引き出し収納をかしこく!収納の仕方から引き出し収納DIYアイデアまでご紹介♪

おうちの収納に欠かせない引き出し。少しでも多く収納したいですよね。せっかくの引き出しをかしこく使ってみませんか? 今回は上手に収納するアイデアと、引き出しのDIYアイデアをご紹介♪ ぜひ参考にしてみてくださいね。

  • 23170
  • 159
  • 1
  • いいね
  • クリップ

引き出し収納を最大限に活かそう!

快適に暮らすためには、部屋の空間は有効活用したいもの。限られたスペースを上手に使うために、引き出しなどの収納家具が便利。でも、中をいつもきれいに、かつ使い勝手良く整理整頓するのはなかなか難しいもの。

そんな引き出しや棚といった収納をどう活用しているのか、子どもがいる家庭の主婦を中心とする30~50代の女性50人を対象としたアンケート結果からひも解いてみましょう。

まずは、代表的な収納家具である「引き出し」にどんなものを入れているか。

これは50人中38人が「服」と回答。その理由を見てみると、

■「ほかのものは別の収納があるが、服は引き出し収納以外に便利に入れられるものがないから」(30代・主婦)

■「服は引き出しに収納したほうが、部屋がスッキリ見えると思うので」(20代・主婦)

■「下着やTシャツなどは見えるところに置きたくないので引き出しに収納しています」(30代・主婦)

■「引き出し収納のほとんどが衣類でいっぱいになっている。ほかのものが入る隙がない」(20代・会社員)

このように、引き出しは衣料品をしまう場所として活躍していることがわかります。枚数が多い普段着やたたんだ服をまとめてたくさん収納できる、というところがポイントでした。

「服」以外という回答をした方からは、

■「子どものおもちゃはとにかく散らかるので、引き出しを与えて片づけさせています」(40代・主婦)

■「引き出しには主に書類など、紙類をなくさないように収納しています」(30代・主婦)

物をまとめておくために引き出しを利用しているという意見がありました。

こまめに収納しておけば、きれいな部屋を保つことができ、突然の来客があっても慌てることはありません。用途に合わせて実用的な大型サイズや、視認性の良いクリアカラーのプラスチック製のものなど、さまざまなバリエーションがあります。透けない材質のものを目隠しにするのもあり。

見た目にも機能性にも嬉しい「引き出し」を上手に活用すれば、快適な暮らしに確実に近づけるはず!

「引き出し」には衣料品を、という人が多いということがわかりましたが、収納上手な主婦の皆さんは「服」をどのようにしまっているでしょう。

■「しわになってもいい衣類は引き出し収納に入れています。クローゼットの収納量が少ないので」(40代・主婦)

■「中身が見えないように収納し、さらにその棚そのものもクローゼットにしまっています」(30代・公務員)

このように、クローゼットと引き出しを併用して服を収納するという回答がありました。「賃貸なのでクローゼットが狭い」という意見もあり、衣料品収納のサブとして引き出しを使うという場合が多くあります。ハンガーで服をかけて空いたクローゼットの下部のスペースを有効に活用しつつ、衣料品をひとまとめにできるよう、クローゼット内に引き出しを設置するという方法はぜひ参考にしたいものです。

さらに、服を「春夏」と「秋冬」それぞれに分けて引き出しにしまっておけば、シーズン外のものが邪魔になることもなく、衣替えも楽チンです。

日頃から引き出しの中を整理しておくことで、収納力アップはもちろん、欲しいものがすぐに見つけ出せるようになります。カラーボックスなどの棚に、クラフトボックスや不織布製の箱を入れて作った「引き出し」も便利でおしゃれ。きっとアイディア次第で収納も楽しくなりますよ。

▼詳しい記事はこちら▼

収納上手の主婦に学ぶ!引き出しをより効果的に使う方法を50人に聞いてみた!

服や小物の収納スペースとして利用している人が多い「引き出し」。さまざまな種類・デザインのものがあり、用途によってどんなものを選ぶべきか悩みます。限られた空間を有効かつきれいに使うため、収納上手な主婦の皆さんはどんな使い方をしているのか、アンケートをもとにまとめました。

LIMIA 暮らしのお役立ち情報部

引き出しは仕切りが命! 《ハニカムパーティション》

それでは早速、引き出しの中を整理整頓術をLIMIAユーザーのアイデアからご紹介していきましょう!

mari.s.homeさんは、収納していてもすぐに引き出しの中でぐちゃぐちゃになってしまいがちな靴下、ハンカチ、スカーフなどの小物類を、便利アイテムを使ってきれいに収納してるそうです。

使用しているのは《ハニカムパーティション》。

8枚入りを組み立て使用するタイプなので、引き出しの大きさに合わせて枚数を調節することができます。組み立てた物を引き出しの中にセット。

蜂の巣のような穴の中に靴下を収納すると、とてもスッキリと収まりました! 中でずれることもなく、すぐにアイテムが見つかるため、子供でも出し入れが簡単なので引き出しの中でぐちゃぐちゃになる心配がなくなったとのこと。

小物収納にお悩みの方はぜひ参考にしてくださいね。

▼詳しいアイデアはこちら▼

〔ダイソー〕の《ブックエンド》は仕切りに使える♪

引き出しの中で収納したものが混ざってしまうという方は、仕切りをつけることが整理整頓のポイント。greenappleさんは、ブックエンドを使ってごちゃつき問題を解消されたそうです。

使用しているのは〔ダイソー〕のブックエンド3種。収納場所の高さに合わせて選んでいるそうです。引き出しの中でブックエンドが動かないように、底裏に耐震ジェルマットを貼っています。

仕切りをつけることで襟付、タートルネックなどの種類分けや、ギュウギュウものを詰め込まなくなったため、引き出す度に中でゴチャゴチャになるのも防いでくれます。

引き出しの中に仕切りを設ければ、収納のプチストレスがグッと減るということがわかりましたね。

▼詳しいアイデアはこちら▼

〔ニトリ〕の伸縮する整理トレーでモノに合わせた収納を

洋服を収納する引き出しと同じように、キッチン収納も仕切って整理整頓をされているHANDWORKS*RELAXさん。

愛用しているのは〔ニトリ〕の伸縮式の整理トレー。トレーが伸びることですっきり収まってくれてます! クリップ、スプーン、お弁当用カップ、ピック、ミニすり鉢、下はしゃもじ、フォーク(大)、スプーン(大)、爪楊枝と串、クッキーの型などの細々したものも混ざることなく美しく仕分けされていますよね。取り出しやすくパッと見てすぐにわかるので持ち出しも片付けもラクチンです♪

お隣の引き出しには布巾類やお弁当用のナプキンなど布ものを収納。〔セリア〕のバスケット8個分がぴったり!

引き出しの収納で一番難儀なのが隙間ができることだったというHANDWORKS*RELAXさん。〔ニトリ〕の伸縮式の整理ケースは51㎝まで伸びるので隙間なく引き出しを活用することができます。収納が苦手という方にもおすすめですよ♪

▼詳しいアイデアはこちら▼

細かいアクセサリーは仕切って収納しよう!

アクセサリーのように細かいものがいつのまにか失くなってしまうことがあります。アイロングッズや化粧品類なども出し入れしていうるうちにごちゃついてしまう……。使いたいものがすぐに見つからないあのイライラ感といったら!

そんな収納下手からのストレスと決別するためには、アイテムごとに統一して収納するのがスッキリのコツ。LIMIAインフルエンサーの瀧本真奈美さんは、棚も引き出しも中でなるべく仕切りができるように工夫されているとのこと。

〔無印良品〕の工具入れの中に、100均のパーツケースを入れて収納。こうすることで出し入れするときに乱れず、使い終わったら同じ場所に戻すことが自然とできるようになります。

細かいパーツこそ細かく仕切って片付けやすく、取り出しやすくするのがコツ。外したら元に戻すだけなので、アクセサリーの行方不明も心配ありませんね。

▼詳しいアイデアはこちら▼

【瀧本真奈美の収納ドリル #2】棚・引き出しの収納は仕切って乱さず、出し入れのアクションは少なく賢く

LIMIAの人気インフルエンサー瀧本真奈美さんによる収納ドリル、第2回目は、「棚と引き出し」。収納に便利な棚や引き出しですが、便利なだけについ、なんでも詰め込んでしまいがち。すると、使いたいときに見つからず、家中を探すはめに……。パーツケースやファイルケースを使った賢い収納テクニックを教えてもらいます。

LIMIA編集部

【初級編】カットして貼るだけの簡単DIY

市販品のかぐや収納ケースにはぴったりなものがない、気に入ったものがない、なんてお悩みはありませんか? そんな時はDIYで作っちゃいましょう!

初心者にオススメの引き出し収納をDIYされたノープラン生活さんのアイデアは、〔ダイソー〕のガーデニングコーナーある 焼杉角柱5本と、木製ウッドフェンス2つで作った棚に、同じく〔ダイソー〕のフタ付き収納BOXを使ったもの。枠を作ってはめ込むだけなので、とっても簡単に作ることができます。

焼杉の杭の尖っている部分を長さを揃えてまっすぐにカット。杉の杭幅分を残して、土に差し込む部分もカットします。棚になるように組み立てて、一番上のボックスを釘で固定。あとは可動できるように固定はせず、引っ掛けるようにセットします。

〔セリア〕のアイアンカゴもピッタリ収まるので、用途に合わせて選んでくださいね。

▼詳しいアイデアはこちら▼

【中級編】工具を使って本格的DIY!

続いてはあこ*さんによる中級者向けのDIY術です。とはいっても材料は〔ダイソー〕でそろえることができるのでコスパ抜群!

使用する材料は、

・ダイソーMDF材300×600×6(200円商品)……2枚
・ダイソーMDF材300×400×6……2枚
・インテリアウッドウォールバー……6本
・スクエア収納ボックス4L……3個

これらを使ってまずは棚を作ります。

ボックスを引っ掛ける場所は、MDF材に間隔を考えてウォールバーを取り付けていきます。固定しないことでボックを取り出すことができ、出し入れしやすくなりますよ♪

洗面所に置いてランドリーワゴンとしても活躍しそうです。その場合ベニヤ板等で背板を付けて、キャスターを取り付けると可動式になりさらに◎。MDF材がメインの作品なので、重いものを収納するのに向かないことを覚えておきましょう。

▼詳しいアイデアはこちら▼

ダイソー商品組み立てるだけ!ウォールバーをレールにMDF材の大容量収納引き出しをDIY

子供部屋に細々したものが常々散らかっているのでそれらを 収納するためにダイソーのMDF材を枠に引き出し収納を 作ってみました。カット不要!サイズぴったりで組み立てるだけです。 引き出しのレールにはダイソーのインテリアウォールバーを、 メインの引き出しにはダイソー人気商品のスクエア収納ボックス4Lを 使用しました。

あこ*

【上級編】キャニスターを使って可動式引き出し収納をDIY♪

最後にご紹介するのはプロ顔負けの本格DIY術、花宮令さんのアイデアです。棚になっているのは100均のすのこ。シェルフとしても、チェストとしても使用することができますよ♪

すのこを10枚用意します。10枚の内の5枚で棚を作っていきます。グルーガンですのこを接着していきますが、グルーガンは完全に熱してからでないとなかなか接着しないので、5分位は置いてから使用するとよく接着します。

すのこを両サイドで挟んで下から順番にのせて接着していきます。全て接着できたら、上から見ると飛び出した部分があります。の飛び出した部分をカット。これと全く同じ工程で、もう1組同じものを作ります。

セリアのすのこ45cmを1枚用意し、全てばらします。全てばらすと4本の木になります。これをすのこの上の段から順に棚に合わせて41.5cmでカット。グルーガンで接着していきます。接着したら全体的にやすりをかけ、お好みでセリアの転写シールをします。脚にはキャスターを取り付けて可動式に。

棚ができたら使い方はいろいろ。ボックスのほか、トレーやケースを置いても素敵です。
可動式なのでキッチン使いにとても便利!

100均だけで作ることができるので、お財布にも優しいですよ。

▼詳しい記事はこちら▼

モノをきちんと収納する「場所」を作ってあげることで、お部屋の中は随分スッキリするはず。ご紹介したアイデアを参考に、出しやすい、しまいやすいを考慮し、収納アイテムをそろえてみてはいかがでしょうか?


LIMIAからのお知らせ

保険アドバイザーがあなたにぴったりで無駄のない補償をご提案!

  • 23170
  • 159
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード