茶色くなったアジサイのドライフラワーが真っ白に・・・

時間が経っていくと茶色くなってしまうアジサイのドライフラワー。
茶色いのもアンティークでアリなんですが、茶色いのが増えすぎるとさすがに汚く感じてしまいます。
毎年、茶色くなったものは捨ててましたが、漂白することが出来ると知りやってみました。

  • 5711
  • 132
  • 2
  • いいね
  • クリップ

茶色くなったアジサイのドライフラワーを漂白

アジサイのドライフラワーは時間が経つと茶色くなっていきます。
茶色くなったものもアンティークで味わいがあって大好きなんですけど、
さすがに増えすぎると汚く感じてしまいます(>_<)
ネットでアジサイのドライフラワーは漂白出来ると知り、やってみました。

まずはアジサイのドライフラワーをバケツにいれ2,30分水に浸します。

キッチンハイターを加えて、上にラップを引きます。

ラップは塩素が蒸発するのを防ぐためのもの。


キッチンハイターは大体3~4倍に薄めるといいらしいです。

24時間経ったら、こんな風に。。。

結構白くなってますが、まだまだ白くしたいのでそのまま放置。

さらに2,3日ほったらかしておくと真っ白になりました。


流水で洗い流してから、水をはったバケツに一晩つけて漂白剤を抜きます。

再度流水で洗い流してから、外で吊るして乾かします。

(画像ないです…すみません)

乾かすとこんなに真っ白のアジサイのドライフラワーに変身しました。

形も崩れてないです。

茶色くなったものと並べてみました。

花弁が少しチリチリになってますが、これはこれで可愛い( *´艸`)

あちこちに飾ってみました。

真っ白になったドライフラワーは食紅を使って着色も出来るみたいです。

茶色くなったアジサイのドライフラワーに飽きたら、
漂白するのもありです。

  • 5711
  • 132
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

その他

築30年の古いお家のMYROOMをシャビーシックなインテリアに憧れて少しずつだけど改造中。1900年代位のイギリスやフランスのアンティーク雑貨が大好き!高いもの…

おすすめ

話題のキーワード