和室を洋室に!リフォームする上でのポイントなどまとめ

今回は、和室から洋室へのリフォームについてまとめました。和室は、日本人にとって、とても落ち着く空間ですが、生活スタイルの変化で、使われなくなってきています。和室を持て余している方、思い切って、和室を使いやすい洋室にリフォームしてはいかがでしょうか?

  • 17782
  • 245
  • 10
  • いいね
  • クリップ

和室から洋室へのリフォームにおけるメリットとデメリット

洋室には、和室にないメリットがたくさんあります。しかし、一方で和室とは異なるデメリットもあります。リフォーム後に「こんなはずではなかった」と後悔しないためにも、和室から洋室へとリフォームした際に生じるメリットとデメリットを知っておきましょう。

和室から洋室にリフォームするメリット

洋室のメリットの一つには、床の材質が傷つきにくいことがまず挙げられます。和室で生活していると、重い家具などを置いたときに畳に跡がついてしまった経験がある方もいるのではないでしょうか?

それは、和室がベッドやソファなどの重い家具の設置を念頭に置いていないためです。洋室の場合は家具を置くことを前提に作られているので、床が傷つきにくく家具などを自由に設置することができます。

収納が使いやすいことも、洋室のメリットです。和室の場合、収納スペースである押入れは、布団などの寝具や座布団などの収納を前提にしているためハンガー掛けがなく、丈の長い洋服などの収納には別途タンスが必要になります。押入れをクローゼットに替えることで洋服の収納が容易になるほか、タンスを使わなくなれば居住空間をより広く使うことができるようになります。

手入れがしやすいことも、洋室のメリットです。和室に用いられる畳や襖、土壁などはメンテナンスや掃除が大変で気を遣いますが、洋室のフローリングや窓は掃除機や雑巾で簡単に手入れができるので清潔な状態を保つことが容易です。

和室から洋室にリフォームするデメリット

畳には保温効果や湿度の自動調整効果があるといわれています。また、一般に樹木の匂いとして知られるフィトンチッドが畳にも含まれており、自宅に居ながら森林浴同様のリラックス効果を得ることができます。畳をフローリングに替えてしまうと、それらの効果は得られなくなります。

直接床に座ったり寝転んだりできるのも、和室の畳ならではの良さです。フローリングの床は固いので、座ったり寝転んだりするのには適していません。また、フローリングには足音や話し声、家材の出す音などの生活音が下の階に響きやすいというデメリットもあります。特に、集合住宅にお住まいの方はリフォーム時に防音対策が必要になることもあります。

和室から洋室へのリフォームで大切な4つのポイント

和室から洋室へとリフォームする際に気を付けるべきポイントを、まとめました。リフォームをご検討の際に、参考にしていただければ幸いです。

ポイント1.床の張り替え

和室から洋室へとリフォームするとき、ほぼ確実に手を加える必要があるのが床です。主に畳をフローリングに張り替えるケースが主流ですが、和室の下地に組まれた根太は、もともと畳の強度を想定して広い間隔で組まれています。一方、フローリングは強度で劣るため、リフォームの際には根太の間隔を詰める工事が必要になります。

また、畳を撤去しフローリングを敷き詰めるだけでは、他の部屋と段差が生じてしまうことも多く、段差調節の工事が必要な場合もあります。そして、意外と忘れがちなのが防音対策です。

フローリングは、防音面では畳に一歩譲るので、マンションや2階の和室を洋室にリフォームする際には、防音材などを使用し対策を施すと良いでしょう。なお、床に絨毯を敷くだけでも一定の防音効果が見込めます。

ポイント2.壁のリフォーム

和室の多くは、真壁と呼ばれる柱が見える造りになっています。リフォームで洋室に変更するときは、この真壁をそのままにするか、柱を目隠しする大壁にするかの選択が必要になります。

大壁にする場合は、造作工事を行って柱を見えなくした後でクロスを張って仕上げます。また、壁はクロスだけではなく、珪藻土やカントリー風の木材で仕上げるなどの手法もあります。

ポイント3.天井のリフォーム

和室でよく用いられるイナゴ天井や、目透かし天井は洋室にあまり合いません。そのため、和室を洋室にリフォームする際には天井のリフォームも検討する必要があります。

手法としては、下地材の上からクロスを張る手法と、天井を一度解体したうえで下地から組み上げ、重ねて石膏ボード、クロスの順に張っていく方法などがあります。

ポイント4.押入れをクローゼットに、床の間を居住スペースに

本来、押入れは布団などの寝具を収納する場所です。リフォームでクローゼットに作り替えると洋服などが収納しやすくなるので、収納場所に困っている方には特におすすめです。

また、床の間を撤去し、他の床と同じフローリングで統一すると部屋がより広く使えるようになります。棚やクローゼットを新設し、新たな収納として利用するのも一つの方法です。

和室から洋室へのリフォームも検討してみましょう

和室には和室の良さがあるように、洋室には洋室の良さがあります。しかし、近年はライフスタイルの欧米化に伴い、使い勝手の良い洋室が人気のようです。

和室を洋室へと作り替えるリフォームも人気が高く、様々なニーズに対応しているため、ご自宅やご自身のライフスタイルに沿った間取りへの変更も可能になっています。和室を持て余している方は、洋室へのリフォームを検討してみてはいかがでしょう?

一括見積を利用すれば、現在のお悩みや要望で絞り込んで業者さんを検索でき、匿名で見積を取ることから始められますからおすすめです。

リフォームについて、もっと具体的に知りたい方はこちら!

もっと具体的にリフォーム・リノベーションについて知りたい方は、多くの業者から見積もり・提案を無料で受け取ることができる、一括見積もりサービスからお気軽にお問い合わせください。


LIMIAからのお知らせ

太陽光発電をご検討なら「グリエネ」
1.最安値の業者が分かる安心の一括見積もり!
2.加盟店全国450社以上!厳しい審査を通過した優良会社のみ
3.カスタマーサポートによる完全個別対応

  • 17782
  • 245
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIAおすすめのリフォームやリノベーション、住宅設備に関する記事を中心にご紹介。施工事例や費用相場、リフォーム会社の選び方など、住まいに関する情報満載でお届…

おすすめのアイデア

話題のキーワード