リゾート風ベッドルームコーディネートの作り方

リゾートホテルのような優雅で心地よいベッドルーム。自宅をホテルのようにはできないけれど、ちょっとした工夫で快適なベッドルームに。リゾートホテルをお手本にアジアンリゾートなベッドルームコーディネートをご紹介します。

  • 6155
  • 52
  • 0
  • いいね
  • クリップ

寝苦しかった夏が終わり、快適に眠れる秋となりました。

ベッドルームといえば、バリ風・リゾート風が憧れ、という方も多いはず。

今回は、そんなベッドルームのリゾート風コーディネートの作り方をご紹介します。

「ベッドスローで華やかさを演出」

欧米にて靴のままベッドに上がることから、ベッドの足元に敷かれるファブリックのことをベッドスローと言います。

今ではそういった理由よりも、基本的にインテリアの演出のために置いているのが一般的です。

足元にファブリックが一枚入ることで華やかな印象になり、ベッド全体が引き締まって見える効果もあります。

ファブリックの重ね使いを楽しむのもオススメ。

「ベッドサイドにテーブルランプ」

ベッドサイドにテーブルランプを置くことで、優しい光で空間が照らし出され、

ゆったりと過ごすホテルらしいベッドルームになります。

ベッドの両端にシンメトリーに配置するのもオススメです。

「アートを飾る」

趣味で集めたアートに囲まれて眠るのは幸せなひととき。

壁に自分のお気に入りを飾れば、自分だけの特別な空間に。

ベッドの上の壁は、実はアートを飾るのに最適なスペースです。

「色彩には統一感を」

海外リゾートには、華やかできらびやかなベッドルームもありますが、

一般的にご自宅に置くにはベッドはサイズも大きく、思った以上に存在感が出ます。

コンパクトな空間でもゆったりと見せるには、壁の色に合わせてファブリックも統一するなど、

色使いに注意して空間にベッド自体をなじませてしまうと、圧迫感が軽減されます。

「足元にベンチを」

ホテルでは、スーツケース広げる時に使えるようだったり、

ベッドから布団がずれてしまうのを防ぐ意味があるようです。

また、着替えのときにちょっと腰掛けるのに使います。

両端が持ち上がったデザインのアジアのカルティニベンチは、ベッドの足元に置くにもオススメです。

「天蓋とドレープを使う」

やっぱりアジアンリゾートのベッドといえば、天蓋。

ベッドルームを上品でエレガントな雰囲気に演出してくれるアイテムです。

最近は自分で布をドレープ上に吊るして、雰囲気作りすることも。

いかがですか。

一日の1/3を過ごすと言われているベッドルーム。

快適に眠るため、インテリアにも気遣いたいものです。

ただ眠るだけの部屋と思わずに、ベッドルームのインテリアにもこだわりを持つと

リゾートのような暮らしがきっと待っています。

KAJAでは、ベッドルームのコーディネートも承ります。


LIMIAからのお知らせ

【24時間限定⏰】毎日10時〜タイムセール開催中✨
LIMIAで大人気の住まい・暮らしに役立つアイテムがいつでもお買い得♡

  • 6155
  • 52
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

家具・インテリア

「リゾートのように暮らそう。」をコンセプトに、アジアの伝統的な技術と西欧的感性を掛け合わせた家具・雑貨を展開するインテリアショップ「KAJA」。明るい太陽と自然…

KAJA Resort Furnitureさんの他のアイデア

インテリアのデイリーランキング

おすすめのアイデア

話題のキーワード