【大胆リフォーム】窓をなくして過ごしやすいお部屋に大変身!費用と実例まとめ

今回は、意外に多くの方法が選べる「窓をなくす」リフォームについて紹介しましょう。断熱や結露、あるいは防犯などの悩み解消のために不要な窓をなくそうと考える人もいると思います。「窓をなくす」リフォームを失敗しないための方法をアドバイスいたします。

  • 83489
  • 17
  • 0
  • いいね
  • クリップ

窓をなくすリフォームのメリットって?

窓をなくすリフォームの目的は、主に「断熱」「防犯・プライバシー対策」「補強」の3通りになるでしょう。使わない窓があるため「夏暑く、冬寒い」「結露がひどい」などの悩みがあれば、思い切って窓をなくすことで断熱性がアップします。また、使わない窓がたまたま人目につきやすい箇所にある場合などは、窓をなくせば防犯や視線対策になります。それに、不要な窓を埋めて壁の補強をすることで、住宅の耐震バランスを向上させる効果も期待できるでしょう。

窓ガラスも窓枠もなくし、壁にしてしまう方法

窓を完全になくしたいなら、ガラスも窓枠も完全に撤去して埋め、壁にする方法を選ぶことになります。この場合は、外壁の張り替え工事と同時に行えば手間や費用が省けますし、見栄えもよく仕上げられるでしょう。一方、外壁の張り替えをしない場合は、外壁部分に窓があったことを感じさせないようにする工夫が必要です。周囲の壁と同じになるよう加工するには手間も費用もかかりますが、窓のあった壁面の一部のみにパネルを張り、外壁のアクセントにするなどのアイデアを活用すれば、費用を抑えることもできます。

窓枠を残して、パネルで「はめ殺し」にする方法

「いずれは外壁を張り替えるつもりだが、まだしばらくは考えていない」という場合におすすめなのが「窓枠はそのままにして、障子の部分を撤去し不透明のパネルで『はめ殺し』の状態にしておく」方法です。防音などを考えると、開口部を埋めるより性能は劣りますが、パネルには断熱材を挟むこともできますし、外からの視線はしっかり遮ることができます。

もちろん、のちほど外壁の張り替え工事をするときには窓枠をなくして壁にできますから、一時しのぎとしてはこの方法で十分ですし、かかる費用も格段に抑えられます。手頃な費用で窓をなくすリフォームをしたいなら、この方法がよいでしょう。

ただし、出窓の場合はこの方法が使いにくいので注意が必要です。外からの視線を遮りたいという理由などでどうしてもという場合は、出窓のガラスを不透明のパネルに替えるなどの方法しか選べませんが、外観などに違和感が残るのは覚悟しなければなりません。

防犯などの目的で「窓の機能を制限してもよい」という場合

窓を完全に埋めて壁にしなくてもよいが、素通しのガラス窓は必要ないという場合には、安く簡単にできるリフォーム方法もあります。窓にルーバーなどを取り付けて視線を遮る方法です。外壁側から取り付ければ防犯対策にもなりますし、窓として使いたくなったときは開放すれば再び風通しや採光を確保できます。同様に、窓の内側から扉をつけてしまうという方法もあります。対策はすぐにしたいけれど、窓ガラスをなくしてしまうことには抵抗があるなら、このような方法でリフォームするという手もあります。

窓をなくすリフォームの実例

実際に窓をなくすリフォームを行った例を、以下でいくつか紹介しましょう。

■窓枠まで完全に撤去。窓があった場所の開口部を利用し室内に棚を造作
南向きの窓から日差しが入りすぎて眩しく暑いため、窓ガラスと窓枠を完全に撤去して埋める工事をしました。しかし、室内の壁はあえて埋めず、くぼみができた部分には飾り棚を造作しました。外壁側は埋めて、周囲の壁面と同タイプのサイディングを施工しましたが、窓があった箇所の境目はよく見るとわかってしまいます。庭に面していて人目につかない位置のため、そこは妥協して気にしないこととしました。

■浴室の窓をなくしてFIXパネルではめ殺しに
中古住宅を購入したものの、冬は浴室の窓から冷気が入って非常に寒いため窓を埋めました。窓枠などは撤去せず、FIXパネルと呼ばれる不透明パネルに断熱材を挟んではめ殺しにしています。お風呂の寒さと視線対策が同時に行えて、コストもとても低く抑えられたため思った以上に効果的なリフォームとなりました。

■窓の室内側に扉を取り付けて、季節で使い分けられるように
日差しが入って夏暑いため、南向きの窓を埋めることを検討しましたが、冬場の日差しは逆に貴重なため断念。代わりに、窓を季節ごとに使い分けるため室内側に開閉できる扉を取り付けました。当初はDIYも考えましたが失敗が怖く、仕上がりの出来栄えにも不安があったため、施工業者さんに取り付けてもらっています。その結果、夏と冬で窓を使い分けられるほか、夜の防音対策にも役立ち、コストパフォーマンスの高いリフォームができたと考えています。

おわりに

いかがでしたか?窓を完全になくして壁にするにはリフォーム工事も大掛かりになりますから、別の方法も検討しつつ、施工業者さんと相談しながらリフォーム計画を立てるとよいでしょう。優良業者さんを探すなら、一括見積サービスの利用がおすすめです。現在のご自宅のお悩みを記入して送信するだけで、多くの業者さんへ見積やリフォーム相談の申し込みができますから、リフォーム方法を比較検討しながら計画を立てるには最適な方法です。

もっと具体的にリフォーム・リノベーションについて知りたい方は、多くの業者から見積もり・提案を無料で受け取ることができる、一括見積もりサービスからお気軽にお問い合わせください。


LIMIAからのお知らせ

太陽光発電の見積りを無料お試し

1.見積もりを無料でお試し♪
2.太陽光発電の簡単相談

  • 83489
  • 17
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIAおすすめのリフォームやリノベーション、住宅設備に関する記事を中心にご紹介。施工事例や費用相場、リフォーム会社の選び方など、住まいに関する情報満載でお届…

おすすめのアイデア

話題のキーワード