ウィービングであったかい毛糸のマット完成しました。

他の方の作品が素敵だったので、真似してオリジナルマットを製作しました。

  • 11489
  • 196
  • 0
  • いいね
  • クリップ

参考にさせて頂いたアイディアはこちら✨
素敵です…✨

右上の角部分を1ヶ所あけた溝以外の部分にセットしてしまい、偶数になってしまってます。これは間違いです。奇数になるように溝を入れてください。

丸い土台を作るのが面倒だったので、カラーボードを正方形に(45×45)に切り、5cmずつ切れ込みを入れました。

切れ込みが奇数でないといけないとのことだったので、1か所だけ、角を切込みから切込みへ斜めにカットして切込みを2個減らし、斜めに出来た辺の真ん中に1個切込みを入れて調節しました。

8+8+7+7+1で31ヶ所の切り込みが出来ました。

最初は真面目に1本ずつ編んでましたが、選んだ毛糸が細いこともあり、途中から2本どり→3本どり→4本どりと、どんどん1度に通す毛糸の本数が多くなりましたが、特に問題もなく。

紐通しがなかったので、毛糸についていた巻紙を適当に細長く折り、マステで数箇所止めてなんちゃって糸通し作成。

糸かえの際に結び目が出来ますが、それも一緒に織り込んでいきました。
結ばずに新旧の糸をねじってそのまま織り込んだりしてもいいかもしれません。

最初はなかなか丸くなりませんでしたが、ふわふわの毛糸を2本どりや4本どりで編んで行くうちに、ギュッと詰めずに、通したらまぁ上までたるまずに上がったくらいで止めておけばいいと気づき、そこからはやや緩めに編んでいきました。

最初に編んでいた毛糸に再度チェンジ。

2時間で直径20cmくらい編めました。
ここからの色合わせに悩みます…

お手製の紙製糸通しがなかなか便利で、編まない時は折って引っ掛けておけば勝手に抜けたりすることも無く、意外と使える子でした。

お手製紐通し、折って引っ掛けておけば勝手に糸が抜けることもなく、意外と使えました。

今回は細い毛糸メインなので時間がかかっていますが、普通の太さの毛糸1玉あれば1~2時間くらいで鍋式くらいのサイズが作れそうです。

完成しました。
猫達にちょうどいいサイズなのですが、不評だったので椅子用のマットにしたいと思います。結構ゆるめになってしまいましたが、肉厚なのでクッション性もあり、あったかいです。

このサイズ(直径40cm程)で使った毛糸は
細い白い毛糸2玉
黄色の太い毛糸1玉
白いふわふわの毛糸1玉
ベージュの普通の毛糸少し
(各108円)で、かかったお金は合計500円でした。

色違いで2個目。
ちょっと地味になりすぎたので、太い毛糸をねじったりくぐらせたりして編み方を変えてみました。
こちらは400円分の毛糸で出来ました。

3個目。2時間のスペシャル番組を見ながら手遊び感覚で編みました。
ベージュと白い細い毛糸、216円分です。透かし編みっぽくなっている所だけくぐらせて編み方を変え、他はねじったり三つ編みを混ぜたりしているだけです。

  • 11489
  • 196
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

元保護ねこ2匹(10歳)と暮らしています。ちょこっとだけDIYやリメイク。キレイにとかかっこよく飾りたい!というのにはほとんど興味ないですが、自分が快適に生活し…

おすすめのアイデア

話題のキーワード