話題のキーワード